日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 粗品vsせいじ……【週末お笑い雑話】

粗品vsせいじ、『あちこち』神回、『水ダウ』電気イス企画がすごい……【週末お笑い雑話】

 今週あったお笑い界隈の話題をピックアップ! ライター・新越谷ノリヲと担当編集Sが勝手にしゃべります。お聞き流しのほどを~。

■粗品vsせいじ

編集S 粗品と千原せいじがYouTubeでコラボ。こういう感じの組み合わせだと、粗品のかわいげが出ますね。

新越谷 なんか、アンサーみたいなコラボでしたよね。

編集S アンサー?

新越谷 ここのところネットニュースとかSNSとか「粗品、このままで大丈夫か?」みたいな論調だったじゃないですか。「大丈夫か?」なんて思ってないくせに、直接的に粗品の悪口を言いたくないから心配を装うという。

編集S せいじとコラボすることで「大丈夫ですよ」というアピールになりますかね。

新越谷 少なくとも「全方位にかみつくわけじゃない」という話にはなるし、せいじって吉本非吉本あんまり関係なく後輩からの支持は厚いですからね。

編集S そうなんですか。

新越谷 飲食で食えない若手たくさんバイトさせてたり、芸人辞めた人に店を任せたりしてたとか。

編集S ああ、幡ヶ谷。

新越谷 そうそう。あと、粗品もたびたびネタにしてますけど、もともと実家の「味希」の常連でもあるし。関係性もあるんでしょう。せいじの今のマネはもともと霜降りの担当でしたし。

編集S でもまぁ、いろいろ刺激的なことも言ってましたね。それこそ、また心配されちゃうようなことも。

新越谷 まあ、もう別にいいんじゃないですか。芸人側がファンを選ぶ時代というか、テレビも断ってるでしょうし。せいじもおもしろかったけど、なんといっても今日のANNですよ。スペシャルウイークのゲストに関暁夫。

編集S 最近、あんまりよくない意味でホンモノ感が出てきてますからね。どんな感じで来るのか、霜降りがどうさばくのか、確かに楽しみです。

■『あちこち』神回

編集S 『あちこちオードリー』は占い師企画で、井口、野田クリ、ノブコブ吉村と。

新越谷 この企画にめちゃハマるメンバーですよね。それぞれカラーも違うし、赤青黄色の信号機みたいな組み合わせ。

編集S 印象に残ったところは?

新越谷 吉村が、ランジャタイとか真空とかヨネダが怖いって話あったじゃないですか。

編集S はいはい。

新越谷 それを受けて、野田が「平成ノブシコブシこそランジャタイだった」っていうくだり。痺れた。

編集S ネタ時間ずっと同じフレーズ繰り返してたり、大喜利コーナーでもまともに答えないで爆笑だけさらっていくという。

新越谷 忘れてたけど、確かにそうなんですよね。そういえば「破天荒」だったわと、思い出しました。

編集S 確かに、あのころの吉村に比べればランジャタイとか真空なんて真面目ですよね。ネタもがんばってるし。

新越谷 だから「吉村に殴られたくてやってるんだ」っていう野田の分析も腑に落ちるというか。

編集S 野田って、いつの間にかそういう橋渡し的な役割を担うことが多くなってますよね。

新越谷 出始めはランジャタイ側だったはずなのに、完全にテレビにもフィックスしましたからね。そのことに本人は自覚的だし、それこそ悩みもあるみたいですけど。

編集S 結局、みんな悩み続けるしかないんでしょうね。井口はどうでした?

新越谷 井口はいつも通りですよね。

編集S そうですね。

■『水ダウ』電気イス企画がすごい

編集S 『水曜日のダウンタウン』では久しぶりの週またぎネタ。

新越谷 電気イス企画、めちゃくちゃおもしろいですね。山添がいきなり2本取ったあたりから、もうぞくぞくした。

編集S 岡野と山添なんて、この企画のためのキャラクターって感じですもんね。

新越谷 ほんと、劇団ひとりが「これ1本でネトフリで」って言ってた通り、『ドキュメンタル』みたいにいろんなメンツで見たい。逆にいうと、山添と岡野だと想像がつきやすいけど、次回の小宮とみなみかわは、どんな感じになるんだろうという楽しみもありますよね。

編集S 小宮ってクズではないですからね。

新越谷 そうなんですよね。上品だし育ちもいいし。あんまり人を騙したり陥れたりするような人じゃないから、けっこう挑戦的なキャスティングでもある。

編集S それこそ、しんいちとかマミィ酒井とか、ほかにもいそうな感じしますもんね。

新越谷 でも見方としては、コンビ芸として見る感じかもしれないですね。相手の思考を読めたほうがおもしろいと思う。その意味で、山添vs岡野は取説的な組み合わせだったと思うんですよ。

編集S じゃコンビ対決のほうがいいかも?

新越谷 見たいのはそっちかもしれないです。

編集S 例えば。

新越谷 えー、ダウンタウン。

編集S そりゃそうでしょうけど。

新越谷 じゃ千鳥。

編集S そうなんだけど。

新越谷 なんか、かまいたちはそうでもないかも。華大も。

編集S 言われてみれば確かにそうですねえ。なんでだろ。

新越谷 紅しょうがとかAマッソあたりもおもしろそうですよね。

編集S それでいうと、ランジャタイ真空ヨネダあたりは、あんまりそそらない気がします。

新越谷 そのへん、何か語るべきことがありそうな気がしますね。

編集S そうですね。考えておいてください。

新越谷 まあね。

(文=新越谷ノリヲ)

新越谷ノリヲ(ライター)

東武伊勢崎線新越谷駅周辺をこよなく愛する中年ライター。お笑い、ドラマ、ボクシングなど。現在は23区内在住。

n.shinkoshigaya@gmail.com

最終更新:2024/06/14 19:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed