日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 『ドライブ・マイ・カー』は長くない!

村上春樹原作の映画『ドライブ・マイ・カー』約3時間があっという間だった理由

村上春樹原作の映画『ドライブ・マイ・カー』約3時間があっという間だった理由の画像1
C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

 2021年8月20日より『ドライブ・マイ・カー』が公開されている。本作は第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、日本映画では初となる脚本賞を受賞、ほか3部門にも輝く快挙を成し遂げた。

 本編は、文芸作品と呼ぶにふさわしいアート性があると共に、娯楽映画として存分に楽しめる内容だった。何しろ、上映時間が179分と長いにも関わらず、誇張抜きで(もちろん個人差はあるだろうが)90分くらいにしか感じなかったのだから。なぜ、「約3時間があっという間」と思えるほどにのめり込む面白さがあったのか、解説していこう。

多数の要素が絡み合い、とにかく面白い

村上春樹原作の映画『ドライブ・マイ・カー』約3時間があっという間だった理由の画像2
C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

 あらすじを簡潔に表すのであれば、目の病気を患った舞台俳優で演出家の男が、新たな演劇祭で寡黙な女性ドライバーと出会う、というもの。彼は亡き妻が生前に浮気をしていたことを知っていたが、「なぜ」浮気をしていたのか、その理由が永遠にわからないでいた。そんな中でも演劇祭のオーディションや本読みは粛々と進行し、次第に女性ドライバーとお互いの過去を含めて車内で話し合い、わかりあっていく。

「亡くなった妻が浮気をしていた」という過去を引きずる主人公が、女性ドライバーと会話をする中でどのように心境を変化させていくのか、というドラマに加えて、日本語や英語や韓国語、そして手話を含めた多言語が織りなす演劇祭が進む様は「知らない世界」へと導かれたようであり、途中から登場する若くてハンサムな役者が予想外の方向へと物語を転がしていく様もスリリングだ。

 このように多数の要素が絡み合い、それぞれがバラバラにならず一本の映画の中で有機的に結びついていることが『ドライブ・マイ・カー』のいちばんの魅力と言っていい。作品全体のトーンはややダウナーではあるが、親しみやすいコメディシーンもあり、かと思えばどこかに不穏な展開を呼ぶ「影」が見え、単なる車内での会話が人生のさまざまな示唆に富むものであるため、ずっと興味を持って聞いていられる……と、とにかく面白いのである。

 そして、真っ当な大人のようだが激情を隠しているようにも見える西島秀俊、ぶっきらぼうなようでいて繊細さも見せる三浦透子、表向きは好青年だがどこか危うさを感じさせる岡田将生など、実力派俳優の演技も絶品。「会話をしているだけなのに面白い」のは、わずかな表情の機微や声のトーンなどで、説明に頼らず雄弁に語ってみせる役者の力の賜物だ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真