日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『星降る夜に』狂気シーンとの落差激しく…

ムロツヨシが怖すぎる! 『星降る夜に』ラブラブ&コメディパートとの落差にぐったり

ムロツヨシが怖すぎる! 『星降る夜に』ラブラブ&コメディパートとの落差にぐったりの画像
『星降る夜に』TELASA配信ページより

 産婦人科医・雪宮鈴(吉高由里子)と、遺品整理士のろう者・柊一星(北村匠海)のラブストーリーを描くテレビ朝日系火曜ドラマ『星降る夜に』の第7話が2月28日に放送された。主人公・鈴と一星のラブラブ展開が「胸キュン」を誘うドラマとして話題の本作だが、鈴を逆恨みする男・伴宗一郎(ムロツヨシ)が本格的に登場し始めてサスペンス色が強まっている。第7話では、これまで以上に伴の狂気に振り回されるシリアスなパートと、それ以外の場面の落差が大きく、視聴者の情緒は大きく揺さぶられた。

 鈴はかつて大学病院で働いていた時代、緊急要請で対応した妊婦が亡くなり、子どもは助かったものの、妊婦の夫である伴に裁判を起こされてしまう。搬送時点ですでに母子ともに危険な状態で、鈴に過失はなく、伴の訴えは棄却されたものの、納得がいかない伴は、鈴が現在マロニエ産婦人科医院で働いているのを突き止め、SNSに「雪宮鈴は人殺し」などと触れ回り、さらに鈴の自宅に同じような誹謗中傷の張り紙をしたあと、窓からレンガを投げ入れるなど、徹底的に鈴を付け狙う。そして第6話ラストでは、診察室にまで現れ、鈴に「また、人殺してませんか?」と迫るのだった。

 この続きとなった第7話では、伴に迫られ、鈴は恐怖のあまり何も言えず、無言で涙を流す。そこに鈴の同僚の産婦人科医・佐々木深夜(ディーン・フジオカ)が患者の相談のためにやってきて、異変に気づく。深夜が鈴を退室させると、伴は「また来ます」と言って去っていった。

 仕事をしていないと落ち着かないと、何事もなかったかのように振る舞う鈴。そんな鈴を心配した深夜は、ある人物に連絡をする。その夜、仕事を終えて病院を出た鈴を待っていたのは、スーツ姿でキメた一星。深夜が一星に伴の一件を伝え、迎えに来るよう連絡していたのだ。「行きますか、姫」とエスコートした一星はそのまま鈴をドレスアップさせ、高級レストランへ。鈴はそこで、3年経っても伴が「人殺し」とつぶやく声が今でも頭から離れないと胸の内を明かす。一星は鈴の耳を塞ぎ「そんな言葉、聞かなくていい」「鈴が傷つく必要はない」と心を寄り添わせた。

 一方でマロニエ産婦人科医院では、新人看護師の伊達麻里奈(中村里帆)の妊娠が発覚。しかし、交際相手はラノベ作家を目指しろくに稼ぎがなく、麻里奈は「お金を渡せなくなったらきっと捨てられちゃいます」と言って妊娠は伝えられないと言い出す。それを聞いて院長の麻呂川三平(光石研)と看護師の蜂須賀至信(長井短)は怒り出し、鈴も連れ、なぜか3人で麻里奈の自宅へ向かうことに。だが、ヒモ彼氏の心介(きづき)は麻里奈への愛は本物であるといい、麻里奈の妊娠を知ると、大喜びでプロポーズ。麻里奈も喜んでOKし、3人は思わぬ決着に拍子抜けとなりながらも、麻里奈たちを温かく見守るのだった。

 しかしここで話がまた急転。伴がマロニエ産婦人科に現れたのだ。待合室にいた一星の親友・佐藤春(千葉雄大)とその妻・うた(若月佑美)の隣に座り、「私の妻は雪宮鈴に殺されました」と吹聴する。春たちが無視を決め込むと、伴は「雪宮鈴は人殺しだぞ!」と叫び始め、院内は騒然。鈴や院長の麻呂川らがやってくるが、麻呂川が警察に連絡をしようとすると、鈴は大事にしたくないのか、「この人と私の問題なので」と制止する。だが、これが伴を逆なでする結果に。鈴を守ろうとする周囲に怒り始め、「なんで人殺しをかばうんだよ!」「俺はなんも悪くねえだろ! 被害者なんだよ!」と叫び、暴れ始める。大変な事態となるなか、伴の娘・静空(戸簾愛)が「お父さん」と声を掛け、「帰ろう……」と呼びかける。すると伴は無言で静空とともに立ち去っていった。

 第7話はムロツヨシ演じる伴の“襲来”が序盤と後半に挟まれ、他のシーンとの落差がすごかった。二度目の伴の大暴れの後も、一星と深夜は鈴をキャンプに連れて行き、ダンスをしたり、花火をしたりと穏やかに過ごす。一度目の登場時も、その後に一星とのラブラブ展開が用意されていたが、この緩急ありすぎる展開に「あんな騒動の後に、感情が追いつかない」といった声が上がったほか、「シーンのつながりが変じゃない?」「もう楽しいシーンになるの?」と視聴者からは疑問の声も。

 第7話は、深夜が北斗家のゴキブリ退治に呼ばれたり、特殊清掃の現場に「イェイイェイウォウウォウ」ことチャーリー(駒木根葵汰)が現れたり、麻里奈の自宅に乗り込む“余計なお世話”のシーンなど、コミカルな展開も挟まれた。二度目の伴の大暴れの際も、看護師長の犬山鶴子(猫背椿)が「ピンクエンペラーの底力、見せたるでコラ!」と見栄を切ったり、至信がクリップボードを盾のようにして伴に突っ込んだりと、妙にコミカルな描写があった。そのままではホラードラマとなりそうなほどの伴の狂気を和らげる効果を狙ったのかもしれないが、クセの強い緩急の付け方に当惑した視聴者は少なくなかったようだ。どう考えても通報案件であり、自分だけでなく、病院の関係者や患者にまで迷惑をかけているというのに、「この人と私の問題」と言ってしまう鈴に苛立ちを感じるという声もチラホラ見かけた。“警察沙汰”の大騒動に対して解決しようという姿勢が見られず、なのにコミカルな展開が挟まれるので、余計に視聴者は困惑したのかもしれない。

 鈴に通報する気はないということは、法的な方法で伴とのトラブルを対処する展開にはならなさそうだ。キャンプ中、号泣しだした鈴。一星に肩を預けながら「なんでだろう。あの人もここにいたらよかったのかなと、ふと思った」と、伴の心情に想いを馳せていたが、あれだけの恨みをつのらせた伴を改心させることはできるのだろうか。主演の吉高由里子のSNSでの発信により、本作は全9話完結であることが明かされている。残り2話で、伴の問題はどのように解決されるのか。今夜放送の第8話の予告では、鈴と一星の甘いシーンだけでなく、一星が泣き、千明と伴が対峙する場面も流れ、緊張感が高まる。不穏な展開が予想されるが、見逃せない。

■番組情報
火曜ドラマ『星降る夜に
テレビ朝日系毎週火曜21時~
出演:吉高由里子、北村匠海、千葉雄大、猫背椿、長井短、中村里帆、吉柳咲良、駒木根葵汰、若林拓也、宮澤美保、ドロンズ石本、五十嵐由美子、寺澤英弥、光石研、水野美紀、ディーン・フジオカ ほか
脚本:大石静
音楽:得田真裕
主題歌:由薫「星月夜」(ユニバーサル ミュージック)
ゼネラルプロデューサー:服部宣之(テレビ朝日)
プロデューサー:貴島彩理(テレビ朝日)、本郷達也(MMJ)
監督:深川栄洋、山本大輔
制作:テレビ朝日 MMJ
公式サイト:tv-asahi.co.jp/hoshifuru_yoruni

東海林かな(ドラマライター)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

しょうじかな

最終更新:2023/03/07 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真