日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > ランジャタイ国崎「食べない食レポ」

ランジャタイ・国崎和也「食べない食レポ」デビューの日を振り返る

パンサー向井のチャリで30分(@mukachari30)さん / X

 5日放送のラジオ『パンサー向井のチャリで30分』(ニッポン放送)に、お笑いコンビ・ランジャタイがゲスト出演。MCのパンサー・向井慧がランジャタイとの初共演を振り返った。

 向井とランジャタイの初絡みは、『よるのブランチ』(TBS系)での食レポだったという。2021年末の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)でファイナルに進出したランジャタイにとって、初めての食レポ仕事となった「くら寿司 原宿店」ロケの様子を、向井は「いいかげんにしてほしいよ」と、呆れ声で思い出していた。

「食べないんだから。もうめちゃくちゃでした」

 この番組が放送されたのは、22年1月。まさに『M-1』需要のひと回り目ということになるが、見直してみるとランジャタイのロケスタイルは、現在と驚くほど変わっていない。

 ロケ時間は1時間に限られていたというが、国崎和也はオープニングで手作りのお面を用いた「松ちゃん浜ちゃん」を繰り出すと、入り口の柱に引っかかる、エントランスのマットについて詳細を述べる、待ち合いのベンチの匂いを嗅いで「ビビアン・スーさんの匂いが」と指摘するなどボケまくり、店内に入るまでに「すでに10分経過」のテロップが出る始末。

 その後も、対応に出た「くら寿司」の広報担当者を無視するなど自由自在。その後、オリジナルのクレープを食べてレポートするくだりでも、まったくしゃべらずに食べ続け、いざメインの寿司を食べる段になると、席を離れてまたクレープをもらいに行って寿司の説明の間も食べ続けるなどしていたが、最後には観念したかのように「炙りチーズ豚カルビ寿司」を食べ「ちょっと香ばしいのとお肉との相性が抜群で、チーズなのにすっと食べれちゃいますね」と普通に食レポ。これにはスタジオの向井も「(スタッフに)怒られたな!」と爆笑していた。

 初の食レポ仕事だけあって、国崎の記憶も新しいようだ。この日のラジオでも「覚えてます、覚えてます」と楽しそうに振り返っていた。

「俺はやっぱ、ちょっとずつテレビにフィットしていくんだろうなと思ってたんですけど、いまだに食レポとか、食べないですよね」(向井)

 国崎は最近では、食レポの店に入ることもなく、駐車場だけでロケが終わったり、ロケ先の店とは別のフランス料理店からシェフを呼んでフルコースを食べたりと食レポ番組でのボケをエスカレートさせていることを明かしている。

 相方の伊藤幸司は、国崎のこうした食レポが放送されるたびにSNSに脅迫染みたメッセージがくると明かしていたこともある。だが、国崎は決してロケ先に迷惑をかけたいわけではなく、オファーの時点で「普通に食べないけど、いいですか?」と了承を得ていることを何度も明かしている。

 現場で無茶をやるからには、根回しは怠らない。国崎はそうして、テレビでの特異なポジションを獲得しているのだ。

「すごいよな、それをやり続けることによって、ランジャタイを呼ぶってそういうことなんだってなったんだもんな」と感心する向井。

「でも評判は悪いですよ。むちゃくちゃ評判悪いです」そうオチを付ける国崎だった。

(文=新越谷ノリヲ)

新越谷ノリヲ(ライター)

東武伊勢崎線新越谷駅周辺をこよなく愛する中年ライター。お笑い、ドラマ、ボクシングなど。現在は23区内在住。

n.shinkoshigaya@gmail.com

最終更新:2024/02/06 19:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真