日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『ブルーモーメント』が『Believe』超え

山下智久『ブルーモーメント』が木村拓哉『Believe』超え! 視聴率5%台もTVerで好調

山下智久『ブルーモーメント』5%台視聴率とは裏腹に……TVerでは木村拓哉『Believe』超え!の画像1
山下智久

 山下智久が主演を務める連続ドラマ『ブルーモーメント』(フジテレビ系/水曜午後10時~)の第4話が5月15日に放送され、自己最低となる平均世帯視聴率5.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、個人3.2%を記録。同作は世帯8.6%、個人4.8%を記録した初回以降、右肩下がりが続いている。

 人気漫画『BLUE MOMENT ブルーモーメント』(KADOKAWA)を原作とする同ドラマは、気象庁気象研究所の研究官・晴原(山下)が、SDM(特別災害対策本部)のリーダー格として災害現場で奮闘する気象災害ヒューマンドラマ。キャストには、出口夏希、水上恒司、夏帆、本田翼、真矢ミキ、舘ひろしといった主役級俳優が名を連ねている。

 山下に“高視聴率俳優”というイメージが定着していることもあり、放送中の長谷川博己主演『アンチヒーロー』(TBS系)や木村拓哉主演『Believe-君にかける橋-』(テレビ朝日系)との視聴率争いが注目されていた同作。しかし、前述の通り視聴率は下降が続いており、上位争いからは外れてしまった。

『ブルーモーメント』視聴率と裏腹にTVerでは健闘

 同作は初回放送後、ネット上で「コード・ブルーみたい!」と歓喜するドラマファンが続出。というのも、“口が悪くて不愛想”という主人公の設定や、初回で山下が消防ヘリコプターに乗る場面などが山下が主演を務めた同局ドラマシリーズ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』を彷彿とさせるためだ。

 一方で、「気象というテーマは新しいのに、ドラマの再放送を見てるみたいな感覚」「題材は新鮮なのに、演出やBGMが過去のドラマに似てる」と既視感を訴える視聴者も散見され、こういった点が視聴率低下につながっているのかもしれない。

 とはいえ、民放公式動画配信サービス・TVerでは、お気に入り数が95.1万を記録(17日現在)しており、今期連ドラでは118.7万でトップの石原さとみ主演『Destiny』(テレビ朝日系)に次ぐ健闘ぶりを見せている。

 また、第4話では、研究所のメンバーである雲田彩(出口夏希)の姉で、被災によって車いす生活を送っている真紀(石井杏奈)が登場。前に進もうとする姉妹の姿に、SNS上では「めちゃくちゃ泣いた」という報告が続出。多くの視聴者を感動させたようだ。

 視聴率とは裏腹に、ネット視聴で好調な『ブルーモーメント』。今後、数字の回復はあるだろうか。

仲宗根由紀子(エンタメ系ライター)

芸能誌の編集を経て、現在は国内・国外ドラマレビューを中心に執筆するライター。人気俳優のインタビュー経験多数。

なかそねゆきこ

最終更新:2024/05/17 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed