日刊サイゾー トップ > エンタメ  > スノスト“意味深”匂わせ

SixTONES×Snow Manの合同ライブ? サブスク解禁? 意味深“匂わせ”が話題

文=加賀美ジョン(かがみ・じょん)

SixTONES×Snow Manの合同ライブ? サブスク解禁? 意味深“匂わせ”が話題の画像
Snow Man, SixTONES

 同時デビューから2年半、また何かを起こす?

 2020年1月22日に同時デビューを果たしたSixTONESとSnow Manの2組が意味深な動きを見せているとして、ファンを中心に注目を集めている。

 きっかけとなったのは8月3日に公開されたSnow Manの動画だ。「なんだこれ!?」と題された1分の動画が公開されたのだが、映画の予告編のような映像で、最後は中華料理を囲むメンバー8人が眠っているかのような姿をラウールが発見し、「なんだこれ!?」と驚く場面で終わる。この謎めいた動画は大きな反響があったが、翌日、新曲「JUICY」のミュージックビデオがサプライズで解禁。新曲発表のためのティザーだったことが明らかになった。

 さらに翌5日には、今度はSixTONESが新曲「PARTY PEOPLE」のミュージックビデオをサプライズで公開した。注目は、「現時点ではCD化の予定のないYouTube限定の新曲」と発表されていることだ。Snow Manの「JUICY」についても各メディアで「『JUICY』が収録されるCD商品の情報は現時点ではいっさい公開されていない」などと案内されている。

 2日連続でSnow Man、SixTONESとYouTube限定で新曲をサプライズ公開するという流れに、「スノストの匂わせがすごい」「これ絶対何かあるでしょ」とファンは騒然。「合同ライブくる?」「サブスク解禁?」などと推測する声が広がっている。

 “ヒント”とされているのは、Snow Manの予告動画にあった文言だ。途中でタイプライターの演出が挟まれるのだが、その英文には「約束の場所」「あなたは歴史の目撃者となる」などとあった。

「約束の場所がどこを指すかについて議論が起こっていますが、もっとも有力視されているのは東京ドーム。SixTONESとSnow Manは2019年8月8日に東京ドームで開催されたジャニーズJr.のイベントの中で同時デビューが発表されたため、両グループの合同コンサートが東京ドームで開催され、それを8月8日に発表するのでは、と見られているわけです。

 ただ、SixTONESと切り離して考えれば、“約束の場所”はアジアツアーを指すのではという声も多い。8月8日のデビュー発表の際、Snow Manは翌年の春からアジアツアーを行なうとし、実際に日本以外にバンコク、シンガポール、ジャカルタ、台北での公演も予定していたものの、新型コロナの影響により全公演中止となったため、アジアツアーの“リベンジ”という可能性も確かにありそうです」(アイドル誌記者)

 一方で、SixTONESが「現時点ではCD化の予定のないYouTube限定の新曲」と説明したことから、サブスクリプション型音楽配信サービスへの参入に期待する声も出ているが……。

「SixTONESは今年1月に『THE FIRST TAKE』に出演。『THE FIRST TAKE』出演時の音源は基本的に配信リリースされることが多いため、デジタル解禁への期待も高まりましたが、結局何もなかった。ジャニーズは現在Snow Manの圧倒的なセールスが目立ちますが、SixTONES、なにわ男子、King & Princeらも、最低でも40万枚という驚異の売れ行きで、ジャニーズの歴史の中で今がもっともCDが売れていると言われています。このサブスク全盛の時代に、ですよ。加えて、CDセールスに影響が出ない形でYouTubeやTikTokの活用に力を入れ、これまで弱かったデジタル領域のフォローも進みつつある。そう考えると、若手グループのサブスク全面解禁には踏み出さないと思われますね。

 しかし、海外展開をにらみ、国外向けに制作した楽曲を限定的に配信するという手段は取るかもしれません。それが今回の新曲という可能性はあるでしょう。Snow Manの『JUICY』は大半が英語詞ですしね。その場合は嵐が本来予定していたように、海外ツアー前提で行われると思います」(音楽ライター)

 さまざまな予測が飛び交っているが、こうしたデジタルプロモーションはこれまでジャニーズ事務所はどちらかといえば不得意な分野だったことを考えれば、何が発表されるにせよ今回の仕掛けは「大成功」と言えるかもしれない。

 ただ、仮に合同ライブを行なうというアナウンスだった場合、“古参ファン”の不満が爆発する可能性もあるとの声も……。

「SixTONESとSnow Manの合同デビューシングルが発売された際、購入特典として『スペシャルイベント+ハイタッチ会』に応募できるシリアルコードが封入されました。このシングルが発売3日でミリオン達成となり、華々しいデビューを飾れたのも、このイベントに参加したいファンが複数枚買って応募したためです。しかしこのイベントは新型コロナの影響により延期。コロナ禍の収束の見込みが立たないことから2組合同によるライブ配信イベントに切り替わり、今年1月21日に行われる予定だったものの、これもメンバーに感染者が出たため延期となり、その後音沙汰がありません。そもそも、配信イベントに切り替わった時点で、抽選制だった元の発売記念イベントに当選していたファンが激怒。シリアルコードがあれば誰でも観られるものに変更されたからです。それでもコロナ禍だから仕方ないと不満を飲み込んだ人も多いはずで……。今回の両グループの匂わせに、この発売記念イベントが“なかったこと”にされてしまわないかと心配する声も少なくなく、その上で合同ライブ実施ともなればクレームが殺到するかもしれませんね」(前出・アイドル誌記者)

 はたしてファンが喜ぶような発表はあるだろうか。

加賀美ジョン(かがみ・じょん)

加賀美ジョン(かがみ・じょん)

洋邦問わず、音楽にまつわる編集・ライティングで十数年。クレジットを眺めるのが趣味。

最終更新:2022/08/08 11:00

SixTONES×Snow Manの合同ライブ? サブスク解禁? 意味深“匂わせ”が話題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは違って史実の時政は切れ者

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真