日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『ブラッシュアップライフ』TVerで人気
TVerドラマ人気ランキング

『ブラッシュアップライフ』と『100万回 言えばよかった』が接戦! TVerドラマ人気ランキング

文=新城優征(しんじょう・ゆうせい)

『ブラッシュアップライフ』と『100万回 言えばよかった』が接戦! TVerドラマ人気ランキングの画像1
『ブラッシュアップライフ』(ドラマ公式サイトより)

 在京民放キー局5社を中心として2015年10月に始まったTVer。参加局、取り扱う番組も増え、2022年3月には月間動画再生数が歴代最高となる2.5億回を突破し、同7月にはアプリ累計ダウンロード数が5000万を超え、同10月にはTVer単体の月間アクティブユーザー数(MAU)が2000万に達するなど、もはや定番のサービスとなった。今や「見逃し配信」は当たり前となったが、やはりTVerではドラマが圧倒的に見られており、ドラマの見逃し配信需要がこのサービスを牽引していると言えるだろう。

 しかしTVerにおける再生回数は基本的に非公表で、期ごとの番組再生数ランキングなどで一部が明らかになるか、あるいは新記録を打ち立てた時などに番組側が発表する程度。そのため、視聴率をもって番組が語られてしまう状況が長らく続いている。

 そこで、TVerの総合ランキングを定点観測することで、視聴率とは違ったドラマ人気をある程度は可視化できるのではないか、と考えたのが本企画だ。総合ランキングでの順位に対しポイントを付け、合計した結果から日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」をご用意した。今週は1月14日(土)~1月20日(金)までを観測(1日2回、決まった時間にTVer総合ランキングをチェック)した結果をお伝えする。

『ブラッシュアップライフ』が首位獲得 今期は日テレが復活傾向か

 今回の結果は以下のとおり。

『ブラッシュアップライフ』と『100万回 言えばよかった』が接戦! TVerドラマ人気ランキングの画像2

 GP帯の冬ドラがようやくほぼ出そろったが、土曜から金曜までを集計している本ランキングの性質上(今週は14日から20日)、16日スタートの『罠の戦争』、17日スタートの『星降る夜に』『夕暮れに、手をつなぐ』などはまだ7日間フルで集計されておらず、本格的な戦いは来週からとなることは留意していただきたい。

 とはいうものの多くの作品が集計開始時点で放送が始まっている状態となったことで、TVer人気の明暗が見えてきた。今期は長らく苦戦していた日本テレビの日曜22:30枠が大躍進。バカリズム脚本×安藤サクラ主演の『ブラッシュアップライフ』が本人気ランキングで首位を獲得した。バカリズムドラマの集大成的な会話の妙味、伏線回収に加え、このところの平成リバイバルにも呼応するようなキーワードの数々に“刺さった”人たちが続出し、高い評価を集めている同作だが、TVer総合ランキングでも常にトップ10内にいるなど強さを発揮。加えて、前週との大きな違いは、同じ日曜放送の『Get Ready!』(TBS)を今週はおさえてTVer総合ランキング首位に躍り出ていたことだ。どうにも安っぽい『Get Ready!』に反し、ドラマファンからの絶賛の声が相次ぐ『ブラッシュアップライフ』が今週に入って『Get Ready!』を上回る勢いを見せたのは、納得だろう。

 その『ブラッシュアップライフ』と接戦を繰り広げていたのが、井上真央×佐藤健×松山ケンイチという豪華キャストのTBS系金曜ドラマ『100万回 言えばよかった』で、僅差で2位となった。TVer総合ランキングの推移を見てみると、トップ5滞在期間は『100万回 言えばよかった』のほうが長かったものの、第2話放送の20日ひる時点で11位まで下がるなど、下がり幅も(わずかだが)大きかったことから『ブラッシュアップライフ』の首位を許してしまった形だ。逆転できるかどうかは第2話以降の盛り上がり次第だろうが、『100万回 言えばよかった』は殺人事件と直木(佐藤健)の関係といった謎要素もあり、『最愛』のような盛り上がり方となる可能性もある。

 3位は先週首位となった菜々緒主演の木曜劇場『忍者に結婚は難しい』。ほかの作品が出そろい始めたため、さすがに首位キープは難しかったが、同じ木曜放送となる西島秀俊主演の『警視庁アウトサイダー』との対決では、前週同様にほぼ『忍者に結婚は難しい』がTVer総合ランキングで『警視庁アウトサイダー』の上をいっている。『警視庁アウトサイダー』は早くもトップ10からの脱落が早まっており、息切れ感が強い。世帯視聴率では好調だが、配信需要は低いというテレ朝ドラマの王道をこのまま走りそうだ。

 4位に初登場となったのは嵐・櫻井翔主演の『大病院占拠』。『ダイ・ハード』的なB級感ただようストーリーでツッコミどころも多いが、敵となる鬼のキャストが明かされていない仕掛けが「誰が演じているか?」という考察として盛り上がっている点は、『あなたの番です』『真犯人フラグ』の成功をうまく引き継いでいる印象で、TVer総合ランキングでの動きもなかなかいい。

 今期の日テレは、『リバーサルオーケストラ』がいまひとつの状態だが、『ブラッシュアップライフ』と『大病院占拠』の好調が目立っており、このところの低迷から脱した感もある。一方、TBSは『100万回 言えばよかった』が好調だが、頼みの日曜劇場『Get Ready!』がやや不調。広瀬すず×永瀬廉『夕暮れに、手をつなぐ』がどこまで伸びるかが注目されるところだ。また、フジテレビは『忍者に結婚は難しい』が善戦しているが、月9『女神[テミス]の教室~リーガル青春白書~』の動きが鈍り始めたのが気になるところ。こちらも草彅剛主演『罠の戦争』がどれほどの勢いとなるかが勝負の分かれ目となりそうだ。次週の結果を楽しみに待ちたい。

〈前回のランキングはこちら〉

新城優征(しんじょう・ゆうせい)

新城優征(しんじょう・ゆうせい)

ドラマ・映画好きの男性ライター。俳優インタビュー、Netflix配信の海外ドラマの取材経験などもあり。

最終更新:2023/01/26 21:43

『ブラッシュアップライフ』と『100万回 言えばよかった』が接戦! TVerドラマ人気ランキングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

のん、地上波復帰の陰に…

 民放テレビ界から干され続けている女優・のん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真