日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 乃木坂5期生の個性を深掘り!前編

乃木坂46 5期生総力特集!大物やあざとキャラ、最年少までメンバーのパーソナリティを深掘りしてみた【前編】

冨里奈央(とみた・なお)の笑顔に癒されるしかない!

 冨里奈央は、大きな瞳と人懐っこい笑顔が印象的な2006年生まれの15歳(千葉県出身)。チャーポイントには柔らかいほっぺたを挙げている。高校生にして身長は164cmと高身長で、まだ伸び盛りということを考慮すると、乃木坂46で最も身長の高い梅澤美波の170cmを超える可能性も十分にある。

 ドキュメンタリー映像では、モデル業や雑誌編集への意欲を語っており、今後モデルとして自身の写真集をプロディースしていくということがあるかもしれない。2月に行われた「5期生お見立て会」では新型コロナの濃厚接触者に指定されたことで欠席してしまったが、初登場の『乃木坂工事中』ではさっそく印象を残しており、特技のモノマネでアピール。「車掌さん」「スティッチ」「クレヨンしんちゃん」のモノマネは安定していたが、「芦田愛菜」「広瀬すず」「永野芽郁」はかなりビミョーなクオリティで、バナナマンにも突っ込まれていた。おっとりとした印象のある彼女だが、バナナマンに対しても臆せずに発言していく場面も多く、そのギャップも魅力的だ。

 公式サイトの手書きプロフィールに、「お仕事で疲れている方や人間関係で悩んでいる子を少しでも癒やしてあげられる存在になれたら良いなと思っています」と綴っているように、屈託のない笑顔はファンに癒やしを与えてくれるはず。いつか本当に、ガリガリ君(赤城乳業)のCMに出演してほしい!

※後編に続きます!

川崎 龍也(アイドルライター)

2019年よりフリーライターとして活動しつつ、現在は都内にあるWEBメディアでも勤務。主にアイドルのコラムやインタビュー記事を書いています。noteでは毎週アイドルの楽曲レビューを更新中です。

Twitter:@ryuya_s04

note

かわさきりゅうや

最終更新:2023/06/22 00:18
123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed