日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『ラストマン』TVer人気で『教場0』に逆転
TVerドラマ人気ランキング

『教場0』失速で『ラストマン』が逆転! 『あなして』独走…TVerドラマ人気ランキング

『教場0』失速で『ラストマン』が逆転! 『あなして』独走…TVerドラマ人気ランキングの画像
『ラストマンー全盲の捜査官ー』Paravi配信ページより

 在京民放キー局5社を中心として2015年10月に始まったTVer。参加局、取り扱う番組も増え、2023年3月には月間動画再生数が初めて3億回を突破し、TVer単体の月間アクティブユーザー数(MAU)も2739万の最高記録に達し、同4月にはアプリ累計ダウンロード数が6000万を超えるなど、もはや定番のサービスとなった。今や「見逃し配信」は当たり前となったが、やはりTVerではドラマが圧倒的に見られており、ドラマの見逃し配信需要がこのサービスを牽引していると言えるだろう。

 しかしTVerにおける再生回数は基本的に非公表で、期ごとの番組再生数ランキングなどで一部が明らかになるか、あるいは新記録を打ち立てた時などに番組側が発表する程度。そのため、視聴率をもって番組が語られてしまう状況が長らく続いている。

 そこで、TVer再生数ランキングの総合ランキングを定点観測することで、視聴率とは違ったドラマ人気をある程度は可視化できるのではないか、と考えたのが本企画だ。総合ランキングでの順位に対しポイントを付け、合計した結果から日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」をご用意した。今週は6月3日(土)~6月9日(金)までを観測(1日2回、決まった時間にTVer総合ランキングをチェック)した結果をお伝えする。

『教場0』伸び悩みで『ラストマン』が3位逆転

 今回の結果は以下のとおり。

『教場0』失速で『ラストマン』が逆転! 『あなして』独走…TVerドラマ人気ランキングの画像2

 奈緒主演のフジ木曜劇場『あなたがしてくれなくても』の強さは変わらず、今週もTVer再生数ランキング総合部門での最低順位は8位とトップ10に君臨し続け、8週連続1位に。トップ5滞在期間は4日以上と変わらず圧倒的で、このまま独走できるか。なお6月1日放送の第8話の見逃し配信は番組最高記録となる441万回再生となり、累計3200万再生を突破と、実際に再生数も圧倒的だ。

 橋本環奈×山本涼介のTBS火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』は6月4日にお気に入り登録者数でついに『風間公親-教場0-』を抜くなど先週は勢いがあったが、今週はややペースダウン。『あなして』との差は先週は9ポイント差まで縮めたが、今週は25ポイント差と再び広がった。とはいえTVer総合ランキング最低10位とこちらもトップ10をキープし続けており、2位の座が揺らぐことはまずなさそうだ。

 落ち着きを見せ始めていた3位争いは、ふたたび異変。先週まで3週連続で木村拓哉主演のフジ月9『風間公親-教場0-』が3位の座をキープしてきたが、ここにきて前週比23ポイントダウンとなり、代わりに前週比13ポイントアップとなった福山雅治×大泉洋のTBS日曜劇場『ラストマンー全盲の捜査官ー』が逆転。実は本人気ランキングで『ラストマン』が3位まで上昇したのはこれが初めて。

 『ラストマン』はTVer総合ランキングでのトップ10滞在期間が先週よりわずかに伸びているのに対し、『教場0』はトップ10滞在期間が丸1日減少。最低順位も『教場0』は先週11位とかなり好調だったのが、今週は最低13位と下がっており、伸び悩みが感じられる。『教場0』は終盤に入ったものの、もっとも気になる千枚通しの事件になかなか進捗が見られず、若手刑事のメンタル指導のパターンが続いているのが要因か。逆に『ラストマン』は後半戦に差し掛かり、皆実(福山雅治)の過去や狙いがはっきりしてきたのに加え、木村多江が元妻役で登場するなど日曜劇場らしい華やかなキャスティングも魅力か。11日放送の第8話はSixTONES・京本大我がバスジャック犯役で登場するため、さらに勢いを伸ばすかもしれない。

 引き続き5位~11位は基本的に動きがないが、高畑充希×田中圭のテレ朝火曜ドラマ『unknown』が前週比10ポイントダウンとなり、坂口健太郎『Dr.チョコレート』と同率7位となったのは少々気になる。『unknown』はついに連続殺人犯の正体が明らかになり、盛り上がりどころのはずなのだが、ほとんどの視聴者の予想どおりの展開で驚きがなく、主人公の行動に納得感がないためか、どうも盛り下がっているようだ。

 山田裕貴×上白石萌歌×赤楚衛二のTBS金曜ドラマ『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』も低迷が続いていたが、前週比13ポイントアップと回復傾向にあり、天海祐希×松下浩平『合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~』と1ポイント差にまで迫った。『ペンディングトレイン』はやや展開が緩慢だったが、6月2日放送の第7話でタイムワープの謎が明らかになり、9日放送の第8話でいよいよ元の世界に戻れそうという展開となってきたことで盛り上がってきたか。

 12位は先週に続き高橋海人×森本慎太郎の日テレ日曜ドラマ『だが、情熱はある』で、先週も前週比32ポイントアップと上昇していたが、今週も前週比25ポイントアップと勢いがある。TVer総合ランキングの推移を見てみると、先週に比べ、トップ3滞在期間がわずかに伸びている。4日放送の第9話でいよいよオードリーが『M-1』に挑み、あのズレ漫才を完全再現してみせたことや、オードリーの解散危機を救った恩人、「リーダー」こと渡辺正行が本人役で登場するなど、間違いなくストーリーが盛り上がってきている影響だろう。視聴率もわずかだが上昇傾向にある。ドラマは全12話で25日が最終回となることが発表されており、ここからどこまで上昇していくのか注目だ。

 13位以下では、1週休み(5月26日は放送休止)となった福士蒼汰のテレ東ドラマ8『弁護士ソドム』が15位に戻ってきたのもトピックだが、清野菜名×岸井ゆきの×生見愛瑠(めるる)のテレ朝日曜ドラマ(ABC制作)『日曜の夜ぐらいは…』の伸び悩みが気になるところ。先週、『だが情』の勢いに押されて前週12位から13位にダウンしたばかりだが、今週は前週比9ポイント減少で14位へ。TVer総合ランキングの推移を見ると、トップ30圏外の期間が増えており、先週まではトップ30滞在期間は5日以上あったものの、今週は4日に留まっている。『弁護士ソドム』との差はまだ大きいため15位に転落することはなさそうだが、今後の推移次第では可能性はゼロとは言えないだろう。今期から始まった新枠だけに、健闘を期待したい。

〈前回のランキングはこちら〉

新城優征(ライター)

ドラマ・映画好きの男性ライター。俳優インタビュー、Netflix配信の海外ドラマの取材経験などもあり。

しんじょうゆうせい

最終更新:2023/06/10 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed