日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 水野美紀vs天海祐希が楽しめる月10ドラマ

『合理的にあり得ない』水野美紀vs天海祐希のバトル! 一方、松下洸平“貴山”の謎は深まり…

『合理的にあり得ない』水野美紀vs天海祐希のバトル! 一方、松下洸平“貴山”の謎は深まり…の画像
ドラマ公式サイトより

 実力派女優が相まみえたからこそ生まれた、ハラハラさせられる女の潰し合い。5月8日に放送された『合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~』(フジテレビ系)の第4話は、主演の天海祐希と、悪徳美容家役の水野美紀による、罵声と酒が飛び交うスリリングな戦いが繰り広げられた。

 元弁護士の女探偵・上水流涼子(天海祐希)が、IQ140の頭脳をもつ貴山伸彦(松下洸平)を相棒に、現代の“あり得ない”敵を“あり得ない”手段で成敗する極上痛快エンターテインメントとなる本作。第4話冒頭は、貴山が父親の病室をお見舞いに訪れる前回ラストからのシーンだったものの、父親が意識不明なままなのには何らかの事件性があることが示唆されたのみで、物語のメインは涼子が探偵業を始めた際の「最初の依頼」を描く過去編だった。

 涼子に初めて依頼を頼んだのは、「美の魔法使い」を名乗る人気美容家・愛原樹里亜(水野美紀)が院長を務める美容クリニックで被害に遭ったという女性、西田真紀(市川由衣)。結婚を控え、額にあるあざを消すために施術を受けたものの、一週間後にはすっかり消えたが、半年後に再びあざが浮かび上がり、前よりひどく悪化してしまった。真紀は樹里亜に被害を訴えたが、クリニックには責任がないの一点張り。警察にも駆け込み、カルテの開示請求もしたが、カルテに問題は見当たらず、刑事責任は問えないと言われてしまった。それでも、元に戻すための費用を樹里亜に支払ってほしいと真紀は諦めない。後輩弁護士によれば、クリニックには悪い噂が絶えず、巧みに隠蔽された悪事を暴けば樹里亜から相当な額の金を引っ張れるという。真紀のためにも依頼を引き受けた涼子だった。

 樹里亜を演じた水野美紀といえば、1990年代から数々のドラマ・映画で活躍してきた人気女優であり、バラエティ番組で見せた“男勝り”な一面でも広く知れ渡ったサバサバ系女優である。樹里亜は、表の顔は気品あふれる「美の魔法使い」だが、涼子が正面から真紀の件を訊ねにいくと、「あなたニュースに出てたでしょ。依頼人ぼこぼこにして逮捕された暴力女弁護士!」とけん制をかまし、「とっとと帰んな。元犯罪者が!」と悪態をつくヤンキー気質な素顔を見せる。金や名声、男への欲をたぎらせ狡猾に生きる樹里亜は、水野のイメージとは相反するキャラクターだが、水野は憎たらしい“涼子の敵”として見事に演じきった。

 涼子は偶然知り合った貴山とタッグを組み、貴山を樹里亜の秘書に応募させる。見事合格した貴山のおかげもあって、樹里亜がカルテには載せていない診療記録を黒革の手帳に記していることが発覚。中身を写真に収めることになんとか成功し、肌が壊死する事例もあるなど裁判沙汰になっている、日本では無認可の新薬「lavan」を使用していたことを突き止める。涼子たちの勝利……かと思いきや、樹里亜は手帳に書いてあるのは「lavan」ではなく「1avan」で、自分のオリジナル美容薬だと言い張る。子どもじみた言い訳だが、物的証拠がない以上、涼子はこれ以上追及できない。樹里亜に「あんたごときじゃ一生私に勝てないの」と勝利宣言をされてしまう涼子だった。

 樹里亜の秘書として忍び込んでいた貴山がこっそり2000万円以上するという高級ネックレスをレプリカにすり替えて盗むという機転を利かせて一矢は報いたが、とても喜べる話ではなかった。調査に時間がかかっている間に婚約破棄をされてしまった依頼人の真紀は、ネックレスを渡す前に自ら命を絶ってしまっていたのだった。涼子が敵に敗北した過去に驚かされた視聴者も多かっただろうが、その敗戦はあまりにもビターだった。

 天海祐希の涼子と水野美紀の樹里亜のバトルが見どころとなった第4話だが、一方で注目を集めたのは、松下演じる貴山の人物像がますます謎めいてきた点だろう。IQ140で恋愛経験ゼロ、裏社会の住人である有田浩次(中川大輔)とは古い友人という設定はこれまでも明かされていたが、「新宿界隈ではかなり顔が利く」という浩次とどういうつながりなのかは、今回も不明なままだった。樹里亜のネックレスをすり替えたことについても、入手先は「ちょっとした知り合いから」とにごし、手慣れた様子だったと指摘されても説明はない。素直に受け取れば、貴山は裏社会と何らかの関わりがある人物だろう。探偵として生きていくために「ダーティなこと」にも手を出さないといけないという涼子が貴山に助手にならないかと誘ったのも、彼の隠された一面に何かを感じた部分もあったのだろうか。そして貴山は、「決して嘘はつかない」と約束していたにもかかわらず、父親の病室にいたことを涼子に伏せていた。貴山はいったい何を隠しているのだろうか。

 第5話は過去から現在に戻り、涼子にとって「二度と思い出したくない」樹里亜が依頼人になるというまさかの展開。殺害を予告するような脅迫状を手にし、身を守ってほしいというのだ。予告映像には犯人らしき黒ずくめの人物も映し出されているが、死んだはずの西田真紀が犯人ではないかと筆者は推理する。真紀を演じる市川由衣は、2014年公開の主演映画『海を感じる時』での体当たり演技も話題を呼んだ実力派女優であり、こんな短い出番でフェードアウトするとは考えにくい。自身の死を偽装してまで樹里亜に復讐しようとしても不思議ではないし、涼子が“宿敵”である樹里亜の依頼を受けることになるのも、そのあたりを察したからではないだろうか。今夜放送の第5話は第4話以上にさらにスリリングな展開となりそうだ。

■番組情報
月曜ドラマ『合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~
フジテレビ系毎週月曜22時~
出演:天海祐希、松下洸平、白石聖、中川大輔、丸山智己、仲村トオル ほか
原作:柚月裕子『合理的にあり得ない 上水流涼子の解明』(講談社文庫)
脚本:根本ノンジ
音楽:眞鍋昭大
主題歌:ざきのすけ。「彼は誰どき」(ソニー・ミュージックレーベル)
プロデューサー:萩原崇、清家優輝
演出:光野道夫、二宮崇、倉木義典
制作協力:ファインエンターテイメント
製作・著作:カンテレ
公式サイト:ktv.jp/arienai

東海林かな(ドラマライター)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

しょうじかな

最終更新:2023/05/15 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|テレビ・エンタメ・お笑い・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

秋ドラマ後半戦! 視聴率、忖度なし全話レビュー更新

『下剋上球児』『ONE DAY』『ブラックファミリア』…最新情報
写真
インタビュー

難関のFP1級を目指すサバンナ八木の夢

 続く物価上昇に給料アップは追いつかず、個人...…
写真
人気連載

晩年の家康が寵愛した側室たち

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

明石家さんまは「発光体」なのか?

「いちばん最初、生でさんまさん見たとき、オーラ出まくりというか……」  2日に放送されたラジオ『川島明 そもそもの話』(TOKYO FM)に、元・雨...…
写真