Netflixの記事一覧 (67件)

宮下かな子と観るキネマのスタアたち#1

戦後、変化する女性の意識を描いた小津安二郎『麦秋』の生命力! 「今まで男が図々しすぎたのよ」

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や「SOMPOケア」のCMなどに出演し大注目の女優、宮下かな子さんが、昭和のキネマを見て女優道を勉強していく新連載がスタート!第1回...

三浦春馬の“妹分“が『全裸監督』続編に出演決定!気になるあのシーンは……?

 来年放送予定の『全裸監督』(Netflix)続編の撮影が11月初旬にクランクアップを迎えた。西内まりやが同作で復帰することは、本サイトでいち早くで報じたが、三浦春馬の妹分で...
産業医と映画Pの配信作品批評「ネフリんはほりん」#2(後編)

『コブラ会』はカラテ映画に偽装したキリスト教的映画だった!受難の果ての成功

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロデューサーである伊丹タンが、毎回ひとつのVOD作品を選んで、それぞれの立場から根掘り葉掘り作品を掘り尽くす本連載。  今回のテーマ...

山下智久「EXILE TRIBEに入りたい」周囲に漏らしていたジャニーズへの不平不満

 10月31日付でジャニーズ事務所を退所した山下智久。退所理由として「本格的に活動の拠点を海外に移したい意向であること、また現在オファーがある海外作品に参加するため」と事務所は...
産業医と映画Pの配信作品批評「ネフリんはほりん」#2(前編)

『ドラゴンボール』は『ベスト・キッド』をパクった?あれから30年後を描いた『コブラ会』が大ヒット!

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロデューサーである伊丹タンが、毎回ひとつのVOD作品を選んで、それぞれの立場から根掘り葉掘り作品を掘り尽くす本連載。  今回議題に上...
スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会【10】

人種差別横行していたハリウッドに変化 アジア人モノマネに大きな批判の声も…アジア系大御所コメディアンのもがき

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・ライブが先日ネットフリックスから配信された。コメディ映画ファンなら、一度はその名前を耳にしたことがあるに違いない。1988年にNB...

米倉涼子版『新聞記者』、製作発表前の“内紛”発覚ではやくも不穏な空気が

 米倉涼子が2021年に動画配信サービス・Netflixで配信予定のオリジナルドラマ『新聞記者』で主演を務めることが、今月15日に発表された。  同作といえば、東京新聞・望月...

Netflix『新聞記者』で小泉今日子と共演の米倉涼子、バーニングの傘の下に入るのか

 今年3月いっぱいで、デビュー以来所属していたオスカープロモーションを退社した米倉涼子が、Netflixオリジナルシリーズ『新聞記者』で主演を務めると発表された。  東京新聞...

あの大物も参戦!? 米倉涼子版『新聞記者』は映画版よりはるかに過激な内容へ

 女優の米倉涼子が、昨年公開されヒットした映画『新聞記者』の中身を一新した、動画配信サイト・Netflixのオリジナルシリーズ『新聞記者』(2021年配信予定)に主演すること...

やっと世界がスパイク・リーを認めた!『ザ・ファイブ・ブラッズ』でみせたセンスとメッセージ性の融合

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロデューサーである伊丹タンが、毎回ひとつのVOD作品を選んで、それぞれの立場から根掘り葉掘り作品を掘り尽くす本連載。  前編では最新...
産業医と映画Pの配信作品批評「ネフリんはほりん」#1(前編)

90年代、スパイク・リーは『マルコムX』のキャップだった! 挫折した人が『ザ・ファイブ・ブラッズ』を見るべきわけ

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロデューサーである伊丹タンが、毎回ひとつのVOD作品を選んで、それぞれの立場から根掘り葉掘り作品を堀り尽くす連載企画がスタート。  ...
スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会【9】

クリーンな芸人も思わず「フ○ック!」と叫ぶ トランプ大統領が怒らせたコメディアン

 現在アメリカではコロナウィルスの影響で多くの州でコメディクラブが閉鎖され、未だに再開の目処が立っていない。一部の州では試験的に週末に営業を再開したが、密を避けるため劇場の観...

西内まりや「乳首確率」は99%! 山田孝之『全裸監督』で“もっこり防止パンツ”を準備か

 2018年3月いっぱいで大手芸能プロを退社した女優で歌手の西内まりやに“裸一貫”での復活が期待されている。  西内といえば、『レコ大』最優秀新人賞、月9ドラマ主演と輝かしい芸...

嵐、Netflixドキュメンタリーで見えた松本潤と4人の温度差──松潤のプロデューサー気質にファンもウンザリ?

 今年いっぱいで活動休止となる嵐。いよいよ残り時間も少なくなってきたが、Netflixで配信されているドキュメンタリー番組『ARASHI’s Diary Voyage』では、...

西内まりや、『全裸監督』でついに復活! 期待される“濡れ場”の可能性は!?

 コロナ禍で中断していた撮影も再開となった『全裸監督』のシーズン2だが、その全貌が徐々に明らかになってきた。濃厚なAVの撮影シーンとともに脇を固めるキャスティングも見どころの...

Netflix版『呪怨:呪いの家』 汚れ役に挑んだ“竹内涼真の元カノ”里々佳に絶賛の声

 シリーズ初の連続ドラマとして、Netflixで配信中のホラー作品『呪怨:呪いの家』。過去の『呪怨』シリーズのモチーフを踏襲しながらも、異なる設定で繰り広げられる恐怖映像が高...

『テラスハウス』をめぐる問題でどうしても責任を取りたくないフジテレビの思惑

 Netflixとフジテレビ系で放送されていたリアリティー番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が、SNS上で誹謗中傷を受けた後に死去した...

山田孝之、コロナ禍沖縄旅行報道に“ダンマリ”は大正解? そのズル賢さに賞賛の声! 損したのは真剣佑だけ

 山田孝之のしたたかな振る舞いにはあっぱれだ。  緊急事態宣言が発令中だった5月上旬に、沖縄旅行をしていたことが報じられた山田孝之と新田真剣佑。沖縄の玉城デニー県知事が再三“...

「『テラスハウス』にヤラセはないと思う」小倉智昭の発言に失笑!「あれをリアルだと思ってんの?」「フジテレビだから庇うのか」と反感の声

 Netflixで放送されていたリアリティ番組『テラスハウス』(フジテレビ制作)に出演していた女子プロレスラー・木村花さんの急死が、連日物議を醸している。番組に出演したことを...
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.584

死刑囚たちの告白『アイ・アム・ア・キラー』 Netflix充実の犯罪ドキュメンタリーシリーズ

 Netflixはまるで人生のようだ。『テラスハウス」などの賑やかなリアリティー番組を楽しんだ後、その日の気分次第でNetflix自慢の犯罪ドキュメンタリーの数々を視聴するこ...

この訳は問題か?――差別語の翻訳の難しさとは

※「オネエことば」翻訳の違和感【1】——『クィア・アイ』とゲイと女言葉翻訳の問題  今の時代、「ホモ」「レズ」といった言葉が侮蔑語にあたる……ということは多くの人が認識してい...

オネエことばへの翻訳は是か非か?――『クィア・アイ』で考察するゲイと“女ことば翻訳”の問題

――“LGBTドラマブーム”といわれる日本と同様、Netflixでもセクシュアルマイノリティが登場するコンテンツは多い。日本でも人気が高いのが、ゲイ5人組によるリアリティ番組『ク...
ライター・辰巳JUNK推薦

ウイルスから世界を守るロック様の勇姿、ビヨンセの豪勢なコーチェラ公演…etc.【自粛中だから見たい景気がいい映画】

新型コロナウイルス感染拡大を受け、ゴールデンウィークにもかかわらず自粛を強いられれている我々に残された最後の(?)娯楽、それが「おこもり映画鑑賞」である。こんな時期だからこそ見た...

チャンス・ザ・ラッパーがドンずべりした!?――デフ・ジャムが仕掛けた伝説の番組! スタンダップコメディ作品のトリセツ

――Netflixのレコメンドで、スタンダップコメディ作品が流れてきた経験はないだろうか? アメリカやイギリスでは特にエンタメ界の最重要ポストに置かれ、グラミー賞などのアワー...
ライター・しげる推薦

マクドナルドとN.W.A、儲かった人から学ぶ「しぶとく生きれば巻き返せる」という心得【自粛中だから見たい景気がいい映画3本】

新型コロナウイルス感染拡大を受け、ゴールデンウィークにもかかわらず自粛を強いられれている我々に残された最後の(?)娯楽、それが「おこもり映画鑑賞」である。こんな時期だからこそ見た...

ベッドイン、乱闘、なりすまし、障害者……おバカでお下劣なだけじゃない! 海外発恋愛リアリティ番組の狂騒

――『テラスハウス』が根強い人気を誇り、最近は『バチェラー・ジャパン』がファンを増やしている日本。一方、海外から配信される恋愛リアリティ番組は、それらがヌルく感じるほどぶっ飛んで...

パリピ男女の性、暴力、金からネット恋愛のゆがみまで! 過激系&進化系・恋愛リアリティ番組8選

――パーティ三昧で性に奔放な男女たちが共同生活をしたら、もうメチャクチャ。なかには、王族・貴族の子息子女が集う番組も。 【1】元恋人の出現で修羅場 “ex-エックス”オン・ザ・ビ...
“映画ファン”・ビニールタッキー推薦

Netflixがマイケル・ベイに託した160億円!『6アンダーグラウンド』から学ぶ“正しいお金の使い方”【自粛中だから見たい景気がいい映画3本】

新型コロナウイルス感染拡大を受け、ゴールデンウィークにもかかわらず自粛を強いられれている我々に残された最後の(?)娯楽、それが「おこもり映画鑑賞」である。こんな時期だからこそ見た...

量産されるNetflixオリジナルSF作――『ストレンジャー・シングス』に続くディストピア的SF傑作選

――すでに700本以上というNetflixのオリジナルコンテンツ。その多くはNetflixに加入しないと観ることができないので、他のサービスとの差別化に大きな役割を果たしている。...

危機的状況下で、人はどんな行動をとる? 『新感染』『アイアムアヒーロー』に見る、日韓社会の特徴

 家で過ごす時間も増えた昨今、スカッとした映画や、心温まる映画を見たいという人もいれば、危機感のある作品を見て緊張感を持って目の前の事態に臨みたいという人もいるのでは(筆者は...
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

Netflix記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

瀧澤謙太、RIZIN初参戦インタビュー

 9月27日(日)開催の格闘技イベント「RIZIN.24」に、高いKO率を誇る危険な...
写真