日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 『THE SECOND』優勝予想【週末お笑い雑話・番外】

『THE SECOND』優勝予想、2代目チャンピオンはどのコンビ?……【週末お笑い雑話・番外】

 今週あったお笑い界隈の話題をピックアップ! 今回は週末に迫った『THE SECOND』に大注目の番外編。ライター・新越谷ノリヲと担当編集Sが勝手にしゃべります。お聞き流しのほどを~。

■まずは前回の振り返り

編集S いよいよ明日は『THE SECOND』ですね。楽しみ~。

新越谷 去年も盛り上がりましたからね。まずは前回の『ザセカ』組の1年を振り返ってみましょうか。

編集S なんといっても、もっとも恩恵を受けたのはマシンガンズ。

新越谷 しかも滝沢のビジュに女性ファンが食いついてライブの出待ちに押し寄せるという未来は、誰も予想できなかったでしょう。

編集S できるわけない。

新越谷 とにかく楽しそうだったのが印象的でしたね。特に西堀は、どこで何をやってても楽しそうだった。

編集S あと、囲碁将棋も『ザセカ』きっかけで露出を増やした印象があります。

新越谷 もともと評価は高かったけど、『ザセカ』に切符もらった感じはしますよね。去年の『M-1』のヤーレンズとか、2021年のモグライダー、ランジャタイもそうですけど、賞レースがテレビへの切符になる感じは夢があると思います。その意味でいうと、『ザセカ』は1回目で『キングオブコント』と同じくらいの価値がある大会になってたような気がするんですよね。もともと16年以上生き残ってる芸人が対象だから、地肩があるというのもあるけど。

編集S 確かに、優勝しなくても行けるとなると、夢がありますね。

■グランプリファイナルメンバー

編集S メンバー見てみましょう。前回は吉本4、非吉本4でしたが、今回は吉本6です。

新越谷 その数字もあってか、前回より「ずっと劇場でがんばってた人たち」感が強いですね。前回はスピワゴ、三四郎、ぬわらとテレビスターもぽつぽついましたけど、今回、在京のゴールデンである程度認知されてるのって、タイマと、かろうじて金属バット、ななまがりくらいでしょうか。

編集S 前回の世帯視聴率は、関東6.0%、関西11.2%(ビデオリサーチ調べ)でした。気になるのは、瞬間最大が関東は「スピワゴvs三四郎」で、関西は「囲碁将棋vsギャロップ」。決勝を前に見るのをやめた人がけっこういる。

新越谷 なるほど。全部マシンガンズが悪いってことですね。あんなので決勝まで来ちゃったから。

編集S 全然違います。

新越谷 まあ、視聴率はいいとして、1回戦から見ていきましょうか。ハンジロウvs金属バット、ラフ次元vsガクテンソク、ななまがりvsタモンズ、タイムマシーン3号vsザ・パンチ。

編集S 2年連続は金属バットだけなんですよね。

新越谷 本人たち的にはアレでしょうけど、マジメに対策して作ってきてるのが報われてる。

編集S そう見られたくないでしょうけどね。注目カードは?

新越谷 変な言い方になるけど、ラフ次元とガクテンソクはどっちが勝ってもいい感じがします。恨みっこなしというか、ここでの勝敗が実力差というわけではないというか。あくまでその日の風向きで決まりそう。逆にタイマとザ・パンチは勝敗によって「どっちが面白いか」が決まるという印象がある。単なる印象ですけど。2組とも当たり前に面白いですけど。

編集S タイムマシーン3号と言えば、一般審査の権化ですからね。『オンバト』で無双してたわけですし。

新越谷 でも『オンバト』の客と『ザセカ』の客では、一般審査の意味もちょっと違ってくるんでしょうね。『ザセカ』の審査員席には「審査員は責任をもって、その判断の理由を語れるような審査をすべし」的なお手紙が置いてあるそうですし。

編集S 雰囲気や気分で投票してこない。それは去年の決勝のマシンガンズが大会最低得点だったことでもわかりますよね。「おもしろかった」より「勝たせるべき」が優先される感じはあります。

新越谷 やっぱりマシンガンズが悪いということですね。

編集S 違います。

■優勝予想してみましょう

編集S では、優勝予想を。

新越谷 わかりませんよ。

編集S わからないことはわかってます。気楽にやってください。

新越谷 じゃ、ななまがりvsタモンズの勝者がそのまま優勝ということでいいです。

編集S なんで?

新越谷 なんとなく。

編集S なんとなく、じゃないんだよ。その判断の理由を語れるような予想をしてくださいよ。責任もって。

新越谷 うーん、たぶん『ザセカ』の観覧に来るような人は、ある程度バックグラウンドも理解してると思うんですよね。この2組が仲良しで、勝ったほうが背負うことになるストーリーというものが、準決勝以降の漫才に付加されることになる。マヂラブが『M-1』で最初に土下座して空気をつかんだときのようなことが、準決勝以降に起こる気がする。客席を味方につけるという。

編集S それこそ「勝たせるべき」。

新越谷 というより、「勝たせたい」ですね。

編集S 2組ともネタはいくらでもあるでしょうしね。去年のマシンガンズみたいに「これを勝たせるのはちょっと……」という意識も働きにくいと。

新越谷 そうですよ。やっぱりマシンガンズが悪いんですよ。

編集S うるさいなぁ。嫌いなんですか、マシンガンズ?

新越谷 大好き。

(文=新越谷ノリヲ)

新越谷ノリヲ(ライター)

東武伊勢崎線新越谷駅周辺をこよなく愛する中年ライター。お笑い、ドラマ、ボクシングなど。現在は23区内在住。

n.shinkoshigaya@gmail.com

最終更新:2024/05/17 16:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed