日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > TVer『高良くんと天城くん』急上昇
TVerドラマ人気ランキング

『しんぼく』好発進、『高天』急上昇…TVerドラマ人気ランキング

文=新城優征(しんじょう・ゆうせい)

『しんぼく』好発進、『高天』急上昇…TVerドラマ人気ランキングの画像1
『高良くんと天城くん』ドラマ公式サイトより

 在京民放キー局5社を中心として2015年10月に始まったTVer。参加局、取り扱う番組も増え、2022年3月には月間動画再生数が歴代最高となる2.5億回を突破し、2022年7月にはアプリ累計ダウンロード数が5000万を超えるなど、もはや定番のサービスとなった。今や「見逃し配信」は当たり前となったが、やはりTVerではドラマが圧倒的に見られており、ドラマの見逃し配信需要がこのサービスを牽引していると言えるだろう。

 しかしTVerにおける再生回数は基本的に非公表で、期ごとの番組再生数ランキングなどで一部が明らかになるか、あるいは新記録を打ち立てた時などに番組側が発表する程度。そのため、視聴率をもって番組が語られてしまう状況が長らく続いている。

 そこで、TVerの総合ランキングを定点観測することで、視聴率とは違ったドラマ人気をある程度は可視化できるのではないか、と考えたのが本企画だ。総合ランキングでの順位に対しポイントを付け、合計した結果から日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」をご用意した。今週は10月1日(土)~10月7日(金)までを観測(1日2回、決まった時間にTVer総合ランキングをチェック)した結果をお伝えする。

『六本木クラス』首位で有終の美、『高良くんと天城くん』が4位に急伸

 今回の結果は以下のとおり。先週同様、秋ドラマの本格スタートがまだのため、トップ10に縮小した形でお届けする。

『しんぼく』好発進、『高天』急上昇…TVerドラマ人気ランキングの画像2

 9月29日に最終回を迎えた『六本木クラス』は、ポイントは落としたものの高水準で首位をキープ。有終の美を飾った。改めて、視聴率だけでなく配信での強さも感じられた作品で、配信が弱いテレ朝のGP帯ドラマにおいて気を吐いた格好だ。

 2位に初登場となったのは、劇場版が10月7日に公開となる『七人の秘書』のドラマスペシャル。2020年10月期に放送された連ドラ版の「最終回のその後」を描くストーリーで、10月2日の放送後、しばらく1位を独占した。土曜から集計している本ランキングの性質上、日曜夜の放送だったことで7日間フルの集計結果とはならなかったのだが、これが7日間フルでの集計であれば『六本木クラス』を超す可能性もあった。

 改編期の谷間の季節ということで旧作のランクインがとにかく多く、『コンフィデンスマンJP』の強さがとにかく目立ったが、その中で注目すべきはMBSの『高良くんと天城くん』。ジャニーズJr.同士によるBのLということで話題作だったものの、思いのほかこれまではTVerで目立たなかったが、夏ドラマが消えたこともあり、総合ランキングで急伸した(※本ランキングで前週22位なのは、前週は放送休止だったため)。

 9月30日放送の第6話は配信後、金曜12時のタイミングにはトップ10入りし、『六本木クラス』に首位は阻まれたものの、その後2位まで上昇していた。これまで、総合ランキングでは最高6位までしか到達しておらず、一部夏ドラマが終了していた第5話(9月16日放送)直後には4位まで上昇していたが、総合ランキングでトップ3入りしたのはこれが初めて。本人気ランキングでのポイントも、これまではよくて80ポイント前後で、100ポイントを超えたのは今回が初だ。

 競合が減ったことが急伸の大きな要因だろうが、サムネイルも影響したかもしれない。第6話は、配信直後は天城(織山尚大/少年忍者)が押し倒される場面がサムネになっており、目を惹いたからだ。ネタバレ要素が強すぎたためか、数日後には、今にもキスをしそうに顔が近づいている別場面(ポッキーゲーム)のサムネに変更されていたが、7月期の深夜ドラマ『復讐の未亡人』がTVerで強かったのはセクシーなサムネを連発していたからとも指摘されており、サムネのインパクトも効果があったのかもしれない。

『親愛なる僕へ殺意をこめて』『silent』好発進

 いよいよ今週から秋ドラマもスタート。先述のとおり、本人気ランキングは土曜から集計しているため、途中からスタートした作品は7日間フルでの集計とならないため、まだ真価が発揮されていないが、それでも5日(水)スタートとなったHey! Say! JUMP・山田涼介主演の『親愛なる僕へ殺意をこめて』は放送翌日からTVer総合ランキングの首位を独走しており、本人気ランキングでも7位に初登場となった。

 まだまだ秋ドラマの本格スタートまで時間があるため、しばらくは『しんぼく』が強さを発揮するかもしれない。視聴率面では厳しいスタートとなったが、『ナンバMG5』『テッパチ!』とこれまでの水曜ドラマは、(水曜22時という枠の性質上)もともと視聴率はふるわないものの、TVerでは健闘していたため、『しんぼく』がどこまで配信で支持されるか注目だ。

 川口春奈主演、Snow Man・目黒蓮共演の『silent』も6日(木)スタートということで本人気ランキングでは15位発進となったが、随所に忍ばされるサブカル的固有名詞の数々は坂元裕二『花束みたいな恋をした』を強く意識しているようでもあり(実際、脚本家は坂元裕二のファンのようだ)、『チェリまほ』だけでなく『うきわ ー友達以上、不倫未満ー』でも主人公たちの関係性をじっくり丁寧に撮っていた風間太樹監督の演出もよく、評価を上げていきそうだ。ちなみに『高良くんと天城くん』で高良を演じるIMPACTors・佐藤新も本作に出演している。

 新作関連では、奈緒主演の『ファーストペンギン!』(5日スタート)、佐津川愛美主演、Kis-My-Ft2・千賀健永共演の『夫婦円満レシピ』(5日スタート)の動きも気になるところだが、今週の人気ランキングで興味深かったのは、BS-TBSで2日(日)に始まった『サワコ ~それは、果てなき復讐』だ。趣里演じる主人公・サワコが、深川麻衣演じるマチカの人間関係を壊していくラブサスペンスで、秋ドラマの本格スタート前ということも影響したのだろうが、一時的にはTVer総合ランキングでトップ10入り。BS-TBSのドラマとしては珍しい動きを見せ、本人気ランキングでも9位に初登場となった。

 なお、8日(土)にはKis-My-Ft2・玉森裕太主演の『祈りのカルテ』、10日(月)には吉沢亮主演の月9『PICU』がスタート。秋ドラマの本格スタートはさらにその次の週からといった感じだが、しばらくは本人気ランキングの顔ぶれも目まぐるしく変わりそうだ。

〈前回のランキングはこちら〉

新城優征(しんじょう・ゆうせい)

新城優征(しんじょう・ゆうせい)

ドラマ・映画好きの男性ライター。俳優インタビュー、Netflix配信の海外ドラマの取材経験などもあり。

最終更新:2022/10/08 12:00

『しんぼく』好発進、『高天』急上昇…TVerドラマ人気ランキングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

森脇健児をオイシクする“共犯関係”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真