歴史エッセイスト・堀江宏樹の「大河ドラマ」勝手に放送講義

『鎌倉殿』では見せない実朝の「スピリチュアル」な一面と、渡宋を熱望した理由

文=堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

『鎌倉殿』では見せない実朝の「スピリチュアル」な一面と、渡宋を熱望した理由の画像1
和田義盛(横田栄司)|ドラマ公式サイトより

 『鎌倉殿の13人』第41回「義盛、お前に罪はない」は、「和田合戦」と、「忠臣」和田義盛(横田栄司さん)の壮絶な散りざまが描かれました。しかし、鎌倉幕府始まって以来の規模の内乱のさなか、複数のキャラが想像もしないような動きを見せてくれたので、悲劇一色で終わる内容ではありませんでした。

 鎌倉のメインストリート・若宮大通で和田軍を迎え撃った北条泰時(坂口健太郎さん)たちですが、古代ギリシア・ローマ時代の戦士のように陣列を組み、民家の板戸を盾代わりにしながら和田勢のほうにジリジリと迫っていったシーンは、シリアスな場面だったにもかかわらず、思わず笑ってしまいました。

 『鎌倉殿』では冷徹な文官として描かれてきた大江広元(栗原英雄さん)も、今回は笑ってしまうほどにすごい武勇を見せつけてくれました。「鎌倉殿の証しのドクロ」を御所に忘れてしまった実朝(柿澤勇人さん)の代わりに、敵に占領された御所に立ち戻るという捨て身の奉公ぶりを政子(小池栄子さん)から感謝され、「このこと、生涯忘れませぬ」と言われた広元は、政子の手を握って「お任せを」と決め台詞。御所に戻った広元は、屈強な兵士たちを相手に実に華麗な大立ち回りをこなしていましたが、北条政子への「愛」ゆえの発奮だったのでしょうか……。第35回で実朝の行方がわからないと御所で騒動になった際、広元と政子がなんとなくいい雰囲気を見せ、目撃した実衣(宮澤エマさん)がびっくりする……という場面があったこともあり、ネットでも、広元が無敵の強さを発揮したのは、「政子ちゃんパワー」によるものではないかと見る声がありました。

 今回は、「ふだんの生活空間が戦場になる」という究極の非日常の中で、それぞれのキャラクターが隠し持っていた一面があらわになるという演出が面白かったですね。

 それにしても、和田義盛の討ち死にには驚かされました。『鎌倉殿』において武蔵坊弁慶(佳久創さん)は伝承通りの「立ち往生」を見せることはありませんでしたが、義盛がそうなってしまったのですから……。

 三谷幸喜さんは和田義盛と源実朝の関係を、シェイクスピアの『ヘンリー四世』における怪力自慢のベテラン軍人フォルスタッフと、彼の「親友」だったハル王子の関係に見立てて描いたそうです。これは『鎌倉殿』で義盛役を熱演してきた横田栄司さんのインタビュー記事からの情報ですが、横田さんの台詞回しが朗々としていたのは、シェイクスピアの舞台を意識したものだったのかもしれませんね。フォルスタッフといえば、欧米ではジャンルを超えて愛されるキャラクターで、19世紀末にはイタリアのヴェルディが彼を主人公にしたオペラを書いています。『鎌倉殿』の義盛の討ち死にを受け、ネット上に「義盛ロス」が広がったのも、そういう意味では当然といえるでしょう。

 『鎌倉殿』の北条義時は、義盛という奸臣を討ち取ったと宣言しながらも、本心ではやはり複雑だったようです。悪人になりきれない義時の揺れ動く心を、小栗旬さんが実によい演技で見せてくれていました。

 ただ、そんな義時の本音は実朝には伝わらず、ラスト近くの二人の対面シーンで義時は、「こたびのことで考えを改めた」という実朝に「心を許せる者はこの鎌倉におらぬ」と突き放されてしまいます。今後の政は「強きお人」である京都の後鳥羽上皇に相談していくとの方針を聞かされた義時は、その場で表情を変えることはなかったものの、退場していく彼の足音はやけに刺々しく響いており、まるで舞台を見ているような面白さがありました。

 次回・第42回「夢のゆくえ」は、実朝が実際に建造させたという「唐船」の話を中心に、実朝と義時の対立が表面化する内容となりそうです。予告には、実朝が「父上がつくられたこの鎌倉を、源氏の手に取り戻す」と決意を新たにする場面も出てきました。次回は、頼朝(大泉洋さん)との対面を、「頼朝は殺生を重ねた大悪人」と彼の罪深さゆえに拒んだ陳和卿(テイ龍進さん)が、ドラマに再登場するようです。(1/2 P2はこちら

12

『鎌倉殿』では見せない実朝の「スピリチュアル」な一面と、渡宋を熱望した理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

「平野くん、グレープカンパニーは?」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真