日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > M-1王者・令和ロマン「タカトシが目標」

『M-1』王者・令和ロマンが「目標」にする漫才師・タカアンドトシの「新ネタ」へのこだわり

M-1王者”令和ロマン”が舞台裏激白 | TVer

「漫才の舞台に出続けること」

 多くの芸人が、将来のビジョンをそう語っている。だが、本当の意味でそれを続けている芸人は意外に少ない。そして、舞台に立ち続ける芸人は、おのずと後輩たちの尊敬を集めることになる。

 28日放送の『ジンギス談!』(北海道放送)に昨年の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)王者、令和ロマンがゲスト出演。MCのタカアンドトシとトークを繰り広げた。

 タカトシは芸歴30年目。令和ロマンの23年先輩になるが、2組は『タカアンドトシのお時間いただきます』(NHKラジオ第1)で1年間共演した仲。勝手知ったるコンビ同士の収録は主に『M-1』をテーマに、和やかに進んだ。

 そんな中、令和ロマンの2人がタカトシを「目標」と語るシーンがあった。

『M-1』直後のインタビューで、「関東芸人初のNGK大看板を目指したい」と語っていた令和ロマン。東京吉本の所属でありながら頻繁に関西の舞台にも出演し、NGKでトリを取ることも少なくないタカトシを「バカ面白い」(高比良くるま)と言い、「タカトシさんになりたいかもなー」(松井ケムリ)と語っていることが紹介された。

 スタジオでも、くるまは「ルミネとかNGKでタカトシさんのネタが一番好きなんですよ」と語る。タカトシのネタが「寄席っぽくない」「超お笑いですよ」と現在でも挑戦的なネタを作り続けていることを評価し、タカトシの2人を喜ばせた。

 タカアンドトシというコンビのネタをテレビで見ることは、最近ではほとんどなくなっている。

 2000年代前半に『爆笑オンエアバトル』(NHK総合)で名を売り、『M-1』には04年にラストイヤーで出場。同期のアンタッチャブルに優勝を譲ったものの、翌年には「欧米か!」のフレーズが大ブレークし、その後は数多くのゴールデン番組でMCを務める国民的タレントとなった。

 一方で、12年から主催ライブ「新ネタやろうぜ!」を開催。タカトシ自身がセレクトした集めて新ネタライブを定期的に開催しており、昨年9月のNGK開催にはザ・ぼんち、パンクブーブー、ダブルヒガシ、ギャロップ、黒帯、フースーヤという世代も芸風もさまざまな漫才師が呼ばれている。

 そんなタカトシが新ネタにこだわり続ける理由を、昨年7月に放送された『証言者バラエティ アンタウォッチマン』(テレビ朝日系)で明かしている。

 12年といえば、タカトシが殺人的なスケジュールに忙殺されていた時期だ。当時は深夜や早朝の収録も珍しくなく、準備に時間がかかる単独ライブの開催が困難になっていたのだという。

「(新ネタ)1本くらいなら作れるんじゃないかということで」(タカ)

 新ネタを作る理由は「自分らが飽きてきちゃう」から。「新ネタやろうぜ!」は各芸人新ネタを1本のみという縛りで、出順もその場でくじ引きで決めるというルール。出演する芸人にも緊張感を強いることになるが、出演を希望する芸人は数多い。

 同番組内で、タカトシは将来の夢として「NGKの看板」を挙げていた。実現すれば、関西以外の漫才師では史上初の快挙となる。

「漫才の舞台に出続けること」

 やはりそれ以外に、夢を叶える方法はないのである。

(文=新越谷ノリヲ)

新越谷ノリヲ(ライター)

東武伊勢崎線新越谷駅周辺をこよなく愛する中年ライター。お笑い、ドラマ、ボクシングなど。現在は23区内在住。

n.shinkoshigaya@gmail.com

最終更新:2024/01/29 20:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志のルーツ

今週の注目記事・1「総力取材 尼崎~心斎橋~...…
写真
イチオシ記事

マユリカ・阪本に『ラヴィット!』震撼

 今やバラエティに引っ張りだこの人気芸人・マユリカだが、そんなマユリカの頭脳である阪本が20日、出演していた『ラヴィット!』(TBS系)でスタジオ...…
写真