日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジ宮司アナ、カトパン“後釜候補”に浮上!?

フジ宮司愛海アナ、報道キャスター転身でカトパンの“後釜候補”に浮上!?

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

フジ宮司愛海アナ、報道キャスター転身でカトパンの“後釜候補”に浮上!?の画像
公式Instagramより

 フジテレビの宮司愛海アナウンサーが、4月改編でメインキャスターを務めるスポーツニュース番組『S-PARK』を卒業し、報道キャスターデビューを果たすと、各スポーツ紙が報じた。

 宮司アナは2015年に入社後、スポーツ中継で活躍。2018年4月より放送が始まった『S-PARK』でスポーツニュース番組のMCに初挑戦し、昨年の東京五輪、今年2月の北京冬季五輪でもメインキャスターを務めるなど、フジの「スポーツニュースの顔」とも呼べる存在に成長していた。

 しかし各紙によると、『S-PARK』のメインキャスターは卒業となり、4月からは平日のニュース帯番組『FNN Live News days』を担当。報道キャスターとして経験を重ねるというのだ。

「早稲田大学在学中には『ミスサークルコンテスト2010』『早稲田コレクション2011』と2つのミスコンでグランプリを受賞。入社時からその美貌が注目されており、2020年1月には初フォトブックを発売するなど、アイドル路線で売り出されるのかと思われていたが、ここに来て報道への担当替えが決まった。局の上層部は多大な期待を寄せているはず」(放送担当記者)

 フジの女性アナウンサーといえば、エース候補と言われる井上清華アナ、平日夜のニュース番組『FNN Live News α』のキャスターをつとめる三田友梨佳アナら、7人の“ステマ疑惑”が昨年4月に「週刊文春」(文芸春秋)で報じられ、ネットのみならず関係各所で批判を浴びたが、宮司アナはその中に含まれていない。ほかにも“減点”要因はなく、アナウンス技術にも定評があることから今回の担当替えにも納得だが、その背景にはもっと深刻な問題があるという。

「夕方の看板ニュース番組『Live News イット!』は、元局アナでフリーのカトパンこと加藤綾子アナがキャスターを務め、この4月で3年を迎える。しかし、一向に視聴率が上向きになる気配がなく、民放キー局ではダントツの最下位。『イット!』のメイン視聴者は主婦層だが、年商2000億円のスーパーチェーン店の2代目社長とセレブ婚したカトパンでは主婦層を取り込めるはずがない。なので以前からカトパンのリストラ話が浮上しているものの、カトパンと同じ事務所の谷原章介が朝の看板番組『めざまし8』のMCを務めている関係で、なかなか切ることができないのが現状。おまけに、カトパンの代わりにキャスターを任せられる人材が現状いない」(芸能記者)

 どうやら、宮司アナの担当替えには「ポスト・カトパン」の期待も込められているようだ。

「独身で仕事を頑張っている宮司アナが、まず昼のニュースで顔を売り、その存在が浸透したところで、カトパンに代わって『イット!』のキャスターを務めるのが自然な流れだが、最低1年以上はかかるだろう」(同)

 宮司アナの担当替えで、加藤アナは危機感を抱いているかもしれない?

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2022/03/08 16:17

フジ宮司愛海アナ、報道キャスター転身でカトパンの“後釜候補”に浮上!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

伊藤智彦監督BEST映画『スタァライト』

映画『劇場版ソードアート・オンライン~オーディナル・スケール~』『HELLO WOR...
写真