日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 『ドライブ・マイ・カー』は長くない!

村上春樹原作の映画『ドライブ・マイ・カー』約3時間があっという間だった理由

文=ヒナタカ

短編小説を豊かに膨らませた

村上春樹原作の映画『ドライブ・マイ・カー』約3時間があっという間だった理由の画像3
C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

 この『ドライブ・マイ・カー』の原作は、村上春樹による同名の短編小説だ。実際にその原作を読んでみると、約3時間の長編映画になるようなボリュームはない。だが、濱口竜介監督は、その原作が収録されている短編小説集『女のいない男たち』から、『シェエラザード』と『木野』という別の短編のモチーフを取り入れ、さらに有名な演劇作品『ゴドーを待ちながら』と(原作にも登場する)『ワーニャ伯父さん』も大胆に劇中に盛り込んでいる。

 特に『ワーニャ伯父さん』は濱口竜介監督が「もう一つの原作と言ってもいいほど、この映画のなかで存在感を持つ」と語っているほどに重要だ。登場人物(特に主人公)の心情が、その演劇の物語とシンクロしていることに注目すると、さらに面白く観られるだろう。

 原作から加えられたのは、それだけではない。岡田将生演じる若くてハンサムな役者には原作とはかなり違う役割が与えられているし、何より中盤以降の展開は(前述した通り他の短編作品を参照してもいるが)ほぼほぼ映画オリジナルと言っていい。原作の村上春樹らしい哲学的な思考を尊重しつつも、物語のダイナミズムも作り出した、「小説の映画化」として理想的なアプローチができていたと言えるのではないか。通訳者との微笑ましい交流など親しみやすいシーンもあり、全体的にエンターテインメント性が高いので、村上春樹の独特の作家性が苦手な方でも、この映画は受け入れられやすいのかもしれない。

 また、原作では「(ドライバーが)女性だから」と偏向的な考えをしていたことを自己批判的に捉えていたり、主人公が亡き妻の浮気を知りつつ、「役者」を生業としていたからこそ、妻に悟られないように「演技」をしていた苦悩が綴られていたりもする。映画の後に(前でも)原作を読むと、彼の内面がよりわかり、物語の理解も深まるだろう。

車内が「2人だけの世界」のようだった

村上春樹原作の映画『ドライブ・マイ・カー』約3時間があっという間だった理由の画像4
C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

 前述したように多数の要素が絡み合っている本作だが、やはり主題は『ドライブ・マイ・カー』というタイトルそのままに、ドライブ中の車内というシチュエーション、その時の会話から何が導き出されるのか、ということだ。

 車内では、基本的に女性ドライバーと、主人公の男の2人だけしかおらず、会話はその2人以外の誰にも聞かれることはない。だからこそ(暗い過去を持つ)2人は強固な関係を築いていく。目的地までの短い時間だけの狭い車内が、まるで「2人だけの世界」のようでもあった。

 だが、後に車に乗り合わせることになるハンサムな役者は、その2人の世界に割り込むように、とある哲学を話しだす。そこで語られることの鋭さは、後に起こる展開への伏線にもなっており、とてつもない緊張感に満ち満ちていた。とても長いセリフを一挙に、だが静かに放出していくこのシーンは本作の白眉であり、岡田将生のベストアクトと言ってもいいのではないか。

 その衝撃的なシーンの後に、主人公と女性ドライバーが、どんな行動をして、そして何を知っていくのか。そこには、心にズシン来る一方で、生きる希望も持てる、単純な言語化ができない感動があった。ぜひ、映画の余韻も含めて、味わい尽くすように楽しんでみて欲しい。

※この記事は2021年8月20日に掲載されたものの再掲です

『ドライブ・マイ・カー』
8/20(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
出演:西島秀俊 三浦透子 霧島れいか/岡田将生
原作:村上春樹 「ドライブ・マイ・カー」 (短編小説集「女のいない男たち」所収/文春文庫刊)
監督:濱口竜介 脚本:濱口竜介 大江崇允 音楽:石橋英子
製作:『ドライブ・マイ・カー』製作委員会 製作幹事:カルチュア・エンタテインメント、ビターズ・エンド 制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 配給:ビターズ・エンド 
C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
<公式サイト・SNS>
●ウェブサイト dmc.bitters.co.jp
●ツイッター  https://twitter.com/drivemycar_mv
●フェイスブック  https://www.facebook.com/drivemycar.mv/
●インスタグラム https://www.instagram.com/drivemycar_mv/?igshid=uv86pm8ks6x1

ヒナタカ

ヒナタカ

WEB媒体を中心にオールジャンルの映画を紹介・解説する雑食系映画ライター。「bizSPA!フレッシュ」「ねとらぼ」「Cienams PLUS」などで執筆中。おすすめは「ハウルの動く城」「天気の子」で検索すると1ページ目に出てくる解説記事。

Twitter:@HinatakaJeF

最終更新:2022/03/29 09:11
12

村上春樹原作の映画『ドライブ・マイ・カー』約3時間があっという間だった理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

『わたしの星』がU-NEXTで配信!

 殺人的な暑さが続いていますが皆さんはお元気...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真