Netflixの記事一覧 (86件)

グローバル市場でヒットする非ボリウッド映画、ココイチの本場進出……世界を「環流」するインド文化の現在

 「インド」と聞いて日本人がイメージするものに「ヨーガ」「カレー」などがあるが、2010年代以降、そこに「歌と踊り」が加わった。これは、映画の影響が大きい。インド映画といえば...

会員数2億人突破のNetflix、突然の値上げも「問題はない」その理由とは

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】動画配信サービスのNetflixが値上げを発表した。作品のさらなる充実を図り、より価値の高いサービスを目指すためとしている。コロ...

ネトフリが米ゲームストップ騒動を映像化!? 他社も参戦しバトルか

 2021年1月後半の話題といえば、音声版ツイッターともいわれる『Clubhouse』の急激な広まりと、今回取り上げるゲームストップの株(GME)騒動で間違いないだろう。  ...

有名俳優たちはNetflixが大好き! 今年はテレビドラマのオワコン化が加速する!?

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、民放各局ではスポンサー離れが加速している。そんななか、広告収入の大幅減による番組制作費カットの煽りを受け、危機的状況に追いつめられた芸...

なぜ合法化が進むアメリカで“密造大麻”が流通?──THCリキッド市場が拡大! 日米マリファナ最新裏事情

大麻は着火して煙を吸うイメージがあるだろうが、電子たばこで気化して摂取するものが日本の一部で浸透しつつある。一方、合法化が進むアメリカでは、密造大麻、擬似大麻が闇市場で出回ってい...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち#4

新型コロナで揺れる今こそ見たい『蒲田行進曲』! 偽りを真実に変える芝居の力強さにワクワクが止まらない

 新年、あけましておめでとうございます! 宮下かな子です。  2020年は、世の中が大きく変動した忘れられない年となりましたね。まだまだ予断を許さぬ状況が続いておりますが、皆...
産業医と映画Pの配信作品批評「ネフリんはほりん」#4(後編)

『クイーンズ・ギャンビット』はネトフリが仕掛けてきたBtoC映像ビジネスの成功例

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロデューサーである伊丹タンが、毎回ひと つのVOD作品を選んで、それぞれの立場から根掘り葉掘り作品を掘り尽くす本連載。  今回のテ...
産業医と映画Pの配信作品批評「ネフリんはほりん」#4(前編)

世界で大ブーム『クイーンズ・ギャンビット』カメラワーク、衣装、監督…すべてが一級品のやばすぎる本気度

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロデューサーである伊丹タンが、毎回ひとつのVOD作品を選んで、それぞれの立場から根掘り葉掘り作品を掘り尽くす本連載。  たくさんの話...

岡村はなぜ炎上した? ファンが求めるのは“岡村隆史というリアリティーショー”

 世界一の人気恋愛リアリティ番組が2002年に日本に上陸した。その番組名は『バチェラー ジャパン』(Netflix)。  真の愛を見つけ出すチャンスを得た男性“バチェラー”が...
産業医と映画Pの配信作品批評「ネフリんはほりん」#3

「鬼滅=歌舞伎」説! 劇場版ヒットで判明したストーリー消費のパラダイムシフト

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロデューサーである伊丹タンが、毎回ひと つのVOD作品を選んで、それぞれの立場から根掘り葉掘り作品を掘り尽くす本連載。  今回は、...

クリストファー・ノーランがコロナ禍の劇場に闘魂注入! 2020年この映画がすごかった3選

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗いムードの世間を盛り上げようと奮闘していた。ここではさまざまな分野の識者に、今年特に熱かった...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち#3

木下恵介の名作『二十四の瞳』で困難を生き抜く術を学ぶ…新型コロナという社会変化をどう乗り換えるか?

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や「SOMPOケア」のCMなどに出演し大注目の女優、宮下かな子さんが、昭和のキネマを見て女優道を勉強していく新連載がスタート!第1回...

ネットフリックス番組も…アメリカで大麻系エンタメが一般化!一般人はどう捉えていのか

 ドラッグの合法化・非犯罪化の潮流はもはや留まる気配がない。とくに2020年11月は世界的にドラッグ産業のターニングポイントとも呼べる月だった。  メキシコでは11月19日、...

土屋太鳳「嫌いな女ランキング」急上昇のショック! 原因は『ゴチ』で見せた“問題シーン”のせいか

「週刊女性」(1/5・12号/主婦と生活社)の恒例企画「嫌いな女ランキング」が今年も発表された。前回(5月)では12位だった芸人のフワちゃんが、メディアへの露出度アップに伴っ...

『幽遊白書』実写キャスト早くも流出? 幽助役に北村匠海、飛影役にはあのイケメンバイプレイヤーが浮上か

 今もなお絶大な支持を集めるマンガ家・冨樫義博の代表作『幽遊白書』がついに実写化するという。Netflixの企画・製作で進められるという本作は、すでに世界190か国に向けて配...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち#2

宮下かな子、黒澤明映画『生きる』で自分を見つめ直す… “生きる意味を見つけた人間の瞳の輝き”の演技に脱帽

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や「SOMPOケア」のCMなどに出演し大注目の女優、宮下かな子さんが、昭和のキネマを見て女優道を勉強していく新連載がスタート!第1回...

米倉だけじゃない!山崎賢人に土屋太鳳も参戦…Netflixに主役級役者が続々と登場する理由

 俳優の山崎賢人と土屋太鳳がW主演するNetflixオリジナルシリーズ『今際(いまわ)の国のアリス』が、12月10日から世界190カ国で配信されている。  同作は麻生羽呂氏の...

ピエール瀧も出演!で話題のNetflix版相撲ドラマ、どこまでタブーに斬り込むかに注目が

 日本の伝統文化であり、そして神事として、神秘のベールに包まれた大相撲という“聖域(サンクチュアリ)”に真正面から切り込んだ、Netflixオリジナルシリーズ『サンクチュアリ...
スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会【15】

山下智久出演映画の主演はスターコメディアン! ケビン・ハートが嘆く!?アメリカの“有名税”

 先日、ケビン・ハートの6作目となるスタンダップコメディ・スペシャルがNetflixから配信された。  ケビン・ハートはスタンダップコメディアンとしてキャリアをスタートさせ、...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち#1

戦後、変化する女性の意識を描いた小津安二郎『麦秋』の生命力! 「今まで男が図々しすぎたのよ」

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や「SOMPOケア」のCMなどに出演し大注目の女優、宮下かな子さんが、昭和のキネマを見て女優道を勉強していく新連載がスタート!第1回...

三浦春馬の“妹分“が『全裸監督』続編に出演決定!気になるあのシーンは……?

 来年放送予定の『全裸監督』(Netflix)続編の撮影が11月初旬にクランクアップを迎えた。西内まりやが同作で復帰することは、本サイトでいち早くで報じたが、三浦春馬の妹分で...
産業医と映画Pの配信作品批評「ネフリんはほりん」#2(後編)

『コブラ会』はカラテ映画に偽装したキリスト教的映画だった!受難の果ての成功

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロデューサーである伊丹タンが、毎回ひとつのVOD作品を選んで、それぞれの立場から根掘り葉掘り作品を掘り尽くす本連載。  今回のテーマ...

山下智久「EXILE TRIBEに入りたい」周囲に漏らしていたジャニーズへの不平不満

 10月31日付でジャニーズ事務所を退所した山下智久。退所理由として「本格的に活動の拠点を海外に移したい意向であること、また現在オファーがある海外作品に参加するため」と事務所は...
産業医と映画Pの配信作品批評「ネフリんはほりん」#2(前編)

『ドラゴンボール』は『ベスト・キッド』をパクった?あれから30年後を描いた『コブラ会』が大ヒット!

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロデューサーである伊丹タンが、毎回ひとつのVOD作品を選んで、それぞれの立場から根掘り葉掘り作品を掘り尽くす本連載。  今回議題に上...
スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会【10】

人種差別横行していたハリウッドに変化 アジア人モノマネに大きな批判の声も…アジア系大御所コメディアンのもがき

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・ライブが先日ネットフリックスから配信された。コメディ映画ファンなら、一度はその名前を耳にしたことがあるに違いない。1988年にNB...

米倉涼子版『新聞記者』、製作発表前の“内紛”発覚ではやくも不穏な空気が

 米倉涼子が2021年に動画配信サービス・Netflixで配信予定のオリジナルドラマ『新聞記者』で主演を務めることが、今月15日に発表された。  同作といえば、東京新聞・望月...

Netflix『新聞記者』で小泉今日子と共演の米倉涼子、バーニングの傘の下に入るのか

 今年3月いっぱいで、デビュー以来所属していたオスカープロモーションを退社した米倉涼子が、Netflixオリジナルシリーズ『新聞記者』で主演を務めると発表された。  東京新聞...

あの大物も参戦!? 米倉涼子版『新聞記者』は映画版よりはるかに過激な内容へ

 女優の米倉涼子が、昨年公開されヒットした映画『新聞記者』の中身を一新した、動画配信サイト・Netflixのオリジナルシリーズ『新聞記者』(2021年配信予定)に主演すること...
産業医と映画Pの配信作品批評「ネフリんはほりん」#1(後編)

やっと世界がスパイク・リーを認めた!『ザ・ファイブ・ブラッズ』でみせたセンスとメッセージ性の融合

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロデューサーである伊丹タンが、毎回ひとつのVOD作品を選んで、それぞれの立場から根掘り葉掘り作品を掘り尽くす本連載。  前編では最新...
産業医と映画Pの配信作品批評「ネフリんはほりん」#1(前編)

90年代、スパイク・リーは『マルコムX』のキャップだった! 挫折した人が『ザ・ファイブ・ブラッズ』を見るべきわけ

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロデューサーである伊丹タンが、毎回ひとつのVOD作品を選んで、それぞれの立場から根掘り葉掘り作品を堀り尽くす連載企画がスタート。  ...
ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

Netflix記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

星野源の「一番ヤバいこと」

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真