日刊サイゾー トップ > エンタメ  > “芸人出演回”のマンネリを打破?

おいでやすこが、『徹子の部屋』ムチャぶり漫才の途中で「ルールル♪」フェードアウト

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

おいでやすこが、『徹子の部屋』ムチャぶり漫才の途中で「ルールル♪」フェードアウトの画像1
おいでやすこが(左)こがけん、(右)おいでやす小田(テレビ朝日系『徹子の部屋』公式サイトより)

 7月26日放送『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演したのは、お笑いユニット「おいでやすこが」のおいでやす小田、こがけんの2人であった。

 正直、徹子のムチャぶりに撃沈し、スベったところを笑いにする同番組の芸人出演回は苦手だった。普段は脱線が常の『徹子の部屋』なのに、芸人出演回からは逆に予定調和の印象を抱いていたし、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で後日受けるであろうイジりを期待するマッチポンプな仕組みを感じるのもつらかった。

 しかし、おいでやすこがはそれらのルーティンを含みながら、内容で魅せたと思うのだ。

おいでやすこがは日和らなかった

 まず、徹子が食いついたのは、おいでやす小田の声の大きさだ。

「小田さんは声が大きい。どのくらい大きいか、ちょっとおっきい声出していただけますか?」(徹子)

改まって「小田さんは声が大きい」と高らかに発表されると、妙に恥ずかしい。徹子は小田の大声を聴きたいようだ。

小田 「(大きい声を出しても)大丈夫ですか?」
徹子 「大丈夫です」
小田 「じゃあ、ちょっと言わせていただいて。おらー!」
徹子 (ビクッ)
 
 自分で出させておきながら、小田の大声にびっくりする徹子。「小田は声が大きい」と紹介したものの、こんなおっきいとは思っていなかったのだろう。

 そして、例によって徹子が2人にリクエストした。

「漫才がとても面白いと評判のお2人に、漫才を見せていただきましょう」(徹子)

 漫才が始まると、小田がこがけんにツッコむ度に徹子がビクっとしている。自分で振ったのに、大声ツッコミのたびにのけぞり、小声で「すごい……」とつぶやく徹子。あと、おいこがの漫才中の叫びがいつも以上に多かった気がする。徹子に日和っていないのだ。ゲストが芸人でも年齢が40代くらいだと、見え見えのレールに乗ろうとしない。既存の番組ファンも、これなら安心して見ることができる。

123

おいでやすこが、『徹子の部屋』ムチャぶり漫才の途中で「ルールル♪」フェードアウトのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

“事務化したテロ”の時代

今週の注目記事・第1位「『統一教会』と『政治...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真