Netflixの記事一覧 (147件)

深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.748

Netflix配信『ルーシー・ブラックマン事件』 日本社会の闇に消えた元英国客室乗務員

 ブロンドヘアにブルーアイズ、身長は175cm。六本木にある外国人バーでホステスとして働いていたルーシー・ブラックマンさん(当時21歳)が行方不明になる事件が、2000年7月...

錦戸亮『離婚しようよ』が好評、地上波にもTBS冬ドラマで復帰か?

 松坂桃李が主演を務め、その妻を仲里依紗が演じる話題のNetflixドラマ『離婚しようよ』(6月22日より配信中)。人気脚本家のクドカンこと宮藤官九郎、大石静の共作で、離婚と...

宮藤官九郎と大石静の作家性が共存する画期的なNetflixドラマ『離婚しようよ』

 宮藤官九郎と大石静による共同脚本のドラマ『離婚しようよ』が6月22日にNetflixで全9話一挙配信された。  本作は、愛媛出身の三世議員・東海林大志(松坂桃李)と人気女優...

なぜ『インフォーマ』の作者が河合塾で講演会をするのか…若い世代に一番伝えたいこと

ドラマ化もされ、Netflixで全世界配信中の『インフォーマ』(サイゾー文芸部)の作者である沖田臥竜氏が河合塾で開催する【5月20日、天王寺校/詳細はこちら】。タイトルは「底...

人気ロケ地として爆誕した「尼崎」…その裏にあった物語【インフォーマ外伝】

Netflixで全世界配信中のドラマ『インフォーマ』。サイゾー文芸部から発売されている原作小説も以前、高い注目を集め続けている。その作者である沖田臥竜氏の定番コラム。今回は、...

『インフォーマ』から予備校生への伝言

現在、Netflixで世界配信中のドラマ『インフォーマ』。その原作小説(サイゾー文芸部より刊行)の作者である沖田臥竜氏が5月に大手予備校で講演を行うという。勉強とは無縁の中卒...

『インフォーマ』と『ムショぼけ』が残してくれたもの

Netflixで全世界配信中のドラマ『インフォーマ』。その原作者である沖田臥竜氏が、今日に至るまでの情熱と苦悩を述懐する。学歴も経験も周囲の支えも…なにもなかった人間が、小説...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち 最終回

『ちひろさん』は私の哲学書、新しい道を決断してやっと向き合えた

 ちひろさんに出逢ったのはいつだっただろう。    おそらく下北沢ビレバンの本の沼にどっぷりハマった上京3年目の頃。黄色いポップに導かれ、なんとなく手に取った安田弘之さん...

『インフォーマ』を尼崎から世界へ送り出してくれた人々…「オレら全員がインフォーマじゃ」

沖田臥竜氏が原作を務めたドラマ『ムショぼけ』の放送から1年ちょっと、ついにNetflixを皮切りに同氏の新作『インフォーマ』がスタートした。どちらも関西準キー局発の作品だが、...

ドラマ『インフォーマ』制作発表試写会に連なる「戦友3人の物語」

1月19日からテレビ放送が開始されるドラマ『インフォーマ』。それに先立ち、マスコミ向けの制作発表試写会が行わるが、原作小説『インフォーマ』(サイゾー文芸部)を執筆した作家の沖...

いよいよ『インフォーマ』がNetflixで開幕! 関西ローカルから全世界配信へ異例の展開

いよいよドラマ『インフォーマ』の放送が開始される。ちょうど2年前、原作者である沖田臥竜氏と監督を務めた藤井道人氏のひとつの会話からスタートした本作は(参考「沖田臥竜×藤井道人...
本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』

Netflix話題作『極悪女王』がお蔵入りの危機!? ゆりあんの負傷に続き…

 主演を務めるお笑い芸人・ゆりやんレトリィバァが、撮影中に背中と頭を打って負傷していたことが明らかになったNetflixドラマシリーズ『極悪女王』。ゆりやんの緊急入院により、...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち51

『First Love 初恋』年月をかけて撮影されたNetflixドラマならではの美しさ

 最近、マッチングアプリを出会いのきっかけにする友人が増えた。  少し前は危険じゃないかと心配だったが、今や出会いの1つとして当たり前になってきている世の中。都内にはこん...

小説『インフォーマ』がドラマ化、世界配信! 作者・沖田臥竜が語る「成し遂げるということ」

 12月5日に発売される小説『インフォーマ』(サイゾー文芸)がドラマ化されることが発表された。小社刊行の小説としては初の映像化。関西テレビ製作で、同局のみならず、Netfli...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち50

『天気の子』、映画館のバイトで見たお客さんたちとヒロイン・陽菜の横顔

 上京してから、多分人並み以上にアルバイトを経験してきた。数えてみたら15種類以上。 赤裸々に打ち明けると、昨年の夏までアルバイトをしていました。  本業の収入が不安定なので...
スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会#28

NETFLIX『Mo/モー』湾岸戦争を逃れたパレスチナ人が難民からアメリカ国民になるまで壮絶人生

「驚くべきことに、これはアメリカで初めて、パレスチナ人がパレスチナ人の人生を演じた作品なんだ」  先日NETFLIXから配信されたドラマ『Mo/モー』が今大きな話題を呼んでい...

エリザベス女王と面会しなかった米大統領…意外な真相を描いたネトフリ「ザ・クラウン」

 英国史上最長の70年7カ月にわたって君主を務めた、エリザベス女王が今月9月8日に死去してから、世界各国のメディアが自国の指導者と女王との関わりを報じている。アメリカの場合は...

『寄生獣』Netflixで韓国ドラマ化、懸念される保守的な原作ファンの反発

 岩明均の人気漫画『寄生獣』(講談社)が、『寄生獣 -ザ・グレイ-』というタイトルで、Netflixにて実写ドラマ化されることが発表された。 不朽の名作漫画が“韓ドラ”...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち42

『オクトパスの神秘』動物と人間はどこまで“ディープ”な関係を築けるか?

 先日、約15年ぶりに犬に触れた。  話す機会がなかったのだが、実は私、かなりアレルギーがある。花粉、ダニノミ、ハウスダスト、植物、そして犬猫、等々……かなり厄介な体質である...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち41

『ストレンジャー・シングス』今から見ても、シーズン途中から見ちゃっても大丈夫

 こんばんは、27歳になった宮下です! はぁもう27ですよびっくり。「何歳になったの?」なんて聞かれて周囲の反応が変わってきたのを今年はひしひし感じました。(笑)  久々に誕...

山下智久Netflix主演ドラマ制作中止のなぜ、ジャニーズも配信で攻勢をかける?

 NHKで放送した春ドラマ『正直不動産』で主演を務めた山下智久。最新のドラマ満足度調査(6月7日~6月13日放送対象)で1位を獲得し、続編を希望する声が続出するなど、ジャニー...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち39

ジム・キャリーの映画のように普段やらない行動を「イエス」にしてみた

 今年の春から通い始めた、不思議な整体の話をする。前回の記事にも登場した「エネルギーが足りない」と私に言ってくださった整体師さんなのだが、なんと患者さんの身体の悪いところが言...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち38

『シニアイヤー』”優等生”などと言われると腹が立つ話

 私の書く文章は優等生みたいだと、この連載の担当編集者HさんとKマネに言われた。腹が立ったが、文の終わりにかけてイイ感じにまとめようとしているのが自分でもよく分かるので、ごも...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち37

不妊治療で自身の精子を提供していたおぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしまった。  皆さんの周りでも話題になっているのだろうか。Netflixにて5月11日から配信したばかりの『我々の父親』である。偶然か...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち34

河瀨直美『あん』樹木希林が静かに小豆を煮る…自然と調和する手仕事の心地よさ

 真心を込めてつくられたものには、人が触れた温度が宿る、と私は思っている。だから器だったり、食べ物だったり、絵だったり、作る人の顔が分かるものが好きだし、出来るならば自分の手...

錦戸亮だけじゃない? Netflixが狙い定める、テレビを干された「辞めジャニ」たち

 全世界で約2億2千万(2022年1月時点)の会員数を誇るNetflix。オリジナルコンテンツも充実しており、2月に配信されたドラマシリーズ『金魚妻』では、篠原涼子と長谷川京...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち33

『アダム&アダム』もし、過去の自分と出会えたらどんな言葉をかけるだろうか?

 もしも過去に戻れるのなら、小学生からやり直したい。せめて上京したての大学生の頃に、この仕事を始めたばかりのピカピカの頃に戻りたい。昔書いた日記を読み返しながら「あの頃こうし...

東出昌大、Netflix『トークサバイバー!』にひょっこり出演、意外やSNSで好反応?

 元テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行氏が仕掛けるNetflixのオリジナルコメディー『トークサバイバー!~トークが面白いと生き残れるドラマ~』が話題だ。その内容はもとよ...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち32話

『パワー・オブ・ザ・ドッグ』演技が難しい怒り―静かな怒りの描き方

 気鋭の俳優・宮下かな子さんによる映画コラム『宮下かな子と観るキネマのスタアたち』。宮下さんが今自分の周りで話題になっている中で興味を持った作品を取り上げていただきます。今週...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち31話

『ボクたちはみんな大人になれなかった』物語が問いかけるあまりに曖昧な“大人という状態”

 気鋭の俳優・宮下かな子さんによる映画コラム『宮下かな子と観るキネマのスタアたち』がリニューアル! 宮下さんが今自分の周りで話題になっている中で興味を持った作品を取り上げてい...
ページ上部へ戻る

配給映画

Netflix記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真