日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズの年男は「2023年が勝負の年」

永瀬廉、高橋海人、藤ヶ谷太輔らジャニーズの年男は「2023年が勝負の年」

文=佐藤勇馬

永瀬廉、高橋海人、藤ヶ谷太輔らジャニーズの年男は「2023年が勝負の年」の画像
King & Princeの永瀬廉と高橋海人も兎年

 2023年は兎年。年男・年女は年神様(お正月に各家にやってきて幸せをもたらす神様)のご加護を多く受けることができるとされることから、縁起がいいといわれている。ジャニーズタレントで2023年の年男を見てみると、まさに「今年が勝負どころ」のメンバーばかりでそれぞれ大きな飛躍の年になりそうだ。

 デビュー組で2023年に36歳になる年男は、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔、NEWSの加藤シゲアキ、A.B.C-Zの河合郁人、ジャニーズWESTの中間淳太の4人だ。

 藤ヶ谷太輔は一時伸び悩んでいる印象の時期もあったが、2018年に主演舞台『そして僕は途方に暮れる』でダメ男役を見事に演じたことで俳優としての才能が一気に開花。同作の映画版が2023年1月13日より公開されるほか、同14日からは人気コミックを実写化した主演ドラマ『ハマる男に蹴りたい女』(テレビ朝日系)の放送がスタートする。その一方、病気療養中の中居正広の複数のレギュラー番組で代役を務めたことでトークやバラエティ力の評価も改めて注目されており、2023年に俳優としてもタレントとして一皮むけそうな気配が漂っている。

 加藤シゲアキは、アイドル業と並行して続けていた作家業が2022年に10周年を迎えた。作家生活10周年を記念したスペシャルブック『1と0と加藤シゲアキ』(KADOKAWA)は、月刊誌「ダ・ヴィンチ」(同)の「BOOK OF THE YEAR 2022」でエッセイ・ノンフィクション部門の1位に選出されるなど高く評価されている。さらに、同年12月には大手企業「東洋紡」の広告キャンペーンに起用され、同社の各事業をテーマにオリジナルストーリーを書き下ろすという、ジャニーズとして新たな地平を切り開いた。作家としてもタレントとしても、今年は勝負の時期になりそうだ。

 河合郁人は、ジャニーズものまねによるブレイクを経て、現在はトークや司会のスキルで評価をぐんぐんと高めている。容姿が似ているということもあって「ジャニーズ界の後藤輝基」とも呼ばれているが、特番のMCで何度もタッグを組んでいる後藤本人からバラエティ対応力をベタ褒めされるなど、芸人からも一目置かれる存在に。鉄板ネタであるジャニーズの先輩にまつわるエピソードトークが豊富で、仕切りもうまいことから、業界内では「近いうちに単独の冠番組を持つのでは」とまでささやかれており、2023年に大飛躍を遂げる可能性がありそうだ。

 中間淳太は、ジャニーズWESTが関西の先輩である関ジャニ∞と後輩のなにわ男子にはさまれて厳しい状況にある中、バラエティで頭角を現してきた。関西学院大学出身の高学歴キャラとしてクイズ番組やニュース番組で活躍するのはもちろんこと、得意な中国語や英語を生かしたバラエティ企画でも存在感を発揮。最近は、本来ならジャニーズタレントとしてタブーであるはずの「運動音痴キャラ」としても話題になっており、イジられキャラとして大化けする可能性を秘めている。関西勢の中で少し埋もれがちになっているジャニーズWESTの巻き返しの原動力になりそうだ。

 2023年に24歳になる年男は、King & Princeの永瀬廉と高橋海人、Travis Japanの松田元太の3人だ。

 King & Princeの最年少メンバーである永瀬廉と高橋海人にとって、2023年は過去にないほどの激動の年。メンバーの平野紫耀、岸優太、神宮寺勇太の3人が同年5月22日にグループを脱退し、それぞれジャニーズ事務所も退所すると発表している。5月23日からは2人きりでグループの看板を守っていかなければならず、その重圧は想像を絶するものがある。

 5月23日以降、グループがどのような活動となるのか不透明なところがあるが、高橋は2022年12月に公開された映画『Dr.コトー診療所』での演技が好評で、主演の吉岡秀隆が「あとは海人くんに任せて、『Dr.ハント』をイチお客さんとして見たい」と話したことから、高橋演じる織田判斗(はんと)をメインにした新シリーズが生まれるのではといった声も聞こえてくるほど。また、永瀬は広瀬すずの相手役を務めるTBS系ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』が2023年1月17日にスタート予定で、2人とも俳優としての活動に注目が集まりそうだ。

 松田元太は、Travis Japanが2022年10月にデビューしたばかりなので今は顔を売っている真っ最中。2022年12月に『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)や『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)のスペシャルに出演するなどバラエティ露出を増やしており、ここで認知度を上げることがグループの飛躍にもつながってくる。2022年は主演映画『君が落とした青空』もあったりと俳優としての活動にも期待したいが、Travis Japanの活動ベースがどこに置かれるか次第となるのが難しいところ。一部で「Travis Japanは退社した滝沢秀明氏の肝煎りでデビューしたので、事務所内での立場が微妙になっている」とも指摘されていただけに、2023年はしっかり地固めをしたいところだろう。

 まさしく、2023年が勝負の時といえるジャニーズの年男たち。兎年の彼らがどんな大ジャンプを見せてくれるのか、ファンを夢中にさせる活躍を期待したい。

佐藤勇馬

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

最終更新:2022/12/31 21:00

永瀬廉、高橋海人、藤ヶ谷太輔らジャニーズの年男は「2023年が勝負の年」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真