日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『合理的にあり得ない 』続編に続く?

『合理的にあり得ない』天海祐希×松下洸平バディ集大成の最終回も…続編に続く?

『合理的にあり得ない』天海祐希×松下洸平バディ集大成の最終回も…続編に続く?の画像
ドラマ公式サイトより

 天海祐希主演のカンテレ・フジテレビ系ドラマ『合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~』。暴行事件を起こして弁護士の資格を失った女探偵・上水流涼子(天海祐希)と、IQ140の頭脳をもつ貴山伸彦(松下洸平)の異色のバディコンビによる物語は、6月26日に幕を閉じた。凸凹バディの集大成にして「極上痛快エンターテインメント」の原点回帰といえる最終回だっただろう。

 本作は、私立探偵が“あり得ない”悪を成敗する痛快エンタメでありつつ、裏テーマとして「心の傷」があったように思う。

 主人公の涼子は、記憶にない暴行事件によって1年前に弁護士としての富と名声、そして法を司る者としての命でもある信用を失っただけでなく、なぜ「椎名レンズ」社長の椎名保(野間口徹)を公衆の面前で殴り続ける凶行を起こしてしまったのか、自分でもまったく覚えがないという苦しみを抱えていた。相棒の貴山もまた、父親が突如、母と妹を殺した「容疑者」として植物状態となってしまい、謎に包まれた真相に苦しめられながら、「容疑者の息子」としてまっとうに働けなくなり、裏社会でしばらくその手を汚すことになった。貴山は涼子とタッグを組む中で、父親にずっと抱いてきた恨みや怒りが誤解だったことを知る。そして、第10話では涼子に暴行事件を引き起こさせた後催眠暗示をかけたのが貴山であることがわかるが、ずっと悔やんできた貴山の心からの謝罪を涼子は受け入れ、2人は事件の真相解明を決意する。第1話と比べると、軽口を言い合う、つかず離れずの関係性は一見変わっていないように見えるが、その奥にある目には見えない2人の絆は、間違いなく強固になった。

 そして最終話は涼子の過去に決着を着ける展開になったが、諫間久実(白石聖)の中にある父親への複雑な思いもまた、テーマとしてあったのかもしれない。涼子に催眠をかけるよう指示したのは、久実の父親である総合商社社長・諫間慶介(仲村トオル)だった。涼子を慕い、上水流エージェンシーで働きたい久実にとって、涼子と諫間の犬猿の仲は解決したい問題だったが、そもそも2人が仲たがいしたきっかけとなる暴行事件そのものに諫間は関わっていたのだ。

 前回、貴山の“闇バイト”時代のボスである氷川玲児(阿部亮平)を取り逃してしまったが、氷川は椎名を拉致・監禁。第1話では貴山が悪徳ブローカーに監禁されハラハラしたものだが、今回は時限爆弾付きとその比ではないが、ダチョウ俱楽部のネタが差し込まれるなど、いつも以上に“平常運転”の涼子&貴山タッグが椎名の救出に成功する。

 そして事の真相がついに明らかに。天体望遠鏡のレンズをつくっていた椎名レンズ社長の椎名は2年前に特殊なレンズの開発に成功したことで、「3776計画」というプロジェクトに巻き込まれていた。諫間は、小さな町工場に過ぎない椎名レンズとの合併話を持ち掛けてまでも、さらなるレンズ開発を椎名に要求。それを熱意と受け取った椎名は引き受けるが、諫間は頑なにレンズの用途を明かさない。不安に思った椎名はそこで「3776計画」という極秘資料を諫間のデスクの上で発見。そこで当時、諫間グループの顧問弁護士だった涼子に「3776計画」について尋ねようとしたところ、涼子の暗示が発動し、暴行事件に発展したのだった。

 涼子たちは諫間のPCを探り、軍事転用できるドローンのパーツ開発に関わっていたことを知る。椎名のレンズはこのドローンの完成に必要不可欠だったのだ。会社の業績が悪化していた諫間は、「S・インダストリー」という企業からの提案を受け入れ、軍事転用目的であることを理解していながら、このドローンのパーツをS・インダストリーに納品するビジネスに手を染めようとしていたのだ。そして、このプロジェクトを進めるには、正義感の強い顧問弁護士の涼子が「大きな障害」になるが、顧問弁護士を社長の独断で解雇はできないと諫間がS・インダストリー側に伝えると、自分たちに任せてほしいと言ってきた。真の黒幕はS・インダストリーの「ミスター・S」なる謎めいた人物であり、諫間はその傀儡に過ぎなかったことが明らかになる。

 諫間は第2話の時点で怪しいキャラクターではあったが、推理もの・サスペンスものには、最初から視聴者に疑われる人物は“シロ”という通説がある。それだけに諫間が“クロ”という安直な展開はないかと思われたが、“クロ”でありつつ、やはり真の黒幕は別に存在した。

 涼子と貴山は、諫間が上水流エージェンシーに仕掛けていた盗聴器を逆に利用して諫間をはめる。そして娘の久美がプレゼントしたラペルピンにGPSを仕掛けてあるという“定番”の方法で諫間の居場所を掴み、貴山の超絶頭脳による“トラップ”で諫間を騙し、「人間的にあり得ない」諫間に罪を告白させる。諫間は外為法違反で逮捕されるが、真の黒幕たる「ミスター・S」は謎に包まれたままエンディングを迎えたことから、史上最も「あり得ない」敵として涼子の前に再び立ちはだかる続編へと続く……という可能性も十分にあるのではないだろうか。そのときは、涼子から「どこからでも這い上がれるって信じてる」と言われていた諫間が強力な味方になるかもしれない。

 久美は父・諫間の悪事にショックを受けるが、上水流エージェンシーに盗聴器を仕掛けていたのは、涼子の動向を探るためではなく、愛する娘が危険なことに巻き込まれるのを避けたいがためではないか、という貴山の指摘に、「久美が生きてるなら、それでいい」と最後に話していた父親の優しい表情を久美は思い出す。ずっと諫間に反発していた久美もまた、父親の真意を知って乗り越えたものがあっただろう。

 今回の件で涼子は身の潔白を証明することもできたわけだが、法曹界には戻らず、このまま探偵を生業にするようだ。上水流エージェンシーでの時間は、貴山の凍り付いていた心の雪解けをうながしただけでなく、涼子に仲間と尊さを再認識させたと思える。最後のキャストクレジットからして、ミスター・Sを演じていたのは佐野史郎だったと見られるだけに、いかにも涼子と貴山らしい終わり方を含め、合理的にあり得ない採算度外視の探偵活動がまた近いうちに見られることを期待したい。

■番組情報
月曜ドラマ『合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~
フジテレビ系毎週月曜22時~
出演:天海祐希、松下洸平、白石聖、中川大輔、丸山智己、仲村トオル ほか
原作:柚月裕子『合理的にあり得ない 上水流涼子の解明』(講談社文庫)
脚本:根本ノンジ
音楽:眞鍋昭大
主題歌:ざきのすけ。「彼は誰どき」(ソニー・ミュージックレーベル)
プロデューサー:萩原崇、清家優輝
演出:光野道夫、二宮崇、倉木義典
制作協力:ファインエンターテイメント
製作・著作:カンテレ
公式サイト:ktv.jp/arienai

東海林かな(ドラマライター)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

しょうじかな

最終更新:2023/06/27 19:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

盛り上がる夏ドラマ! 今クール一番人気は?

夏ドラマの評判をチェック!
写真
特集

「結いのおと」を成功せた“実行力”

 新型コロナもひとつ一段落し、今年はリアルでのイベントが盛り上がりをみせている。特に人々が待ち焦がれていたのが、音楽フェスだ。日本でフェス文化が一...…
写真
人気連載

映画『バーナデット 』主題よりも…

ハッピーエンド、だが……  ごくシンプルに言...…
写真
UPCOMING

aimiが語る、日本のR&Bシーンへの想い

 「R&Bシンガー」を名乗って2020年から活動しているaimi。1万4000人が参加した国内大規模のオーディションで準グランプリに輝き、...…
写真