日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > TVer人気、フジテレビドラマが1位2位独占
TVerドラマ人気ランキング

『PICU』が『クロサギ』破って2位に! 『エルピス』は下落…TVerドラマ人気ランキング

文=新城優征(しんじょう・ゆうせい)

『PICU』が『クロサギ』破って2位に! 『エルピス』は下落…TVerドラマ人気ランキングの画像1
『PICU』(ドラマ公式ページより)

 在京民放キー局5社を中心として2015年10月に始まったTVer。参加局、取り扱う番組も増え、2022年3月には月間動画再生数が歴代最高となる2.5億回を突破し、2022年7月にはアプリ累計ダウンロード数が5000万を超えるなど、もはや定番のサービスとなった。今や「見逃し配信」は当たり前となったが、やはりTVerではドラマが圧倒的に見られており、ドラマの見逃し配信需要がこのサービスを牽引していると言えるだろう。

 しかしTVerにおける再生回数は基本的に非公表で、期ごとの番組再生数ランキングなどで一部が明らかになるか、あるいは新記録を打ち立てた時などに番組側が発表する程度。そのため、視聴率をもって番組が語られてしまう状況が長らく続いている。

 そこで、TVerの総合ランキングを定点観測することで、視聴率とは違ったドラマ人気をある程度は可視化できるのではないか、と考えたのが本企画だ。総合ランキングでの順位に対しポイントを付け、合計した結果から日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」をご用意した。今週は11月19日(土)~11月25日(金)までを観測(1日2回、決まった時間にTVer総合ランキングをチェック)した結果をお伝えする。

『silent』7連覇の裏で…『PICU』が2位に上昇 『エルピス』は減退

 今回の結果は以下のとおり。

『PICU』が『クロサギ』破って2位に! 『エルピス』は下落…TVerドラマ人気ランキングの画像2

 川口春奈×目黒蓮のフジ木曜劇場『silent』が2位以下に大差をつけて首位をキープ……という構図は変わらず、これで7連覇。ただ、11月24日がサッカーワールドカップ中継のため放送休止というあたりが、次週に大きく影響しそうだ。TVer独占で主演の川口春奈が舞台裏を明かす「ドキュメンタリー」映像が先週から木曜に公開されており、24日配信の第2弾の効果もあって大きく順位は落としていないが、さすがに本編ほどの勢いは感じられない。次週は接戦となりそうだ。

 『silent』『クロサギ』『エルピス—希望、あるいは災い—』『PICU 小児集中治療室』の4作で固まっていたトップ4争いだが、ここにきて2位以下に大きな変動が出てきた。今週2位には吉沢亮主演のフジ月9『PICU』がランクイン。そして長澤まさみ主演のフジ月10ドラマ『エルピス』が大きくポイントを落とし、6位にランクダウンとなり、山崎賢人主演のTBS日曜劇場『アトムの童』が4位に食い込む形となった。

 『PICU』はこれまで同じ曜日の『エルピス』にTVer総合ランキングで首位を奪われ、2位に甘んじることが多かったが、今回は『エルピス』の不振にともない、久々に首位を獲得。また、TVer総合ランキングでの下落幅も、前週は最低17位まで下がったが、今週は14位までとなっており、トップ10滞在期間も、前週4日から今週5日まで伸びるなど粘り強さを見せた結果、本人気ランキングでは前週比50ポイントアップと大きく上昇し、『クロサギ』を飛び越えて2位をゲットした形だ。

 そして問題の『エルピス』だが、今回初めて300ポイントを下回る結果に。TVer総合ランキングの推移を見てみると、前週は配信翌日に首位を獲得しているほか、トップ10滞在時間は6日と好調だったが、今週は『PICU』に阻まれ1位を獲れず、トップ10滞在時間は5日に満たないなど、勢いが落ちている。視聴率では前週の第4話=6.9%(個人3.9%)から今週の第5話=5.8%(個人3.2%)と下がっており、これはワールドカップの影響だろうと思われるが、TVerでも伸び悩んでいるのが気がかりだ。

 『アトムの童』もトップ10滞在期間がわずかに伸びるなどややポイントが上昇し、山田涼介主演のフジ水10ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』に僅差で上回った。その『親愛なる僕へ殺意をこめて』や『ファーストペンギン!』などが前週よりポイントを伸ばしたのは、おそらくワールドカップの影響だろう。どちらもワールドカップと重なった結果、世帯視聴率では『しんぼく』が2.5%(前話4.4%)、『ファーストペンギン』が4.9%(前話7%)と大きく数字を落としているが、その代わり見逃し配信需要が高まったのだと見られる。

 清原果耶主演の日テレ日曜ドラマは、『霊媒探偵・城塚翡翠』が第5話で最終回となり、新たに『invert 城塚翡翠 倒叙集』として再スタートを切ったが、前週こそ「第5話で最終回」が反響を呼んだ影響か、ポイントを伸ばして久々にトップ10入りしたものの、今週は以前の水準にあと戻り。新作の初回は勢いがあるのが通例のため、『invert』が“新作”として受け止められているとすれば、次週以降はさらにポイントを落とす可能性もある。また世帯視聴率では動きがなかったことを考えると、「これまでのテレビドラマの常識を覆す、前代未聞の仕掛け」などと煽ったものの、今回の「仕掛け」はやはり効果がなかったのではと考えられる。

 最後に、2008年のTBSドラマ『流星の絆』に触れておきたい。二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香がきょうだい役を務めた本ドラマは名作として人気が高いが、二宮主演映画『ラーゲリより愛を込めて』の公開を記念して初の配信が11月22日0時より始まった。土曜から金曜までを集計している本ランキングの性質上、火曜配信スタートとなった本作は今週15位発進となったが、旧作ながら最高順位5位、トップ10滞在期間も長く、下手なGP帯秋ドラマよりも勢いがある。改めて本作の人気の高さを感じた次第だ。

〈前回のランキングはこちら〉

新城優征(しんじょう・ゆうせい)

新城優征(しんじょう・ゆうせい)

ドラマ・映画好きの男性ライター。俳優インタビュー、Netflix配信の海外ドラマの取材経験などもあり。

最終更新:2022/12/16 17:07

『PICU』が『クロサギ』破って2位に! 『エルピス』は下落…TVerドラマ人気ランキングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真