日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『ペントレ』山田裕貴と赤楚衛二のバランス

『ペンディングトレイン』山田裕貴”直哉”と赤楚衛二”優斗”、支え合う強さと弱さの絶妙なバランス

『ペンディングトレイン』山田裕貴”直哉”と赤楚衛二”優斗”、支え合う強さと弱さの絶妙なバランスの画像
ドラマ公式サイトより

 電車の一部車両が車両ごと荒廃した世界にワープし、乗客たちが極限下を懸命に生きる姿を描くヒューマンエンターテインメント作品となるTBS系金曜ドラマ『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』。5月12日に放送された第4話は、負傷した大学院生の加藤祥大(井之脇海)を助ける過程で乗客たちの結束が固まる様子が描かれる中、山田裕貴が演じる直哉の「強さ」と赤楚衛二演じる優斗の「弱さ」の対比が描かれ、本作の新たな魅力に気づかされた。

 第3話のラストで何者かに襲われ、腹部から出血して倒れている加藤を、美容師の萱島直哉(山田裕貴)と消防士の白浜優斗(赤楚衛二)が発見するところから始まった第4話。まずは出血を止めなければと、傷口を縫合しようと提案する直哉に対し、これまでリーダーシップを取ってきた優斗は、麻酔もなければ医者もいないことから決断できず、何かあったら責任が取れないとまごつく。このまま放置したところで助からないと判断した直哉は、裁縫道具をつかって縫うことを決断。加藤と親しくなっていた米澤大地(藤原丈一郎)が、加藤が植物に関する知識をノートに書き残していたことを思い出し、乗客総出でヨモギやドグダミ、アオキといった薬草を探し出したことで、加藤は一命を取り留めた。友人がいないことにずっと悩んでいた加藤は、米澤たちが自分を助けるために奔走したことを知り、涙する。

 5号車の乗客の結束が深まる中、彼らをめぐる状況も大きく変化していった。加藤の命が救われたことで、改めて何者かに襲われるかもしれないという危機意識を抱いた乗客たち。自分勝手な問題行動の数々から車両からひとり離れて暮らしていた田中弥一(杉本哲太)が警備会社の社員で防犯の知識があることに気づいた優斗は、彼を再び呼び寄せ、不審者対策に呼子や罠を全員でつくることに。するとひとりの少年(小谷興会)が罠にかかる。優斗と畑野紗枝(上白石萌歌)が追いかけると、川にぶつかる。少年から「お母さん呼んでくるから、待ってて!」と懇願され、2人は川辺で待つことに。なかなか戻ってこないと様子を見に来た直哉が合流したところで少年が戻ってくる。少年に案内されてたどり着いた先は、村のような場所だったが、奥にはかなり古びた様子の6号車が。そこで直哉たちを出迎えたのは、6号車の乗客らしき人物たちだった――。

 2023年の世界を知る視聴者には、突然消失したのが5号車と6号車であることがわかっていたが、これまで6号車の人間たちは姿を見せなかった。5号車に比べて明らかに”文明的”な生活を送っている様子だが、6号車の車両の状態を見るかぎり、5号車の人間たちよりもずっとこの謎の山奥で暮らしてきたのだろうか。

直哉と優斗、それぞれの強さと弱さの絶妙なバランス

 最後に新展開を見せた『ペンディングトレイン』だが、第4話の中心となったのはやはり直哉と優斗の関係性だろう。

 最初は誰を信用することもなく、優斗に対しても厳しい言葉を浴びせていた直哉だったが、第3話で優斗のやさしさに触れ、リーダーシップを執る優斗のサポート的な役回りをするようになり、また米澤たちと屈託なく笑う場面もあるなど、他の乗客との関係も良好に。第4話ではネイリストの渡部玲奈(古川琴音)にせがまれる形で髪をカットし、美容師としての本領を発揮。それを見た乗客から次々にヘアカットを頼まれるなど、すっかり打ち解けていた。

 一方の優斗は、加藤の傷口の縫合を決断できなかったにもかかわらず、加藤に「命の恩人」と感謝されたことに負い目を感じる。火起こしなどに重宝していたライターのオイルも残りわずかとなり、もっと役に立ちたい。そうじゃないと俺は……」と焦る優斗は火起こしをしようとするが、うまくいかない。6号車の少年を待っている間、優斗は過去について語り始める。自身の過去を思い出す。消防士の優斗は、かつて火災現場で先輩隊員・高倉康太(前田公輝)に半身不随の重傷を負わせてしまっていた。

 直哉は「それはさ、ただの事故だろ?」「お前の仕事には付き物の、業務上の事故だろ」と慰め、紗枝も「ここではみんな白浜さんに感謝してます。一生懸命引っ張ってくれて」「白浜さんはみんなの支えだと思います」と励ますが、優斗は「俺はそんな立派じゃない」「やめてくれよ、そういうの!」と感情を爆発させる。高倉が重傷を負ったのは、優斗のミスによるものだった。それも、消火用ホースの結合をミスし、この失敗を挽回しようとした優斗が高倉の制止も効かずに扉を開け、バックドラフトを起こしたのだった。しかし高倉は優斗の無断の行動を上に報告せず、優斗はその状況に甘んじて黙ってしまった己の卑怯さを悔いていた。

 自分は立派な男じゃないと繰り返しながら火起こしを続ける優斗。紗枝は傷だらけの優斗の手に絆創膏を貼ってやりながら、自分も生徒に無視されるような教師だったと言い、「でも、もう過ぎたことです。今を大事にしましょう。過去を変えることはできないけれど、今ここで火をつけることはできる。未来を信じましょう」と語り掛ける。そして直哉も火起こしを手伝いながら「これ、俺はやらないよ。手が傷だらけになったら、髪切れないからな。お前ができるようになって、俺は他のことをやって、そうやって協力し合う。ひとりで背負うな。“俺ら”でやってくんだよ」と伝える。そして優斗はとうとう火起こしに成功し、優斗と直哉は思わず抱き合って喜ぶのだった。

 延々と火起こしをする優斗は「優しく頼れるリーダー」だった第3話までと打って変わり、痛々しくさえ見えた。苦悩あふれる本音を吐露し、直哉と紗枝に励まされるシーンは弱さを抱える若者そのもの。“リーダー”優斗の抱えるギャップは想像以上に深く、重いが、それを引き上げてくれる直哉と紗枝の存在が今後の人生を好転させるきっかけになることを信じたい。

 第2話までは考え方があまりに違うあまりいがみ合う直哉と優斗だったが、自然と抱き合うまでに至った。また、これまでリーダーシップを執ってきた優斗に代わり、直哉は回を追うごとに「主人公」らしい強さが見られるように。直哉の秘められた強さと優しさは、希望を失いがちな乗客の心の支えになっていきそうだ。そんな2人がこれまで隠してきた弱さと強さが互いを支え合い、協力して行った火起こしを成功させ、抱き合って喜ぶ……。山田裕貴と赤楚衛二が演じてきたものがひとつの到達点にたどり着いたような、本ドラマにおける屈指の名シーンと言えるだろう。本作の脚本は、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』(2015年)にも関わり、『中学聖日記』(2018年)や『恋はつづくよどこまでも』(2020年)などを手掛けてきた金子ありさ。人間の心の機微を描くのがうまい金子脚本が、直哉と優斗の絶妙なバランスを生んだ。

 第4話放送直後には、6号車の中心人物となる乗客のキャストが発表されたが、西垣匠演じる加古川辰巳は、加藤が襲われた後に走り去った人物に背格好が似ており、存在自体が不穏だ。6号車の乗客たちは、はたして敵か味方か。直哉が見つけた、夜に光る物質は何なのか。次回予告では「6号車は帰る方法を知っている!?」というテロップも踊る。物語は大きく展開しそうな第5話は今夜22時放送だ。

■番組情報
金曜ドラマ『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と
TBS系毎週金曜22時~
出演:山田裕貴、赤楚衛二、上白石萌歌、井之脇海、古川琴音、藤原丈一郎(なにわ男子)、日向亘、片岡凜、池田優斗、宮崎秋人、大西礼芳、村田秀亮(とろサーモン)、金澤美穂、志田彩良、白石隼也、濱津隆之、坪倉由幸(我が家)、山口紗弥加、前田公輝、杉本哲太、松雪泰子 ほか
脚本:金子ありさ
音楽:大間々昂
主題歌:Official髭男dism「TATTOO」(ポニーキャニオン/IRORI Records)
プロデューサー:宮﨑真佐子、丸山いづみ
演出:田中健太、岡本伸吾、加藤尚樹、井村太一、濱野大輝
製作:TBSスパークル、TBS
公式サイト:tbs.co.jp/p_train823_tbs

東海林かな(ドラマライター)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

しょうじかな

最終更新:2023/05/19 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真