日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 自由すぎるアイドル卒業後の進路

竹内朱莉は卒業後、書道の道へ アンジュルムメンバーの自由すぎる卒業後の進路

竹内朱莉は卒業後、書道の道へ アンジュルムメンバーの自由すぎる卒業後の進路の画像1
竹内朱莉Instagram(@akari_takeuchi.official)より

 6月21日に横浜アリーナで開催されるハロー!プロジェクトの10人組グループ・アンジュルムのコンサートのチケット抽選が、あまりにも“落選祭り”になっていると、阿鼻叫喚の様相を呈している。

『ANGERME CONCERT 2023 BIG LOVE 竹内朱莉 FINAL LIVE「アンジュルムより愛をこめて」』とのタイトルで行われるこの公演は、リーダー・竹内朱莉の卒業ライブにして、アンジュルムとして初の横浜アリーナ公演。ファンクラブのチケット抽選の結果が5月9日に発表されたが、ネット上では“落選”を報告し、悲しみに打ちひしがれるファンが続出した。

「アンジュルムにとっては過去最大規模のコンサートですが、竹内さんの卒業公演ということもあり、横アリクラスの会場ではあまりにもは小さすぎたということでしょう。

 最近はメンバーの上國料萌衣さんはモデル仕事やバラエティー番組で活躍する機会も増え、“新規ファン”が激増中ですからね。特に女性ファンが急激に増えていて、コンサートの観客は半数以上が女性ということも多いようです」(アイドル誌ライター)

 女性に支持される女性アイドルグループとなっているアンジュルム。そうなった背景には、初代リーダーである和田彩花の影響もあるという。

「和田さんは、アンジュルム時代から“アイドルのあり方”について持論を披露する機会も多く、卒業後はソロアイドルとして活動する傍ら、ジェンダー問題に関する発信も積極的で、アクティビスト的な側面も強い。アンジュルムは、和田さんのリーダー時代からメンバーの個性を尊重する方向性を持っていて、竹内リーダーに移行したあとも、その精神がしっかりと受け継がれているんですよね。

 オーソドックスな女性アイドルグループというと、“大人のプロデュース”を受けて、少なからず男性ファンを意識したスタイルになることが多いのですが、アンジュルムの場合、何よりもメンバーそれぞれの個性や主張がしっかり出ているんです。K-POPで言うところの“ガールクラッシュ”を、日本のアイドル界で体現していると言ってもいいでしょう」(同)

 4月には明治神宮外苑の聖徳記念絵画館で竹内朱莉の書道展『煌々舞踊』が開催された。竹内は卒業後、書道家としての活動を本格化する。

「和田さんや室田瑞希さんのように、ソロで音楽活動を続ける卒業メンバーがいる一方で、竹内さんのように音楽活動だけにとらわれないメンバーがいるのも、アンジュルムらしいですね。舞台女優として活躍する田村芽実さん、ファッションブランド『PoFF』のディレクターを務める勝田里奈さん、モデルとして活躍する相川茉穂さんなど、活動の場は各分野に広がっています。

 その一方で、『METAMUSE』の巫まろさんや、『Youplus』の中西香菜さんのように、ハロプロから飛び出して別グループで活動する卒業メンバーがいるのも、アンジュルムらしい自由な動きです」(同)

 現役メンバーも卒業メンバーも、自分の個性を強みにして活動することで、女性の共感を得ていると言えそうなアンジュルム。グラビアに対するスタンスも特徴的だ。

「これはアンジュルムだけでなく、ハロプロ全体で言えることなんですが、水着グラビアをやるかどうかは、自分の意志で決められるそうです。写真集のオファーがあっても、本人が水着をやりたくならやらないし、やりたいならやる、ということになっている。

 アンジュルムでは、竹内さんが以前から“絶対に水着のグラビアはやらない”と公言していました。卒業にあたって、アンジュルムのファンであることを公言している蒼井優さんと菊池亜希子さんの2人が編集長を務める写真集『roundabout』(ワニブックス)が発売されるんですが、そこでも水着のカットはないようです。

 ただ、水着グラビアをやらないメンバーがいる一方で、もちろん水着グラビアを挑戦するメンバーもいます。どちらかの意見だけに偏らず、相反する意見であってもそれぞれ尊重されるのが“アンジュルムらしさ”ということなんだと思います」(同)

 いろいろな意見を受け入れて、メンバーぞれぞれの個性を存分に活かしていくアンジュルムは、まさに今の時代にフィットした女性グループということなのかもしれない。

 

田井じゅん(エンタメウォッチャー)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

たいじゅん

最終更新:2023/05/13 19:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed