日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > Snow Man、映画でも“嵐超え”?

Snow Manは映画でも強し? 岩本照の主演映画が“嵐・二宮超え”の好調ぶり

文=与良天悟(よら・てんご)

Snow Manは映画でも強し? 岩本照の主演映画が“嵐・二宮超え”の好調ぶりの画像
Snow Man(岩本照は中央左、左から4人目)

 ジャニーズ主演の民放ゴールデン・プライム帯ドラマが厳しい。

 春ドラマでは、なにわ男子・道枝駿佑主演の『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)が世帯視聴率の全話平均6.2%と低迷したが、夏ドラマはさらに壊滅的な状態だ。King & Prince・永瀬廉の民放連ドラ初主演となる『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』(日本テレビ系)、Hey! Say! JUMP・中島裕翔主演の『純愛ディソナンス』(フジテレビ系)はいずれも視聴率が3%台を記録し、現状の全話平均も4%台という危険水域に突入している。

「嵐が活動休止した中で、ジャニーズとしては一刻も早く“新しい顔”を作りたいところでしょうが、ことドラマでは苦戦が続いている。テレビマンの中でも、なにわ男子やキンプリに対して、“本当に人気があるのか”と懐疑的になっている人が増えてきているようです」(テレビ関係者)

 一方、映画界では明るい話題が聞かれている。Snow Man・岩本照(ひかる)主演の映画『モエカレはオレンジ色』(7月8日公開)は週末全国映画動員ランキング(興行通信社)で初登場4位に。初日から3日間で動員18万人、興行収入2億4300万円を超え、邦画では1位発進となったが、その後も順調に数字を伸ばしているようだ。

「今回の映画は岩本にとって単独での初主演ですが、他のキャストも、めるること生見愛瑠、ジャニーズJr.の浮所飛貴など、演技経験が少ないフレッシュな顔ぶれが多いことを考えると、人気少女マンガの実写化とはいえ、かなり健闘していると言えるでしょう。満足度と口コミ推奨度がどちらも9割超えとかなり高く、リピーターが多いようです。現時点での興収は7億円を突破していると見られ、10億円の大台に届くかどうかといったところ。役者として上々のスタートを切ったと言えるのでは」(映画関係者)

 特に、大先輩の主演映画の勢いのなさが、より岩本の活躍を際立たせているという。

「嵐・二宮和也主演で、満島ひかり、小手伸也、奈緒らが脇を固める『TANG タング』が8月11日に封切りされましたが、動員ランキングで初登場6位という結果に。興収、動員数は『モエカレはオレンジ色』とほぼ同水準ですが、『TANG タング』はお盆時期というタイミングでの公開だっただけに、かなり残念な印象ですね。製作費を考えれば、圧倒的に『モエカレはオレンジ色』のほうがコスパがいいでしょう。『TANG タング』は口コミでも評判はいまひとつで、ここからどこまで伸ばしていけるか……。動員ランキングの順位で後輩に負けてしまった形ですが、接戦となっている興収でも負ける可能性があります」(同上)

 Snow Manといえば、先日オリコンが発表した2022年上半期ランキングにおいて、音楽ソフトの売上金額を集計した「アーティスト別セールス部門トータルランキング」で60.1億円という数字で堂々の上半期1位に。2位の嵐に10億円近い差を付けたことが話題となったばかりだ。

 Snow Manはオリコンの2021年の年間シングルランキングで1位と2位を独占し、男性アーティストとしては嵐以来となる12年ぶりの快挙を達成するなど、そのCDセールスは圧倒的。その勢いは映画にも及んでおり、グループで主演した映画『おそ松さん』(2022年)は興行収入15億円を突破。ラウールが単独初主演した『ハニーレモンソーダ』(2021年)も10億の大台に到達している。また、通常の映画とは異なるが、新型コロナウイルスの影響で公演が中止された舞台を映像化した主演作『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』にいたっては興行収入21億を突破している。

「そこにきて岩本の単独主演映画も好調ということで、ジャニーズ事務所は今後、Snow Manメンバーをどんどん映画にプッシュしていくようです。特に、来期の朝ドラ『舞い上がれ!』への出演が決まっている目黒蓮は来春に映画単独初主演となる『わたしの幸せな結婚』を控えており、大ヒットが期待されています」(芸能記者)

 ジャニーズ事務所は彼らを映画賞にも積極的に売り込んでいく構えだという。芸能プロダクション関係者が語る。

「2006年に公開された木村拓哉の主演作『武士の一分』ではノミネートされる前から日本アカデミー賞など国内の映画賞を一方的に辞退するなど、以前は賞レースを避ける傾向にあったジャニーズだが、今は違う。岡田准一や二宮和也が日本アカデミー賞の主演男優賞に輝いたのは記憶に新しいところですが、映画に関してはむしろ積極的になっています。特にSnow Manら若手については、ブルーリボン賞や新聞社が主催している映画賞などの新人賞に食いこませたいとの意向が働いているようです。賞を取れば役者としての箔が付きますからね」

 新世代ジャニーズ俳優の筆頭は、Snow Manから現れるかもしれない。

与良天悟(よら・てんご)

与良天悟(よら・てんご)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

最終更新:2022/08/20 08:00

Snow Manは映画でも強し? 岩本照の主演映画が“嵐・二宮超え”の好調ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の亡き後の昭恵夫人

今週の注目記事・第1位「安倍晋三『光と影』」...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真