日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 有吉弘行、第1子誕生を報告

有吉弘行、第1子誕生をラジオで報告 『SND』終了宣言も……

「もうちょい、感動的に伝えてくださいよ……」アルコ&ピース・平子祐希はそう言った。

 3日放送のラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で、MCの有吉弘行が第一子の誕生を発表。アシスタントを務めていた平子と宮下草薙・草薙航基を驚かせている。

 この日の放送では、有吉は冒頭から様子がおかしかった。

「風邪なんか引いてないか? おまえら」

「メシはしっかり食ってるか?」

 と、後輩たちを思いやる有吉。その後も「病気してないか?」「(花粉)アレルギーの薬は飲んでるか?」あたりまでは、まだ単なる“過剰に優しいキャラ”だったが、「鼻水、拭いてやろうか?」「ティッシュ持ってきてんのか、えらいな」などと言い出し、挙句の果てには「よだれ大丈夫か? 拭いてやろうか?」とまで言い出す始末。

 この異変にしびれを切らした平子が「ナメてんすか?」と返すと、有吉は「俺、子ども生まれたんですよ」と、おもむろに切り出した。

「ついついすみません、父親ぶっちゃって。おまえらが子どもに見えちゃって」

 その後も有吉は「(平子が)ベージュのセーターを着ているから裸に見える」と言ってみたり、2人の子育て中で父親としては先輩である平子が何か言うと「ぐずってるな、おっぱい欲しいのかな」と心配したりと、父性の爆発が止まらないようだった。

 この日の放送中は終始デレデレだった有吉だが、エンディングでは「子どもが思春期を迎えるまではラジオ続けたいと思います」「思春期迎えるころにこのラジオ辞めたいと思います」と、冗談交じりに“毒舌・下ネタラジオ”パーソナリティとしての複雑な心境も明かしている。

 過去には何度も「子どもができたらゲスナー(番組リスナーのこと)やめろ」「人の親がこんなラジオ聞くな」と口にしてきた有吉だが、その忠告を受け入れて番組を卒業したゲスナーはごく少数だろう。むしろ今は、人の親になった有吉がどんなラジオをやるのか、そちらのほうが興味深いところだ。

(文=新越谷ノリヲ)

新越谷ノリヲ(ライター)

東武伊勢崎線新越谷駅周辺をこよなく愛する中年ライター。お笑い、ドラマ、ボクシングなど。現在は23区内在住。

n.shinkoshigaya@gmail.com

最終更新:2024/03/04 17:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『オッペンハイマー』を圧倒した『変な家』

 3月15日に公開された間宮祥太朗と佐藤二朗...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真