日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『クロサギ』最終回直前、2つの別れ

『クロサギ』平野紫耀“黒崎”の2つの別れ―― “育ての父”との決別はどう影響する?

『クロサギ』平野紫耀“黒崎”の2つの別れ―― “育ての父”との決別はどう影響する?の画像
Paravi配信ページより

 King & Prince・平野紫耀が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『クロサギ』の第9話が12月16日に放送された。父親が遭った詐欺によって家族が崩壊し、「詐欺師を騙す詐欺師=クロサギ」となった黒崎高志郎(平野紫耀)の復讐劇がいよいよ終局へと近づくなか、最終回直前にふさわしい波乱に満ちた展開だった。

 黒崎の父・黒崎浩司を騙した詐欺師・御木本(坂東彌十郎)に引導を渡したあと、発覚した新たな仇の存在。現在はひまわり銀行で経営企画部門・執行役員を務める宝条兼人(佐々木蔵之介)による詐欺的行為で黒崎の父は破産に追いやられ、一家心中に及んだのだった。宝条に目標を定めた黒崎は、第7話・第8話で宝条の手下を“喰い”ながら宝条の情報を集めていくも、第8話のラスト、脱税の容疑でいきなり逮捕されることに。宝条は、ひまわり銀行の系列銀行に黒崎の通帳をでっち上げさせ、そこに記帳されたありもしない取り引きで黒崎は脱税の疑いをかけられたのだった。

 しかし黒崎はあっさり釈放。詐欺師界のフィクサー的存在であり、黒崎を詐欺師として仕込んできた“育ての父”桂木敏夫(三浦友和)が手を回したのだ。黒崎は桂木のもとに向かい、礼も言わず、「親爺。あんたの仕事を請けるのはもうやめにする」と決別を宣言する。答えようとしない桂木。だが、「こっち向けよ。“桂木さん”」と言われると桂木は手を止め、「そんなに宝条を喰いたいか?」と訊ねる。そして「宝条を狙えば、あいつの周りのドでかい奴らまで敵に回すことになる。次は逮捕じゃ済まないぞ」と黒崎に警告する。

 だが黒崎は、「宝条って人間は、誰かの金や誰かの命でできてる。自分の野望のために平気で人を犠牲にして踏み潰していく。これまでも、これから先も。宝条と組んでるかぎり、あんたの命令はもう聞けない」と、宝条の生き方を許せないこと、だからその宝条とつながっている桂木のもとを離れるのだと思いをぶつける。「だったら、俺もやるしかないな」と受けて立つ桂木。「宝条を喰って、最後は俺なんだろ?」「喰い合いだな」と言われ、黒崎は目にためていた涙がついに溢れてしまう。桂木は、黒崎の父を騙した詐欺の「設計図」をつくった人物だ。いつかは訪れる決別の日だったが、なんとも切ない“宣戦布告”となった。

 桂木の言葉に無言で立ち去る黒崎だったが、桂木はさらに「なあ。そのあと、お前はどうすんだ?」と問いかけていた。黒崎はそのまま去っていったが、やはり桂木にとって黒崎は特別な存在なのではないか。宝条と対立すれば彼を取り巻く経済界、政界が黙っていないぞと警告していたあたりには、やはり“息子”を諭そうという思いがあったように思える。黒崎の釈放に力を貸したことについて、「俺のためじゃないでしょ。俺が捕まれば俺にネタを売ってる親爺も面倒なことになる」と黒崎は切り捨てていたが、桂木は「そんなことじゃねえよ」と笑い飛ばしながら、しかしその真意については言及しなかった。

 その後に吉川氷柱(黒島結菜)が桂木のもとを訪れた際、「巻き込んで悪かったねぇ。君みたいな子と知り合えば、あいつも足を洗うかと思ったんだけど、ダメだったな」と、どこか寂しそうな表情で話していた。これを聞いていた刑事の桃山哲次(宇野祥平)から、黒崎に足を洗わせたかったのは宝条を喰わせないためでは、と指摘され、もし桂木が黒崎の命を狙うなら自分たちが先に逮捕して命を守ると宣言されると一転、“フィクサー”の顔に戻り、「どうあってももう許されないという状況が、我々の世界にはあるんですよ」と語っていた。桂木の真意は読みづらいが、氷柱に語った言葉には“息子”への想いがにじみ出ていたように思う。だが桂木は、自分が黒崎にとって仇であることもまた、承知している。そんな桂木が“息子”に掛けられる精一杯の言葉が、すべての復讐が終わったら「お前はどうすんだ?」という黒崎の未来への問いかけだったのだろう。

 この第9話で黒崎は、与党・民政党の政治家である蒲生紗千子(秋山菜津子)に献金疑惑をでっち上げることで、蒲生の新党立ち上げを早め、それによって宝条が100億円の資金調達を命じられるという展開を導き、足りない額を海外ファンドから宝条が調達するのではと踏み、黒崎のダミーファンドに見事に誘導。黒崎の罠に宝条も落ちるか……と思われた矢先、急展開が待ち受けていた。

 黒崎は、宝条の汚職を追及しようと何年も調査していた金融庁の日下瑞樹(山田キヌヲ)を味方に引き入れることに成功し、日下のもつ重要な証拠を見せてもらえることになるが、約束どおり日下の家に向かうと、日下は“飛び降り”で救急搬送されるところだった。傍らには日下が護衛用に常に持っていたスタンガンがあり、何者かに突き落とされた可能性が高い。ふと見上げると、そこには早瀬の姿が。はたして桂木のしわざなのか。そしてさらに、黒崎の目の前で氷柱が連れ去られてしまう。一転して黒崎が窮地に立たされたところで第9話は幕を閉じた。

 第9話では“育ての父”との決別だけでなく、氷柱との別れもあった。宝条との対決を前に、氷柱を食事に誘った黒崎。自分が最後の復讐に向かうことをはっきり打ち明けると、氷柱に「帰ってくるまで待ってるよ」と伝えられる。いつもどおりの軽口を叩き合いながら、復讐や詐欺を忘れて「普通の笑顔」で氷柱とのひと時を楽しんだが、黒崎はもう戻れないことを覚悟していただろう。

 はたして黒崎は氷柱を救出し、また「普通の笑顔」を見せることができるだろうか。クロサギの集大成ともいえる壮大なスケールの“宝条潰し”、そして桂木との因縁に決着はつくのか。今夜放送の最終回の結末を見届けたい。

■番組情報
金曜ドラマ『クロサギ
TBS系毎週金曜22時~
出演:平野紫耀、黒島結菜、井之脇海、中村ゆり、宇野祥平、時任勇気、山本耕史、坂東彌十郎、船越英一郎、三浦友和 ほか
原作:黒丸・夏原武(原案)『クロサギ』シリーズ(小学館刊)
脚本:篠﨑絵里子
音楽:木村秀彬
主題歌:King & Prince「ツキヨミ」
プロデューサー:武田梓、那須田淳
演出:田中健太、石井康晴、平野俊一
製作著作:TBS
公式サイト:tbs.co.jp/kurosagi_tbs

東海林かな(ドラマライター)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

しょうじかな

最終更新:2022/12/23 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真