日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 『らんまん』、「好き」が燃焼の主人公
朝ドラWATCHコラム『らんまん』第3週

『らんまん』万太郎たちに、自分の「好き」と仕事が結びつく日は来るのか(第3週)

『らんまん』万太郎たちに、自分の「好き」と仕事が結びつく日は来るのか(第3週)の画像
イラスト/渡辺裕子

 万太郎は18歳。演じるのは、とうとう神木隆之介さんに。姉の綾も佐久間由衣さんに、お目付役の竹雄も志尊淳さんになりましたが、演じる人が変わっても、あの子どもたちがそのまま大人になった感じで、全然違和感がないですね。そして万太郎と一緒に学問所に通っていた幼なじみの貫太、成長した彼を演じているのが『舞いあがれ!』の空先輩、新名基浩さんだと知った時はびっくりしました。寡黙な空先輩が、おしゃべりな貫太と同じ人とは。役者さんってすごい。

 今週、大人になって登場したもうひとりが、蔵人の幸吉。あの、綾が酒蔵で落としてしまったかんざしを拾った彼が、ここで出てくるとは。演じる笠松将さん、『岸辺露伴は動かない』での不気味な男の印象が強かったんですが、『らんまん』での幸吉は真面目で実直と、イメージが全然違って、すごくすてき。 そんな幸吉と綾が酒について語り合う姿があまりにお似合いで、これはナイスカップル!と思ったけれど、笠松将さんは先日『あさイチ』にゲストとしてもう出ちゃったんですよね……つまり、幸吉は早めに退場するのでは?と、『あさイチ』出演のタイミングと、ドラマの出番について推測しがちなのが朝ドラ民。

 幸吉の運命も心配ですが、ふたりを陰から見ている、綾に思いを寄せる竹雄が不憫すぎる。「峰屋の綾様」と使用人の竹雄では身分が違いすぎて、どうにもできないことはもちろんわかっているんだろうけれど、「好き」の気持ちは消せないですよね。「好き」が消せないのは、綾も同じ。祖母のタキ(松坂慶子)が選んだ相手に嫁ぐべきなのはわかっているけれど、酒造りへの情熱が消せずに破談にしてしまう。そして、峰屋の当主としてしっかりしなくてはいけないのに、草花への「好き」をつらぬく万太郎。東京の博覧会に峰屋の酒を出品するという話に乗り気ではないタキを次々と言葉を並べ立てて丸め込み、まんまと東京行きをゲットする姿、まさに「好き」を燃料にしたらなんでもできちゃうオタクそのものでした。そしてその出品に「あたしが考えて幸吉に造らせた新しい酒」を載せようと企んだ綾も、なかなかのオタク。この姉と弟、似ていないようで本質はそっくりですよね。弟は草花と会話をして、姉は酒蔵の菌たちの気配を感じている。

 綾の酒はタキに叱られて終わったけれど、万太郎は作戦成功、竹雄と連れ立って、博覧会のために東京へ。一番の目的だった博物館の研究室を訪ね、心の友と慕う野田先生(田辺誠一)と里中先生(いとうせいこう)に会って、思う存分植物の話をして「好き」を爆発させて幸せそう。しかし、東京でもやっぱり竹雄が不憫。思い立ったらどこにでも走って行ってしまう万太郎を追いかけ、万太郎が食べた菓子代を支払い、先生と「友じゃー!」と抱き合う姿を窓の外から見つめる。誰よりも長い時間、万太郎と一緒にいるのに、立場としては当主と使用人。万太郎の「好き」もわかるけれど、それを「言うてください! 酒造り以外遊びじゃと!」と言わなければいけない竹雄の苦悩。毎日気苦労が絶えないけれど、ダークサイドに落ちないでね竹雄。恋に敗れ当主に裏切られた末に、別の酒蔵をつくって峰屋に復讐を誓う、とかやめてね。

 「好き」で暴走しがちな万太郎も、下戸ではあるけれど、峰屋の酒を褒める声を聞けば大喜びできるくらいに、当主としての自覚もプライドもある。竹雄に叱られる前から、自分の「好き」を抑えて、草花については「遊び」にとどめないといけないことも、わかっている。そしてもうひとつ見つけてしまった「好き」の対象、自分を「カエル様」と笑顔で呼ぶ菓子屋の寿恵子(浜辺美波)のことも、忘れないといけないこともわかっている。本当の「好き」も「東京」も、佐川の蔵元の当主の万太郎にはあまりに遠い。自分が好きでしている仕事が、小学生の万太郎に届いていたことを知った野田先生、彼が「こんなにうれしいことはない」と流した喜びの涙。あんなふうに仕事の喜びで泣ける日、仕事と「好き」が結びつく日が、万太郎や綾、竹雄にもいつかくるのだろうか。きてほしいんだけどなあ。

■番組情報
NHK連続テレビ小説『らんまん
[NHK総合] 月~金 8:00-8:15 / 月~金 12:45-13:00(再放送)
[BSプレミアム・BS4K] 月~金 7:30-7:45 / 土 9:45-11:00(再放送)
[見逃し配信] NHKプラス

出演:神木隆之介、浜辺美波、志尊淳、佐久間由衣、笠松将、中村里帆、島崎和歌子、寺脇康文、広末涼子、松坂慶子、牧瀬里穂、宮澤エマ、池内万作、大東駿介、成海璃子、池田鉄洋、安藤玉恵、山谷花純、中村蒼、田辺誠一、いとうせいこうほか
作:長田育恵
音楽:阿部海太郎
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮﨑あおい
制作統括:松川博敬
演出:渡邊良雄、津田温子、深川貴志ほか
プロデューサー:板垣麻衣子、浅沼利信、藤原敬久
植物監修:田中伸幸
制作:NHK
公式サイト:nhk.jp/ranman

渡辺裕子(イラストレーター/コラムニスト)

テレビ大好きイラストレーター。
テレビや映画について書いてるnote → http://note.mu/satohi11

わたなべひろこ

最終更新:2023/04/24 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

盛り上がる夏ドラマ! 今クール一番人気は?

夏ドラマの評判をチェック!
写真
特集

「結いのおと」を成功せた“実行力”

 新型コロナもひとつ一段落し、今年はリアルでのイベントが盛り上がりをみせている。特に人々が待ち焦がれていたのが、音楽フェスだ。日本でフェス文化が一...…
写真
人気連載

大手は沈黙、ジャーナリズムなき出版社

今週の注目記事・第1位「ジュリー前社長が“涙...…
写真
UPCOMING

aimiが語る、日本のR&Bシーンへの想い

 「R&Bシンガー」を名乗って2020年から活動しているaimi。1万4000人が参加した国内大規模のオーディションで準グランプリに輝き、...…
写真