日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 蛭子能収と有吉弘行の“待ち合わせ”

蛭子能収と有吉弘行の、不謹慎で悲壮感の欠片もない、露悪的な待ち合わせ

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

蛭子能収と有吉弘行の、不謹慎で悲壮感の欠片もない、露悪的な待ち合わせの画像1
『有吉クイズ』(テレビ朝日系)TVer公式サイトより

 10月25日より、『有吉クイズ』(テレビ朝日系)が夜8時~のゴールデン帯に昇格した。

 スタジオを見ると、深夜時代は大道具の倉庫みたいだったセットが少し豪華になっているようだ。栄えある初回の回答者には、レギュラー陣(みちょぱ、霜降り明星・せいや等)に加え、いわゆる“番宣俳優”仲野太賀も登場。あらゆる細部から、ゴールデンっぽさが窺える。

 ちなみに有吉弘行は若い頃、仲野太賀の父・中野英雄に歌舞伎町をよく連れ回された経験があり、その因縁を考えると回答者席の並びも面白い。

 ゴールデン昇格初回に行われたのは、「有吉と蛭子さん 2022夏」。有吉と蛭子能収の再会企画だ。

 この企画は過去2回行われており、昨年10月放送の初回は第59回ギャラクシー賞(放送批評懇談会主催)で、テレビ部門の奨励賞を受賞している。

 つまり、企画的に攻めているようにも思えるし、そうではないとも言えるのだ。以下は、今回の回答者である出川哲朗と有吉のやり取り。

出川 「(ゴールデンに昇格して)華々しく散ってほしいですね。伝説になってほしい、やっぱり」

有吉 「いや、もう完全に置きにいきます」

 

蛭子はもともと物覚えが悪かった

 2020年7月放送『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)で、軽度の認知症と診断された蛭子。今現在、彼の姿が見られるバラエティ番組は『有吉クイズ』くらいである。『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』などで蛭子を重用していたテレビ東京も、現在は気を遣ってあまり彼を呼んでいない。

 2020年7月12日放送の『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)にて、有吉はこう発言している。

「でも、(蛭子は)仕事はしたいとおっしゃってたけどね。やっぱりいろいろ文句言う人もいるんだろうけど、ご本人がよければ復帰して頑張って元気にやってほしいなと思うし。じゃあ、アルツハイマーになったらテレビ出ちゃいけないのか、お仕事しちゃいけないのか、何にもできないのかっていうことになるもんね」

 有吉と蛭子といえば、2008~10年に放送されていた『アリケン』(テレビ東京系)の人気企画「アリケンしゃべり場」での口論が伝説。「蛭子さんなんて人間が価値あります!?」と悪態をつく有吉に対し、著作『芸能界 蛭子目線』(竹書房)で、蛭子は「いつもの有吉さんと違う。有吉さんが悪キャラになってる」と思っていたことを漫画化した。実は、2人の関係は古くて長い。

 今回の2人の待ち合わせ場所は、渋谷である。今年4月放送の再会企画第2弾にて、「うるさいようなところが好きです」「(次回のロケは)やっぱり、渋谷かなあ」と、蛭子本人が希望したからだ。

 有吉が先に待っていると、向こうのほうに蛭子の姿を発見。どこに行けばいいか、ちょっと迷っているようだ。

有吉 「あれかなあ? 蛭子さん! 蛭子さん、こっち!!」

蛭子 「え? ……あっ、ああ。どうもどうも!」

有吉 「ご無沙汰しております」

蛭子 「ご無沙汰してます」

 2人は再会を果たした。有吉のことをまだ覚えているか少し不安になったが、蛭子は元気そうだ。たしかに、しゃべり方は変わった。2年前とはテンポが違うと思う。あと、蛭子は白髪を染めるのをやめたみたいだ。なんだか、穏やかなおじいちゃんになったみたい。

 有吉は蛭子としゃべるとき、声を大きめにし、いつもよりゆっくり話す。あと、話すときに目線を合わせる。

有吉 「この前、落ち着いた雰囲気じゃなくて、渋谷みたいなところがいいっておっしゃってたんですよ」

蛭子 「あっ、そうだったっけ(笑)?」

 もともと、蛭子は物覚えが悪かった。昔からだ。孫が8人もいるのに6人と認識していたり、孫一人ひとりの名前をまったく覚えていなかったり。ずっと、こんな人だった。

 

ずっと不謹慎で、悲壮感の欠片もない有吉

 2人はこれから、渋谷スクランブルスクエア(最高高:229メートル)の最上階へ行く予定だ。

蛭子 「高いところで俺を……」

有吉 「(うしろから背中を押すふりをする)」

蛭子 「押さないようにお願いします(笑)。『死にたくない!』っていうのがすごくあるんで。もう、死んでしまったら終わりですからね! 絶対、もう死にたくはないんで」

「死にたくない」と訴える際、急に元気になった蛭子。面白いことを言おうと、彼なりに頑張っているようだ。でも、自分の漫画では散々いろんな人を殺してきたくせに……。

 2人は建物内に入り、エレベーターで上階を目指した。天井を見ると、天空を突き抜けるみたいな映像が映し出されている。

「2人で天国行ってるみたいですね」(有吉)

 ずっと不謹慎な有吉。相手に気を遣わせない感じで、絶妙な毒のさじ加減だと思う。というか、そもそも有吉と蛭子が行けるのは天国なのだろうか? たぶん、地ご……。

 ところで、なぜ蛭子は渋谷に思い入れがあるのか?

蛭子 「どっかのところで、なんか当たったんですけど。もう1回できる……」

有吉 「クジですか? 競馬じゃなくて?」

蛭子 「競馬じゃない(笑)」

有吉 「ジュースですか?」

蛭子 「あ、そうそうそう。ジュース、ジュースだ」

有吉 「ジュースの自販機で当たったんですか? それが唯一の思い出ですか!? 渋谷の思い出が寂しすぎますよ(笑)」

 ジュースが思い出の街、渋谷。2人のコンビネーションで、蛭子の忘れっぽさは笑いに変わった。

有吉 「水道橋のほうに競馬やりに行ったりとかは?」

蛭子 「それはやめたから。仕事がないときは行きたくはなりますけど、でもやっぱり負けますね」

有吉 「やっと気付いたんですね」

蛭子 「(笑)」

有吉 「ハハハハハ! 高い勉強代でしたねえ(笑)」

 気を遣いつつ、蛭子をイジる有吉。たしかに、遠慮しすぎてもよくない。ただ、蛭子はそもそもあまり競馬をやらない人だった。競艇に熱くなるタイプである。はて、彼は競艇をやめたのだろうか?

 その後、2人はプレゼント交換をした。有吉が蛭子にあげたのは、「SHIBUYA」と印字されたTシャツだ。

「『SHIBUYA』って書いてありますんで、たまには思い出してください。ジュースが当たった思い出だけじゃなくて。……(お返しに)なんか、ください」(有吉)

 次は、蛭子が有吉に何かをあげる番。彼はエコバッグをプレゼントとして選んだようだ。バッグの中には、お菓子のヨックモックが入っていた。

有吉 「あっ、お菓子!」

蛭子 「“おかし”いかねぇ?」

有吉 「うまいねぇ~、うまいですね」

 うまくないよ! 蛭子能収の健在確認である。さらに、蛭子からのお手紙も封入されていた。そこには、こんなメッセージが。

「またよろしくね) 有吉さんありがとう エビスより」

 蛭子の字を見た瞬間、認知症の進行具合はなんとなく察することができた。さらに、文章の横には誰かを模したイラストが描かれている。誰だろう? パッと見、有吉の妻・夏目三久にも見えたが……。

有吉 「これ、僕ですね、一応」

蛭子 「そうですね、髪の毛からいったら。ちょっと、似ないんですよね、どういうわけか」

有吉 「まったく似ないですね。1回も似たことがないですよ!」

 有吉じゃないと言えないセリフだ。悲壮感の欠片もない。実際、「誰なんだよ!」とツッコみたくなる似顔絵だった。まあ、もともと蛭子のイラストは似せる画風でもないし、よく見ると結構、目は有吉に似ていた。

有吉 「でも嬉しいです、いつも。ありがとうございます」

蛭子 「ありがとう」

有吉 「こちらこそ」

蛭子 「いや、いつも」

 有吉と蛭子が互いに交わした、本気のトーンの「ありがとう」。さりげなかっただけに、ちょっと見ていて胸にくるものがあった。

123

蛭子能収と有吉弘行の、不謹慎で悲壮感の欠片もない、露悪的な待ち合わせのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

「平野くん、グレープカンパニーは?」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真