日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『元彼の遺言状』が『HERO』オマージュ?

『元彼の遺言状』篠田の無罪が確定! 痛快逆転劇は伝説の月9『HERO』オマージュ?

文=東海林かな(しょうじ・かな)

『元彼の遺言状』篠田の無罪が確定! 痛快逆転劇は伝説の月9『HERO』オマージュ?の画像
ドラマ公式サイトより

 フジテレビ系月9ドラマ『元彼の遺言状』の第10話が6月13日に放送され、「篠田」こと本名・田中守(大泉洋)の過去にまつわる強盗殺人事件が解決に導かれた。6年前の「十ヶ浜強盗殺人事件」で殺人の容疑をかけられていた篠田を救ったのは、やはり剣持麗子(綾瀬はるか)だった。第10話の見どころは、登場人物も視聴者も一気に引き込んだ裁判での麗子の語りだろう。

 「十ヶ浜強盗殺人事件」の裁判員裁判が開かれ、篠田は被告人として、麗子は被告人側の弁護人として出廷。検察側は次々と物的証拠を挙げ、証人尋問でも篠田にとって不利な証言が続き、絶体絶命の状況となる。

 しかし、滝沢美月(成海璃子)が自身の証言を覆し、これまで否定してきた「殺人のあった時は篠田は現場となった店の外で居眠りをしていた」ことを証言したため、法廷内の空気は一変。“篠田無実”の流れへと傾いた。さらに後日、事件現場となった店に関係者一同が集められ、「6年前の殺人事件は医師・高瀬(東根作寿英)の犯行で、町の住民たちは高瀬をかばうため篠田に罪をなすりつけた」「高瀬の死は自死で、篠田に対する罪悪感に耐えられず死を選んだ」と真相が明かされ、一件落着となった。

 裁判の流れを変えた美月の証言を導いたのは、麗子の言葉だろう。麗子は、証言台に立った美月に対し、殺人容疑をかけられたため事件以降“透明人間”として生きていかざるをえなくなった篠田の状況を切々と訴え、美月や裁判員の心を動かしていく。まさに独壇場と言ってもいい麗子のスピーチだった。ネット上には「麗子の弁論、感動したぁ」「裁判員制度が生きてくる。こういう描写は良いと思う」といった反応が多く見られた。

 さらにこの第10話では、伝説の月9ドラマ『HERO』を連想させる演出もあった。篠田の有罪・無罪を争った検察官を八嶋智人、ターニングポイントとなる裁判員の意見を認めた裁判長の正名僕蔵が演じるなど、『HERO』のキャスト陣がキーパーソンとして出演。八嶋は今回の出演について、「同志の正名僕蔵くんとは“(演じる役柄が)『HERO』から出世したね”と握手しました」とコメントを寄せているが、同作を意識したキャスティング、演出だった可能性は十分にあるだろう。

 次回はいよいよ最終回だが、予告では「麗子失踪編」とのテロップが映し出されるなど、なんとも穏やかではない展開が待っていそうだ。晴れて自由の身となった篠田が、麗子不在の中で大活躍し、難解な事件を解決に導く展開になるのだろうか。ミステリー作家・篠田敬太郎の実力に期待したい。

■番組情報
月曜ドラマ『元彼の遺言状』
フジテレビ系毎週月曜21時~
出演:綾瀬はるか、大泉洋、生田斗真、関水渚、森カンナ、笛木優子、要潤、野間口徹、佐戸井けん太、笹野高史、萬田久子、浅野和之 ほか
原作:『元彼の遺言状』『剣持麗子のワンナイト推理』新川帆立(宝島社)
脚本:杉原憲明、小谷暢亮
音楽:川井憲次
プロデューサー:金城綾香、宮﨑暖
演出:鈴木雅之、澤田鎌作、西岡和宏
制作・著作:フジテレビ 第一制作部
公式サイト:fujitv.co.jp/motokare

〈関連記事〉
運命の裁判が開廷! 『元彼の遺言状』大泉洋“篠田”は救われるのか?
『元彼の遺言状』主要キャスト総動員で“最後の謎”篠田の過去に挑む?
『元彼の遺言状』緊張と緩和が絶妙! 麗子と篠田のやりとりに思わずクスッ
『元彼の遺言状』大泉洋演じる篠田、「僕は殺人犯」衝撃告白の真相は…
『元彼の遺言状』津々井先生のファン急増中! 綾瀬はるか“麗子”との共闘展開も?

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/06/20 12:00

『元彼の遺言状』篠田の無罪が確定! 痛快逆転劇は伝説の月9『HERO』オマージュ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

高橋ヨシキ監督の長編デビュー作『激怒』

 誰もが暮らしやすい平和なユートピアを目指し...…
写真
インタビュー

”エロ”封印から役者としても開眼

――イジリーさんと言えば、「ベロを使った芸風...…
写真