日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > パワハラ報道『ポップUP!』は早期終了か

フジテレビ『ポップUP!』パワハラ報道でいや増す早期終了の現実味

フジテレビ『ポップUP!』パワハラ報道でいや増す早期終了の現実味の画像1
『ポップUP!』(フジテレビ系)

 フジテレビの昼の情報番組『ポップUP!』のチーフプロデューサーによるパワハラ疑惑が、6月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた。記事によると、フジテレビの社員であるこのチーフプロデューサーは、制作会社社員のアシスタントプロデューサーに対し、常日頃から叱責するなどのパワハラ行為を繰り返していたとのこと。その結果、アシスタントプロデューサーは2度の自殺未遂をしたという。

「『ポップUP!』の前番組である『バイキング』では、メインMCの坂上忍によるパワハラ疑惑も報じられていた。そういったイメージを払拭する意味もあり、今年4月にスタートした『ポップUP!』は明るく爽やかな番組作りを目指していたはずのなので、今回のパワハラ報道はかなりの痛手でしょう」(テレビ局関係者)

 政治や社会、芸能スキャンダルなどを扱っていた『バイキング』とは打って変わって、生活情報をメインとしている『ポップUP!』だが、なかなか軌道に乗らないままである。

「視聴率がイマイチなのは仕方ないとしても、業界内での評判がもよくないのが致命的です。特に番組の企画が“どこかで見たことがあるようなもの”ばかりなんですよね」(同)

『ポップUP!』はスキャンダル以外のエンタメニュース、ゲストを呼んでトークする「スター★ニュース速報!」、テーマに沿って出演者がディベートをする「あなたはどっち派?もやもやチャット」、専門家による様々なランキングを紹介する「くろうと番付」などのコーナーで構成されている。

「ゲストトークなどは、それこそかつてNHKでお昼に放送されていた『スタジオパークからこんにちは』みたいだし、ディベートコーナーは同局の『ノンストップ!』で放送されている“NONSTOP!サミット”というコーナーに似ている。ランキングコーナーは、TBSの『ラヴィット!』でもやっているし、とにかくオリジナリティーにかけるコーナーばかりなんですよ。いわば“安全パイ”のようなコーナーを集めて、より多くの人に支持されようとしているのかもしれませんが、ちょっと制作サイドの“やる気のなさ”が透けて見えてしまいます」(制作会社スタッフ)

 そういった状態の中で報じられた、チーフプロデューサーのパワハラ疑惑。番組そのものの存続にかかってくる可能性もありそうだ。

「どう考えても、このままの状態では人気番組になりえないという空気が漂っています。むしろ、早期に番組を大きくリニューアルして、リスタートしたほうが良いとの声も多い。今回のパワハラ報道をきっかけとして、このまま番組の早期終了も十分にありうる状況だと思いますよ」(同)

 番組開始当初は“スキャンダルを扱わない”というコンセプトだったが、徐々に芸能人の離婚ネタなども扱われることも増えている。さらに、テコ入れの一環か、番組内ミニドラマとして“主婦の不倫”を描いた『昼上がりのオンナたち』も4回にわたって放送された(5月20日、27日、6月3日、10日)。

 すでに当初のコンセプトは崩れ出しており、リニューアルに向けて動き出していたともいえる『ポップUP!』。とはいえこれ以上、傷口が大きくならないうちに、迅速な決断が求められそうだ。

手山足実(ジャーナリスト)

出版業界歴20年超のベテランジャーナリスト。新聞、週刊誌、カルチャー誌、ギャンブル誌、ファンクラブ会報、企業パンフレット、オウンドメディア、広告など、あらゆる媒体に執筆。趣味はペットの動画を見ること、有名人の出没スポットパトロール。

てやまあしみ

最終更新:2022/06/11 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真