日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『乃木坂工事中』バスラの“楽屋”にOG登場!

『乃木坂工事中』バスラの“楽屋”をレポート! 白石麻衣、松村沙友理、高山一実らOGメンも帰還

文=川崎 龍也(かわさき・りゅうや)

『乃木坂工事中』バスラの楽屋をレポート! 白石麻衣、松村沙友理、高山一実らOGメンも帰還の画像1
『乃木坂工事中』(テレビ東京系)公式YouTubeチャンネル動画「【公式】「乃木坂工事中」# 362「10周年バースデーライブに潜入 前編」2022.05.29 OA 」より

 5月29日深夜放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、「10周年バースデーライブに潜入 前編」をオンエア。

※元[Alexandros]のサトヤスさんも乃木坂46バスラ参戦

 2022年5月14日~15日にかけて、デビュー10周年を記念して開催された『10th YEAR BIRTHDAY LIVE』(以下、バスラ)。国内最大規模のキャパを持つ日産スタジアムで2日間にわたって行われ、約14万人もの観客を動員して乃木坂史上に名を残すことになったバスラだが、2日間それぞれにOGメンバーが出演したことでも大きな話題を呼んだ。そんなバスラの裏側をこんなにも早く見られるのだから、これほど嬉しいことはない。現役メンバーとOGメンバーの交流も楽しみすぎる。

※放送はこちらから!

樋口日奈&久保史緒里が5期生直撃!無茶振りして返り討ちに?

 今回、ライブの裏側に潜入するリポーター役を任されたのは久保史緒里と樋口日奈。これまでの『真夏の全国ツアー2018/2019』、『8th YEAR BIRTHDAY LIVE in ナゴヤドーム』の潜入企画では、バナナマンの2人がリポーター役となって、メンバーと触れ合ったり、楽屋に潜入したり、ライブ前の緊張感のある裏側を盛り上げてきた。よく考えたら新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2020年、2021年ともに同企画はなかったから、約3年ぶりとなる。今回バナナマンがリポーターとして参加できなかったのは、おそらく仕事の都合だと思われるが、久保と樋口のリポートもメンバーならではの素を見ることができそう。

 さて、メンバーの楽屋へと向かった久保と樋口だが、さっそくやらかしていた。バナナマンがかつて披露していた、ドアガラス、トラッシュボックスに足を引っ掛けてコケるという“オープニング小ボケ”を踏襲し、ホワイトボードでコケようとする久保だが、いまいちしっくりこない。スタッフからも「カメラ見ながらやる」とアドバイスを受けるほどのグダりっぷり……。改めて打ち合わせをした上で再度挑戦するも、現場はスタッフから笑顔も消えるというカオスな雰囲気に。バナナマンの偉大さを改めて思い知らされた。

 そんなこんなで、ケータリングスペースで待っていたのは5期生の五百城茉央、奥田いろは、冨里奈央、中西アルノ、菅原咲月、井上和だった。久保から自己紹介をしてほしいとお願いされた5期生メンバーだったが、何やら久保に耳打ちをされた井上。それぞれが順当に自己紹介をしていくなか、井上だけが「井上にゃぎです 頑張ります!」「にゃんにゃんにゃぎ」と可愛さ全開でアピール。「やらせました」という久保の無茶振りにもしっかりと応える井上の対応がなんとも素晴らしい。さらに今度は井上が久保と樋口に無茶振り返しをする機転を利かせて、先輩から「にゃんにゃんしおりん」「にゃんにゃんひなちま」をしっかり引き出すあたりも良かった。

『のぎ動画』内の「久保チャンネル」の#39で井上と対談していた時にはまだどこかよそよそしかったのに、#40では自己紹介のくだりで打ち解けていた2人。今回のやり取りは「久保チャンネル」で仲が深まっていたからこそ生まれたのだろう。

楽屋テンションな山下美月、全力で自己紹介する一ノ瀬美空

 楽屋では佐藤楓、山下美月、筒井あやめの3人が登場。ライブ直前の緊張感がある状況にも関わらずハイテンションだったのは山下だった。久保が「山下は机が本当に汚い」とタレコミすると、「他はなんでも見せるんですけど」と机を見せるのを拒否する山下。お決まりの流れかのように、樋口が「ちょっと脱いでもらっていいですか?」とすかさずツッコみを入れていたけれど、この楽屋ノリが最高だった。とはいえ山下ならばやりかねないと思えてしまうのが恐ろしい……。父親にカップラーメンを渡すという筒井の優しい一面も見られた楽屋レポだった。

 楽屋の外で待ち構えていたのは五百城茉央、矢久保美緒、林瑠奈、一ノ瀬美空、北川悠理。5期生の加入で先輩となった矢久保は、先輩風を吹かせていたようで、五百城の肩に手を添えながら「今日頑張ろうね」と先輩らしく振る舞っていた。4期生からしたら念願の後輩だろうし、妹のような5期生の加入は嬉しいのだろう。

 あざといキャラを継承宣言していた一ノ瀬は、先輩を巻き込んでお馴染みの「み~キュンキュン」を披露。井上にしろ一ノ瀬にしろ、5期生は自分の個性をアピールするのが本当に上手だと感じる。久保や樋口からもすでに自分の強みを持っているメンバーだと思われているのは純粋にすごい。

 メイク部屋ではメイク途中の田村真佑が登場。かつてバナナマンの設楽統が2期生の渡辺みり愛のセットされた髪をグシャグシャにしたこともあった。これまで久保と樋口はバナナマンの振る舞いを真似てきただけに、田村を強襲するのかと思われたが、さすがに時間もないのでやることはできなかった。せっかくなら思い切ってやってみてほしかったけど、ライブに支障が出てしまっては本末転倒だ。

12

『乃木坂工事中』バスラの“楽屋”をレポート! 白石麻衣、松村沙友理、高山一実らOGメンも帰還のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

香取慎吾とのコラボ秘話

 今年1月9日放送の『関ジャム 完全燃SH...…
写真