日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 芦田愛菜頼みになりそうなテレビ業界

芦田愛菜はやっぱり別格! 7年ぶり連ドラも大絶賛でテレビ業界は「芦田プロ」頼みに?

芦田愛菜はやっぱり別格! 7年ぶり連ドラも大絶賛でテレビ業界は「芦田プロ」頼みに?の画像
芦田愛菜(Getty Imagesより)

 松岡茉優主演の日本テレビ系土曜ドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』の第1話が7月15日に放送され、芦田愛菜の号泣演技が大反響を呼んでいる。

 同ドラマは、菅田将暉主演で大きな反響を呼んだ同局の『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』を手がけた福井雄太プロデューサーと鈴木勇馬監督が再タッグを組んだ学園ドラマ。日本テレビ系連続ドラマ初主演となる松岡は鳳来高校3年D組の担任教師を演じるが、卒業式の日に「担任生徒の誰か」に突き落とされるというところで1年前の始業式の日に時間が巻き戻り、“2度目の人生”を通して生徒の再教育を試みるという内容だ。

 芦田は、3年D組の女子生徒・鵜久森叶(うぐもり・かなう)を演じている。真面目な優等生だが、クラス全員からいじめのターゲットにされてしまうという役どころで、初回から繰り広げられたクライマックスのような展開と、6分に及ぶ長尺セリフで視聴者を魅了した。

 芦田は昨年3月放送の単発ドラマ『エンディングカット』(NHK総合)に主演していたが、連続ドラマに出演するのは2017年の『山田孝之のカンヌ映画祭』(テレビ東京系)以来6年ぶり。しかし『山田孝之のカンヌ映画祭』は本人役で出演するモキュメンタリーで、純粋なドラマ作品となると2016年の『OUR HOUSE』(フジテレビ系)以来、実に7年ぶりとなる。

 『星の子』(2020年)『メタモルフォーゼの縁側』(2022年)など映画にも出演していたが、久々に芦田の演技を観たという視聴者も少なくなく、その演技力に「やはりすごい女優さんなんだなと再確認しました」「あの長ゼリフで、どんどん目を腫らしていくシーン、もらい泣きではなく、少女の辛さに苦しくなりました」「あんまりドラマなどでは見ずにCMなどで見ることが多かったのですが、やはり芦田愛菜さんは別格でしたね」など、称賛が鳴りやまない状況となっている。

 今年から大学生になった19歳の芦田は、『最高の教師』への出演だけでなく、8月26日と27日に放送されるチャリティ特番『24時間テレビ46』でチャリティパーソナリティを務めることも決まっている。

「毎年ジャニーズタレントが務めるメインパーソナリティは、今回なにわ男子が担当。しかし、創業者の性加害問題が社会問題化し、社長は記者会見も開かず“逃げ”の一手ということで、ジャニーズ事務所はいま批判の的となっている。『週刊文春』の元記者であるジャーナリストの赤石晋一郎氏によると、ジャニーズがメインパーソナリティを務める『24時間テレビ』への出演について、芸能事務所は看板タレントを出すのはリスクが高いと判断。キャスティングが難航しているのだとか。恒例のスペシャルドラマは案の定、なにわで一番人気を争う道枝駿佑に主演させる形ですが、ジャニーズ色の強い『24時間テレビ』への世間の目もますます厳しくなることが予想され、視聴率や募金額は芦田の好感度頼みとなりそうです」(芸能ライター)

 さらに、NHKまでも芦田に熱視線を送っているようで……。

「やはり年末の『NHK紅白歌合戦』への起用を考えているようですね。今年の大きな話題が侍ジャパンのWBC優勝ですが、NHKはその立役者であるエンゼルス・大谷翔平を是が非でも審査員に呼びたい。とはいえ、大谷はよほど出演したい企画でない限り、テレビ出演することはなく、ましてや今年は球団移籍が噂されており、そのハードルはこれまで以上に高くなっている。しかし、大谷は過去に『好きなタイプ』に芦田の名前を挙げていたと報道されており、もし芦田が紅白の司会を務めれば、可能性はゼロではなくなるかもしれない。芦田は昨年NHKでドラマ主演を務めてますし、司会オファーは難しくないでしょう。ジャニーズとの関係性が取りざたされる紅白にとっても、2人の共演が実現すれば大きな話題となり、イメージ向上にもつながる。それに、安田顕の娘は慶応で芦田の同級生ということで、紅白の司会を3年連続務め、今年も当確とみられる大泉洋との共演も注目されるでしょう」(同)

 テレビ番組・CMのリサーチを行うエム・データが11日に発表した「2023年上半期TV-CMタレントランキング」(1月1日~6月30日、東京地区)によると、芦田の出演CMの放送回数は8057回で、2位の綾瀬はるかに500回以上の差をつけて「放送回数ランキング」総合1位に。契約者数も15社で、1位の川口春奈(19社)に続き「会社数ランキング」総合2位と、CMクイーンぶりも変わらず。

 もうテレビ界は「芦田プロ」にすがるしかない?

大山ユースケ(ライター)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

おおやまゆーすけ

最終更新:2023/07/18 11:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真