日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > TVer人気、『忍者に結婚は難しい』が首位
TVerドラマ人気ランキング

1位は『忍者に結婚は難しい』! 月9『女神の教室』も好発進…TVerドラマ人気ランキング

文=新城優征(しんじょう・ゆうせい)

1位は『忍者に結婚は難しい』! 月9『女神の教室』も好発進…TVerドラマ人気ランキングの画像1
『忍者に結婚は難しい』(FOD配信ページより)

 在京民放キー局5社を中心として2015年10月に始まったTVer。参加局、取り扱う番組も増え、2022年3月には月間動画再生数が歴代最高となる2.5億回を突破し、同7月にはアプリ累計ダウンロード数が5000万を超え、同10月にはTVer単体の月間アクティブユーザー数(MAU)が2000万に達するなど、もはや定番のサービスとなった。今や「見逃し配信」は当たり前となったが、やはりTVerではドラマが圧倒的に見られており、ドラマの見逃し配信需要がこのサービスを牽引していると言えるだろう。

 しかしTVerにおける再生回数は基本的に非公表で、期ごとの番組再生数ランキングなどで一部が明らかになるか、あるいは新記録を打ち立てた時などに番組側が発表する程度。そのため、視聴率をもって番組が語られてしまう状況が長らく続いている。

 そこで、TVerの総合ランキングを定点観測することで、視聴率とは違ったドラマ人気をある程度は可視化できるのではないか、と考えたのが本企画だ。総合ランキングでの順位に対しポイントを付け、合計した結果から日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」をご用意した。今週は1月7日(土)~1月13日(金)までを観測(1日2回、決まった時間にTVer総合ランキングをチェック)した結果をお伝えする。

『忍者に結婚は難しい』『女神[テミス]の教室』フジドラマが今期も好調か

 年末の連ドラ休止期間のため当連載は2週お休みいただいたが(先週は番外編としてTVerの急成長ぶりと2022年のフジテレビドラマの活況を説明した)、冬ドラがスタートし始めたため再開。今回の結果は以下のとおり。

1位は『忍者に結婚は難しい』! 月9『女神の教室』も好発進…TVerドラマ人気ランキングの画像2

 まだ冬の陣が開幕したばかりであるため、トップ10に縮小してお届けしている。また、土曜から金曜までを集計している本ランキングの性質上、集計開始日の7日に近いスタートを切った作品が有利になるため、6日木曜スタートの『忍者に結婚は難しい』『警視庁アウトサイダー』、8日日曜スタートの『Get Ready!』『ブラッシュアップライフ』、9日月曜スタートの『女神[テミス]の教室』という順になるのは当然であり、今回の順位はあくまで暫定的。次週以降、人気ランキングは本格化する運びだ。

 ただ、早くも興味深い動きもある。まずは木曜ドラマ。意外にも?菜々緒主演の『忍者に結婚は難しい』が、西島秀俊主演の『警視庁アウトサイダー』を上回る形に。

 『忍者に結婚は難しい』は甲賀忍者と伊賀忍者がお互いの素性を隠して結婚する……という『Mr.&Mrs.スミス』的な設定を『ルパンの娘』方向にトンデモ的に味付けしたような作品だけに、放送前の期待度も割れていたが、木曜劇場らしい気楽に見られるコメディでありつつ、“子どものように自分中心の夫と、それに振り回されてイライラする妻”という結婚生活あるあるをうまく混ぜたような日常ドラマになっており、好評だ。今のところ「忍者に結婚は難しい」というより、「悟郎(鈴木伸之)との結婚は誰でも難しい」という感じが強いが、第2話では忍者要素もやや強まってきたので、今後に期待か。脚本が『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』の松田裕子という点も期待を高める。

 『忍者に結婚は難しい』の好評は、もともとのハードルの低さ(あるいは見る人を最初からかなり選ぶ設定)も影響したと思われるが、逆に西島秀俊×濱田岳の刑事モノということでハードルが高まってしまったのが悪い方向に働いたと見られるのが、警察内の“アウトサイダー”3人が奇妙な絆を築く『警視庁アウトサイダー』。予告映像などはクールに仕上がっていたが、実際には『99.9-刑事専門弁護士-』などの木村ひさし演出による小ボケの多いコメディ寄りの作風で、ハードボイルドを想定していた層からの「思ってたのと違った」という声も少なくなかった。そのためか、TVer総合ランキングでは1週間のほとんど『忍者に結婚は難しい』の後塵を拝す結果となっている。第2話で上白石萌歌が本格的に西島×濱田と絡むようになり、コメディとしての型が見えてきたため、ここから評価を上げていくか。奇しくも一風変わった設定のコメディ対決となった木曜、今後の動向に注目だ。

 前述のように本人気ランキングの性質上、ドラマのスタートが集計開始日の7日(金曜)から離れれば離れるほど不利になるため5位発進となったが、北川景子主演の月9ドラマ『女神[テミス]の教室~リーガル青春白書~』は10日スタートながら好発進で、放送翌日の深夜にはTVer総合ランキングの首位に踊り出、およそ2日にわたって首位を維持したあと、放送4日後の金曜時点でも3位に留まっている。2022年は『ミステリと言う勿れ』と『silent』がTVerで大ヒットとなったフジテレビだが、今期も『忍者に結婚は難しい』と『女神[テミス]の教室』が好調に推移しそうだ。

 『女神[テミス]の教室』とは逆に、妻夫木聡主演のTBS日曜劇場『Get Ready!』はTVer総合ランキングの首位期間が1日のみで、息切れがやや早い印象。初回放送の印象では、医療ドラマ風のヒューマンサスペンス系のように思われるが、いまひとつ盛り上がりどころに欠け、デザイン・演出もスタイリッシュに見せようとしてすべっている感じが否めない。同日放送の日テレの『ブラッシュアップライフ』(安藤サクラ主演、バカリズム脚本)の評判が上々なのと比べると、今後厳しい戦いが待っているかもしれない。

 次週は民放ゴールデン・プライム帯の連ドラがほぼ出そろう。事前の期待度が高いのは、井上真央主演のTBS系金曜ドラマ『100万回言えばよかった』(13日スタート)や、草彅剛主演のフジテレビ系月10ドラマ『罠の戦争』(16日スタート)だが、はたして冬ドラマを制するのはどの作品となるだろうか。

〈先週の番外編はこちら〉

新城優征(しんじょう・ゆうせい)

新城優征(しんじょう・ゆうせい)

ドラマ・映画好きの男性ライター。俳優インタビュー、Netflix配信の海外ドラマの取材経験などもあり。

最終更新:2023/01/14 19:20

1位は『忍者に結婚は難しい』! 月9『女神の教室』も好発進…TVerドラマ人気ランキングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

のん、地上波復帰の陰に…

 民放テレビ界から干され続けている女優・のん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真