日刊サイゾー トップ > 芸能  > 工藤静香、アンチが多いのはスターの証し?

工藤静香「高級バーキンを我流アレンジ」に批判の声も…人気の証し?

文=与良天悟(よら・てんご)

工藤静香「高級バーキンを我流アレンジ」に批判の声も…人気の証し?の画像
「工藤静香がバッグの中身を披露! 」| VOGUE JAPAN YouTubeチャンネルより

 やはりその注目度はピカイチ?

 フジテレビは先日、共同テレビジョンの港浩一社長が社長に就任するなどの役員人事を発表した。6月28日に開かれる株主総会後の取締役会にて正式に決まる予定だという。

 5月30日発売の「週刊現代」(講談社)は、港“新社長”誕生にともない、歌手の工藤静香のバラエティ出演が期待されるとの記事を掲載している。

「港氏といえば、『とんねるずのみなさんのおかげです』シリーズなど、フジの人気バラエティの数々を手がけた名物プロデューサー。『現代』の記事では、島田紳助氏や元SMAPの香取慎吾ともつながりが強く、現在のフジには数字が取れるバラエティ番組が少ないため、キャスティング力を買われての社長起用だとしています。中でも、まずは工藤静香を引っ張り出すのではないかということですね。港氏は『夕やけニャンニャン』なども手がけた人物で、同番組出身の工藤は恩があるため断れないというわけです。

 工藤は今年ソロデビュー35周年。娘のCocomiやKōki,をプロデュースする手腕も評価されており、水面下では各局のドキュメンタリー番組が密着オファーをかけているものの、色よい返事がもらえていないと聞きます。すっかり“バラエティNG”となった工藤を出演させられれば、大きな注目を集めることは間違いありません」(テレビ誌記者)

 そんな工藤は先日、人気ファッション誌「VOGUE JAPAN」の公式YouTubeチャンネルに出演。バッグの中身を披露する企画「In The Bag」への登場だったが、注目されたのは、工藤の持つバッグそのものだった。

 工藤が持ってきたのは、高級ブランド・エルメスの中でも最も人気の高いバーキンだ。動画の終盤、「今日、これ(中身)を入れてきたカバンなんですけど」とバーキンについて紹介し始め、「すごい歳の離れたお友だち」から20年ほど前に譲り受けたものだと説明。「ちゃんと持ちきれるかな?」と高級バッグを持つことに抵抗があったというが、「好きにアレンジしていいよ」と言われたため、自分流のリメイクを施して愛用するようになったようだ。

 工藤は「“遊び”を入れさせていただいて。ちょっとポップに持たせてもらおうかな」と笑顔で語っており、バッグの正面には「HELL YES!」「SUPER STAR」などの英字ロゴや、電球、バッテリーなどのマーク、後ろには大きな目玉などのワッペンが数々付けられている。

 これに視聴者からは「20年前のバッグ、大容量入れて使ってきたとは思えないくらい革が輝いてるし角の削れやすい部分も汚れてなくて美しい」「持ち物、所作、話し方、全部お上品で素敵」と褒めたたえる声もあるが、一方で「統一感のないアップリケをベタベタと……せっかくのバーキンが台無し」「アレンジって、スカーフを巻いたりチャームを付けるって意味じゃないの?」「変にアレンジしないでそのまま使えばよかったのに」と批判の声も上がっている。

「動画で見る限り、工藤が今回紹介したのは、人気の35センチでゴールド金具、しかもクシュベルという今は使用されなくなった牛革を使っているヴィンテージなものかと思います。バーキンは品薄の上、値段も上昇しており、ものによっては数百万円もザラ。工藤のものも、中古でも100万円台で売り出されています。庶民には手の届かない高級品ですから、譲った友人からの後押しがあったとはいえ、自分なりにアレンジを加えて持つ“セレブ感”が鼻につき、やっかまれてしまったのでは。しかし、以前にタレントの神田うのが娘に絵を描かせたバーキンを公開した時は『娘さんに自由に絵を描いてもらうなんて素敵』と絶賛されており、アレンジのセンスの是非もさることながら、叩かれるかどうかは“人による”部分もありそうです。工藤にはアンチが一定数いるようなので、この手の批判があるのはいつものことと言えますから」(女性誌ライター)

 先日もInstagramにパスタ料理の写真を公開したところ、我流のアレンジを施した部分に一部ネットで批判的なコメントが上がっていた。手料理や私服コーディネートなど、SNSでの発信が何かとアンチの標的にされてしまう工藤。これも注目度の高さゆえのことかもしれない。

〈関連記事〉
工藤静香をキャスティングできたら金一封!? 「情熱大陸ですら撃沈」も…意外な突破口あった?
木村拓哉はマックのCMだけど…工藤静香が“健康志向”一家をアピールする理由
木村拓哉「家族ネタ」ついに解禁へ? ジャニーズを説き伏せた工藤静香の手腕
『SPY×FAMILY』アニメ化決定情報が“漏洩”!? Cocomiが批判の的となったワケ
木村拓哉親子に“社運”を託すことになった大手映画会社・東映の事情

与良天悟(よら・てんご)

与良天悟(よら・てんご)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

最終更新:2022/06/03 06:00

工藤静香「高級バーキンを我流アレンジ」に批判の声も…人気の証し?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

香取慎吾とのコラボ秘話

 今年1月9日放送の『関ジャム 完全燃SH...…
写真