日刊サイゾー トップ > 芸能  > 猪木さんとたけし、晩年の共通点

アントニオ猪木さん、伴侶に“独占”された晩年…芸能界のあのスーパースターも同じ状況?

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

アントニオ猪木さん、伴侶に“独占”された晩年…芸能界のあのスーパースターも同じ状況?の画像
アントニオ猪木さん(写真/Getty Imagesより)

 新日本プロレスの両国国技館大会が10日に開催され、今月1日に心不全のため79歳で亡くなったアントニオ猪木さんの10カウントゴングセレモニーが試合前に執り行われた。また、セレモニー中に来年1月4日の東京ドーム大会を猪木さんの追悼大会とすることが発表された。

 今月4日には、新日が《アントニオ猪木が9月1日付で弊社(新日本プロレスリング株式会社)の終身名誉会長に就任した》と発表。本来ならば、10日の両国大会で猪木さんの終身名誉会長の就任の件を発表する予定だったというのだ。

「連日、誰かがどこかで猪木さんのことを追悼しているような状態でまだまだ続くだろう。今後、一般人も参加できるお別れ会が行われるというが、それなりの両国以上の大会場を用意しないと、会場周辺はファンが殺到して大混雑が巻き起こるのでは。そのぐらい多くの人から愛されていた」(プロレス担当記者)

 猪木さんといえば、最後の伴侶はもともと猪木さんの専属カメラマンで、2017年に入籍したものの2019年に亡くなった橋本田鶴子さん。

 もともと、猪木さんが前の妻と結婚していた際から交際し、田鶴子さんが略奪婚を果たしたが、その“独占欲”はすさまじいものがあったとという。

「猪木さんといえば、側近、愛弟子、後援者、さらには女優の倍賞美津子ら歴代の妻たちですら独り占めすることができなかった。そこで、田鶴子さんは続々と猪木の周囲の人間たちとの関係を絶つように仕向け、徐々に猪木さんの周囲からは人が離れて行った。しかし、田鶴子さんが先に亡くなってしまい、そこから一気に猪木さんの体調が悪化。それもあって、一度は離れた周囲の人間と続々と和解を果たし、追悼されることになった」(格闘技業界関係者)

 プロレス界のスーパースターだった猪木さんよりは4歳下だが、同年代の芸能界のスーパースターがビートたけし。

 1987年12月には自身のラジオ番組から鍛造したレスラー育成企画「たけしプロレス軍団(TPG)」を率いて新日のリングに殴り込み。しかし、ファンのすさまじい拒絶反応を食らい、プロレス参入は断念していた。

 一度はリング上で猪木さんと対峙したたけしだが、猪木さんと同じような晩年を過ごしている。

「長年連れ添った妻と2019年6月に協議離婚し、マネジメントに携わっていた女性と再婚。しかし、この再婚相手の“独占欲”が強く、たけしも猪木さんと同じようにどんどん周囲の人間との関係を切ることになってしまった。ギャラにこだわっているので、残ったのはテレビ番組のレギュラーのみだが、新規のオファーは入らないだろう。たけしが猪木さんの訃報に関する記事を見ているかは分からないが、記事を読んだら思うところがあるはず」(芸能記者)

 その仕事ぶりのみならず、たけしの今後の人間関係が注目される。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2022/10/13 06:00

アントニオ猪木さん、伴侶に“独占”された晩年…芸能界のあのスーパースターも同じ状況?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

『スーパーパンプト』が痛快すぎる!

 U-NEXTで配信中の『スーパーパンプト/...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真