日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  >  NEWS・加藤シゲアキ直木賞候補に

NEWS・加藤シゲアキの新作小説が直木賞候補作品に選出!「誹謗中傷苦しい」

文=伊藤綾(いとう・りょう)

 NEWS・加藤シゲアキの新作小説が直木賞候補作品に選出!「誹謗中傷苦しい」の画像1
加藤シゲアキ『オルタネート』(新潮社)

 ジャニーズ所属のアイドルグループ「NEWS」のメンバーとして活動しながら、2012年に『ピンクとグレー』(kadokawa)で作家デビューした加藤シゲアキ。その3年ぶりの新作小説『オルタネート』(新潮社)が直木賞の候補作品に選出され、12月17日に囲み取材が行われた。

 冒頭、「普通は新人賞をとってから作家になるというのが通例なのにも関わらず、自分はジャニーズ事務所のタレントという立場でデビュー作の本を出させてもらっているというのがあって。そういった引け目というか文学界・小説界にお邪魔しているという感覚で、ちゃんと作家と名乗っていいのかどうか、ずっと迷いがありました。直木賞の候補となったことで、多少は認めていただけたのかなと思っています」と語った加藤。

 直木賞候補作になったことについて、「驚愕です。本当にイマイチ信じられなかったです。ご心配おかけしたと思いますが、新型コロナにかかっておりまして。外出できない期間があり、1回目の陰性が出たタイミングで、気落ちしていたところに直木賞候補の知らせがあったので。フットボールの後藤(輝基)さん風に言うと『高低差ありすぎて、耳キーンとする』という感じでしたね」と感想を述べ、会場の笑いを誘っていた。

 高校生限定のマッチングアプリを題材に、SNSの在り方や付き合い方などを登場人物たちそれぞれの視点で描いた本作。自身の小説としては6作目となり、アイドルと作家の両立が話題の加藤だが、今ではすっかり小説を書くことが普段の生活のルーティンになっているようだ。

「初めて書いたときは自分自身を試してみたいという思いもありましたが、ファンや書店員の方々など本当にたくさんの方の支えで、ここまで続けて来られました。初めて『ピンクとグレー』で書店回りをしたとき、『1作目は応援できるけど、書き続けないと応援し続けられない。応援し続けたいから書き続けてください』と言われたのが印象的で。僕自身、本気で小説を書いたということは伝えたかったので。書き続けることが自分を受け入れてくれた小説界への恩返しかな、という思いです」

 本作を構想したのは19年春に、加藤が出演するバラエティ番組『NEWSな2人』(TBS)で、マッチングアプリを積極的に利用する若者たちを取り上げたことがきっかけ。近作のダークな作風から一転、爽やかな読後感の青春小説に仕上がっているという。

「番組でマッチングアプリに対する是非を討論するという企画がありまして。議論がかなり白熱した場面を目撃したのがきっかけです。自分が30歳を過ぎたくらいで今が高校生を書くには一番いいかなっていうのもあり、青春群像劇とSNS・マッチングアプリを掛け合わせて物語が生み出せるんじゃないかなと」

12

NEWS・加藤シゲアキの新作小説が直木賞候補作品に選出!「誹謗中傷苦しい」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真