日刊サイゾー トップ > エンタメ > YouTuber  > にじさんじ卒業後たった4日で「転生」?

にじさんじ卒業後たった4日で「転生」? 毒ヶ衣ちなみ、もう5万人超

にじさんじ卒業後たった4日で「転生」? 毒ヶ衣ちなみ、もう5万人超の画像1
毒ヶ衣ちなみ 公式YouTubeチャンネルより

 新人VTuber・毒ヶ衣ちなみが6月25日、YouTubeで初配信を実施。21日をもって大手VTuber事務所・にじさんじを卒業したVTuberと「声がそっくり」と話題だ。

 「【初配信】無名【新人Vtuber】」と題した配信で、毒ヶ衣は3000円で購入したという汎用モデルで配信を実施。まだ正式なモデルが完成していないため、「先生」をモチーフにしたラフ画を公開するに留まったが、「10月頃受肉(キャラクターアバターを得ること)予定」だという。

 その後も連日、麻雀ゲームなどの配信を行っている毒ヶ衣だが、“中の人”が顔出しするスタイルで活動していくとのこと。毒ヶ衣と、その中の人である“ゆめの”はTwitterアカウントが分かれており、それぞれで告知を行っている。

 すでに5万人を優に超えるチャンネル登録者数を獲得している毒ヶ衣だが、デビュー早々に注目されている理由は、炎上騒動による活動休止経て、つい先日にじさんじを卒業したVTuberによる“転生”後であると指摘されているため。

 そんな毒ヶ衣は、初配信でモデルのラフ画を披露しながら「ずっと前から動いてたんですけど」と発言。どうやら大手事務所に所属しながら、転生に向けた準備を進めていたようだ。

 ネット上では「転生するの早すぎ(笑)」とツッコミが相次いでいるほか、「彼女のキャラ的に、大手事務所にいないほうが合ってる」「彼女は個人でやったほうが絶対面白い」と現在の活動スタイルに好意的な声が寄せられている。

 加えて、大手事務所に所属するYouTuberや、不祥事を起こした芸能人と比較し、「VTuberって問題起こしても、すぐに転生できていいな」と皮肉めいた意見も見られる。

 転生といえば、歌い手・まふまふとの交際疑惑から騒動に発展し、昨年2月にカバーから契約解除されたホロライブ3期生・潤羽るしあも、中の人とされる“みけねこ”が同4月にLive2Dモデルを披露。

 現在も精力的に活動しており、「めざせ100万人」を目標に掲げるYouTube「みけねこch」のチャンネル登録者数は、すでに83.5万人まで増えているようだ。

 また、権利関係上、事務所を移籍すると転生せざるを得ないと言われてきたVTuber業界だが、今年2月には風穴を開けるような出来事も起きている。

 「774inc.」に所属していた小森めとが、名義やアバター、YouTubeチャンネルなどをそのまま引き継ぐ形で「ぶいすぽっ!」へ移籍。当時、こうしたケースが増えることを願うVTuberファンの声が相次いだ。

 早くも、くだけたトークが「やっぱり面白い」と評判の毒ヶ衣。転生前は、行き過ぎた発言がたびたび炎上していたようだが、今後は果たして……。

仲宗根由紀子(エンタメ系ライター)

芸能誌の編集を経て、現在は国内・国外ドラマレビューを中心に執筆するライター。人気俳優のインタビュー経験多数。

なかそねゆきこ

最終更新:2023/06/30 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed