日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『ビリオン×スクール』山田涼介は池乃めだか

『ビリオン×スクール』第1話 山田涼介は世界一美しい池乃めだか師匠である

山田涼介

 まるでAIで生成されたかのような美顔の山田涼介が主演の『ビリオン×スクール』(フジテレビ系)も5日にスタート。「痛快学園エンターテイメント」という触れ込み通り、気持ちのいいコメディドラマとなっていました。

 何しろ、楽しそうな現場の雰囲気が想像できる感じがいいですね。作ってる側、出ている側が楽しんでやってるのが伝わってくる。

 振り返りましょう。

■アイアンマン、教師になる

『アイアンマン』のトニー・スタークは自ら開発したパワードスーツをまとって大活躍していましたが、この作品の主人公・加賀美(山田)もまた、さまざまな新技術を生み出す天才開発者かつ経営者として登場しました。

 最新の開発は、AI繊維を使ったAIスーツ。状況に応じてAIが着用者の筋肉に刺激を与えて超伸縮を起こさせ、超人的な運動能力を獲得できるという製品です。そんなAI繊維ができたならホワイトカラー向けのスーツより先に介護とか建設とか物流とかレスキューとか、そっち方面に応用したらいいのにと思ったけど、とにかく開発者のCEOである加賀美が自らモデルとなって発表会に出席しています。

 結果、このAIスーツを着て加賀美は教師として働きだします。世界的企業のCEOという立場を隠しながら、秘書である一花(木南晴夏)を連れ立って赴任したのは、私立の進学校で落ちこぼれた生徒ばかりを集めた「3年0組」というクラス。加賀美は担任、一花は副担任として働きながら、開発中の「AI教師」の実地試験を進めていく、というのが大筋。加賀美はAI教師の試作品である「TEACH(安達祐実)」からリモートで送られてくる指示を受けながら、授業を行うことになります。

■ワチャワチャな職員室と殺伐の教室

 主人公・加賀美のキャラはオラオラ・上から目線な天才として設定されています。そして、それを常に茶化しているのが秘書の一花という関係性。この一花の堂々とした振る舞いが効いているので、絶世の美青年かつ天才かつ傲慢な加賀美という人間が、まったく嫌味に見えないんですね。

 バラエティ豊かな職員室の面々とのやり取りは、まるで世界でいちばん美しい池乃めだか師匠です。アドリブ交じりの丁々発止も、実に楽しい。

 一方で、落ちこぼれが集められた3年0組は、あくまで殺伐としています。不良生徒がからんでくることもありますが、ここでAIスーツが役に立つわけです。着用者の危機をAIが察して筋収縮を起こさせますので、結果、AIスーツを着ている人はケンカ最強になることができる。

 トニー・スタークを演じたロバート・ダウニーJr.もハリウッド俳優としてはだいぶ小さいほうでしたが、このドラマでは山田涼介の身長の小ささがコメディとしてもアクションとしても、すごく映えています。今回、フォーカスがあたる生徒役だった水沢林太郎との身長差は20センチ近く。その身長差のある2人をあえて象徴的に対峙させるカットもあったりして、山田涼介が「小さい」こともちゃんとキャラクターに入れ込んでいる潔さも、このドラマが気持ちがいいと思わせる一因になっていると思います。木南晴夏もでかいしな。

■ユルさとか話題性とか

『探偵学園Q』(日本テレビ系)の3人がそろったよ、とか、「どこがアドリブでどこがセリフか!」なんて番組公式Xが事前の煽ったりとか、話題性重視だったりユルさを前面に出したりと、ドラマとしてはうっすいものなのかなーという予感もあったのですが、これはいい意味で裏切ってきたと思いました。

 すごいちゃんとしてる。

 脚本は我人祥太さん。元芸人で、2010年の『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)ファイナリストです。ピン芸としては、鬱系、怖い系にヒネリ倒したネタが多かったように記憶していますが、このドラマはまっすぐドラマのテーマを掲げつつ、加賀美×一花、加賀美×TEACHの軽妙なやり取りは、やっぱしお笑いの血が通ってるなと感じさせるものでした。

 脚本がちゃんとしてるので、アドリブとかの遊びの部分も役者が安心して遊んでる感じがするんですよね。どこに飛んでも戻れるという安心感。

 総じて、安心して楽しめるドラマになると思います。あとは今後、「AIと教育」みたいなところにどれくらい踏み込んでいくのかなというところにも興味がわきますね。「やっぱAIより血の通った人間だよな」みたいな安直な結論に至らないでほしいなと。そんな感じで。

(文=どらまっ子AKIちゃん)

どらまっ子AKIちゃん

どらまっ子です。

最終更新:2024/07/06 15:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed