日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『脱出おひとり島』で筋肉ガチ相撲

『脱出おひとり島』セフンの超一途な恋に“応援モード”…筋肉ガチ相撲もあるよ!

文=菅原S(すがはら・えす)

『脱出おひとり島』セフンの超一途な恋に応援モード…筋肉ガチ相撲もあるよ!の画像1
Netflix『脱出おひとり島』

 Netflixの視聴ランキングで上位をキープしている韓国の恋愛リアリティ番組『脱出おひとり島』。離島の開放的なロケーションを舞台に、個性豊かな9人の男女が恋の駆け引きを繰り広げた番組前半。後半戦に突入する第5話からは新たに3人の新メンバーが登場し、おひとり島は新たな局面を迎えることとなる。

●レビュー前編はこちら

突然の筋肉ガチ相撲

 複数のアプローチを受けるソン・ジアに好意を寄せ続けるのは、キム・ヒョンジュン。しかしそこへ新メンバーとして現れたのが、兄貴的な魅力を備えるクールガイ、チャ・ヒョンスン(@502bright)だ。彼の合流直後、ヒョンジュンから「あり得ない!」と声が上がったのだが、なんと2人は以前から交流のある旧知の仲だという。

 しかも、ジアとも一緒に仕事をする予定がキャンセルになった過去があるといい、「運命を感じた」ことで彼女にアプローチをしかけるヒョンスン。兄貴的なタイプが好みというジアも次第に彼に惹かれていったことで、友人同士であるヒョンジュンとヒョンスンは恋敵となっていく。

 スタジオのMC陣からも「男性を翻弄させる力がある」と賛辞が送られていたジアの魅力については前回でも触れたが、その“人身掌握術”とも言うべき見事なテクニックは番組後半にも炸裂する。
 意中の相手とのデート権を懸けた、泥まみれ相撲対決に勝利したヒョンスンは(“恋リア”中に気づけばガチの相撲を見ることになったので、視聴者としてはなかなか不思議な体験だった)、ジアと共に天国島へ渡った。

 そこでヒョンジュンにも惹かれているジアの気持ちを知るヒョンスンに対し、彼女は「愛か友情を選ぶなら?」と問い、「私は愛よ」と断言。その言葉がヒョンスンの背中を押す形となっていった展開には、「あっぱれ」の一言に尽きるものだった。

 また、2人の女性新メンバーの登場によって急展開をみせたのは、意外にも番組序盤から一貫してシン・ジヨンを想い続けていたムン・セフンだ。

 好意を返さないジヨンへ愚直にも見えるまでに猛アプローチを続ける彼に対し、「それじゃいつまでたっても天国島に行けないよ!」とストップをかけながらもあたたかく見守っていたスタジオMC陣。

 しかし、新たにおひとり島へ現れたキム・スミン(@sumesume_)、ソン・ミンジ(@im_min.vely)から一斉に矢印を向けられた彼は、前半とは打って変わって一気にモテモテとなる。

 そして、先述の泥んこ相撲対決に勝利したセフン。この局面で、明らかに自分へ好意を寄せる新メンバー2人のどちらかを天国島に誘えば、番組ラストで“おひとり様”になることはまず避けられるだろう。

12
関連キーワード

『脱出おひとり島』セフンの超一途な恋に“応援モード”…筋肉ガチ相撲もあるよ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

『満州アヘンスクワッド』インタビュー

関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇(ひがた...…
写真