日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 田村真子アナの浅倉南モノマネ

田村真子アナ『ラヴィット』での全力、浅倉南モノマネが物議 

田村真子アナの全力、浅倉南モノマネが物議 の画像1
田村真子アナウンサー(TBSアナウンサー紹介ページより)

 朝のバラエティ番組『ラヴィット!』(TBS系/毎週月曜~金曜あさ8時)に出演中の田村真子アナウンサー、大人気な彼女の先週の活躍をまとめました!

5月30日(火)『ヤンマガ』グラビアがカルタのネタになる

 足つぼマットの上を渡って札を取りに行く『足つぼカルタ対決』に、火曜メンバーが挑戦。

 カルタは同番組オリジナルのもので「ヤンマガの 表紙を飾る 田村真子」と読まれると、ミキの亜世が田村アナが雑誌を持ち微笑んでいる絵札をゲット。田村アナは「ありがとうございまーす。ありがとうございます。ははははは」と照れ臭そうに笑っていました。

 田村アナは22日発売の『週刊ヤングマガジン』25号(講談社)で人生初の表紙を飾り、雑誌からも「日本一の明るさをお届け」しました。田村アナのインスタではアナザーカットを見ることができます。

5月31日(水)アニメ「タッチ」の浅倉南モノマネがかわいすぎ

「今日は声優の日髙のり子さんのお誕生日です」と紹介した田村アナ。「M」のマークの野球帽を被ると少し屈んで上目遣い。「甲子園連れてって」と可愛い声でアニメ・タッチの浅倉南の台詞を再現しました。

 ひな壇からは「かわいい。似合う」「マネージャーみたい」「キャップアナ!」と次々と声が飛び「キャップアナ?」と、そのフレーズだけには少し嫌そうな顔をしていました。

 視聴者からは「田村アナの南ちゃん再現のクオリティがひどいw」「まってw急に浅倉南やりだす田村アナwwかわいいけどw」といじられていました。

 また、ボタンを押すのが遅いと電流が流れる『ビリビリショックボックス』では、急遽メンバーを変えて対決することに。川島が参加するとその流れで名前を呼ばれた田村アナは「えーーー!!」と嫌な顔をしたものの、すぐに付けていた指輪を外してスタンバイ。

 潔い姿を見せていました。

 アニソンイントロが得意というなすなかにし・中西とのイントロクイズ対決では、正解すると「イエーイ!」と大きな声で喜ぶとその場で小躍り。おおはしゃぎする姿が「田村真子の喜びよう可愛い」と評判です。

6月1日(木) あわや放送事故に「あぶないあぶないあぶない」

 芸人のミスター大冒険。が、10秒で着ている服を全部パンツの中にしまうという早業を披露。成功したものの、カメラが横からの画角に切り替わると、パンツの隙間から股間が今にも見えそうに。

 田村アナは大慌てで視線を逸らしつつ「あぶないあぶないあぶない」とリアクション。またもう1人も挑戦し、成功すると涙を拭って大爆笑していました。

6月2日(金) 今回は一発ギャグをまぬがれてしまう。

 この日は罰ゲームが一発ギャグの対決にも参加。なんなくクリアして罰ゲームを逃れられましたが、過去には負けて渾身の一発ギャグを披露したことも。その時は全力で「ぃやぁっとぅー!」とインディアンズ・田渕のギャグをやり切っていました。

……先週もリアクションが全力で、可愛らしい田村アナでした。雑誌の表紙も飾り活動の幅を広げ、人気も高まっています。今週はどんな活躍をするのでしょうか!

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

おおさわのやちよ

最終更新:2023/06/05 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed