トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

イチオシ企画

【毎日更新】トンデモ海外ニュース!

エロ・グロ・非常識!なんでもアリの最新海外ニュースをお届け!
写真

特集

元SMAP3人、再始動で芸能界が大混乱

香取・草なぎ・稲垣が公式ファンサイトやSNSを開設し、芸能界に殴り込み!?
写真

人気連載

五輪キャスター・中居に飛び交う賛否

 中居正広、櫻井翔、亀梨和也、国分太一、山口...…
写真

ドラマレビュー

月9の“黒塗り”メイクは大丈夫?

 オタク女子だけが住む共同アパート・天水館を舞台に、主人公のクラゲオタク・月海(芳根...…
写真



 >  >   > 『天使のはらわた』マンガ家・石井隆が描き出す、女の”性”と”業”
ドキュメンタリー監督・松江哲明の「こんなマンガで徹夜したい!」vol.10

『天使のはらわた』マンガ家・石井隆が描き出す、女の”性”と”業”

tenshinoharawata.jpg『天使のはらわた』少年画報社

童貞の絶望と希望を描いた傑作ドキュメンタリー『童貞。をプロデュース』の監督・松江哲明。ディープなマンガ読みとしても知られる彼が、愛してやまないマンガたちを大いに語る──。

 石井隆を人に薦めると、ほとんどの場合「映画監督でしょ?」と返される。うん、確かに間違ってないし、僕も最初の出会いは大竹しのぶと永瀬正敏と室田日出男による壮絶な三角関係を描いた『死んでもいい』(92年)だったし。また、眼帯をつけたビートたけし(バイク事故後に撮影された為)が雨の中、スウェット姿でビニール傘を持ち、根津甚八や本木雅弘に向けて銃を乱射するシーンは未だに日本映画で「最新の」衝撃とあえて断言したい『GONIN』(95年)や、杉本彩と共犯関係を結び、徹底したSM描写で映倫とマスコミを挑発した『花と蛇』(04年)も素晴らしかった。映画監督としての石井隆は映画ファンなら誰もが認める才能。

 また、キャリアのスタートは劇画だったというのも有名な話。しかし、僕より下の世代、つまり20代の若者にとっては「あ、『花と蛇』のヒトね」になってしまっている。実際、大きめな書店に行っても著書がない。石井隆の漫画はいつでも「簡単に」手に取られなければいけないのに。これではいけない、絶対にいけない。伝説にまで昇華された”名美”の物語をぜひとも知り、読み、震えて欲しいのだ。だからこそ僕は古書店で、『天使のはらわた』を見つけては保護し「読め」と語り継いでいる。これはもう義務であり覚悟。それだけの、物語だから。

 例えば「白い汚点」。出前持ちの名美をぜんそくの男が犯してしまうが、彼女は彼を田舎の祖父と重ね、そんな強引な出会いさえも受け入れてくれる。しかし、そんな物語は彼が死にながらに見た妄想でしかなく、アパートで亡くなっている彼を名美が「かわいそ~」と呟いて、エンド。

 また、かつてブルーフィルムに出演させられてしまった名美が、それを見た男に強請られると勘違いし、撮影時と同じように男をカミソリで刺してしまう「蒼い閃光」や、子供が出来た途端に男に捨てられた名美が公園で己の腹を裂き、想いを伝える「水銀灯」。多くの代表作が短編なのは、こういった悲劇の物語がクライマックスでは見開きの一枚絵で表現され、読み手にカタルシスとして伝わるからだろうと思う。

 石井隆作品を何度も読んでいる者にとっては「待ってました」と声を上げたくなる程の「決め絵」。僕は石井隆が主に活躍していたエロ劇画を知らないので、これらの作品とは短編集や自選集で出会ったのだが、スケベな気持ちで読んでいた70年代の読者はハッと息を飲み、エロ気分を一気に醒めさせられたことだと思う。僕はそんな同志に対し、時を超えて嫉妬する。そんな体験をしてみたかった。しかし、作品単体として接した世代でもある僕はエロ劇画を、新作として出会うことが出来た。これはこれで幸福な出会いだったと思う。

 僕が石井隆の漫画を若い世代にも読んで欲しいのは、作品の中で扱われるセックスやレイプが単に女性を一方的に責める行為だけでなく、場合によってはより関係が深くなるコミュニケーションであったり、または女性が男性を圧倒してしまう逆転の構図になってしまうからだ。だからこそ一線を超えようとする男女のアドレナリンが頂点に達した瞬間を、独特のローアングルから覗き、決める石井隆の視点を僕は絶対的に信用したい。他者から見れば悲劇であっても、当人たちにとっては確実でかけがえのない時間であれば、それは誰にも否定出来ないことを石井隆作品から僕は学んだ。それは教科書や当たり前に流通する書物からは知れない、大切な情報だったと思う。だからこそ古書店で購入したカビ臭い一冊をクシャミをしながら読むのも、「この話、3冊はダブってるな」と気付くのも、読んでない一話の為に5,000円を払って買うのも惜しくない。

 ……と、今回の原稿を書き、Amazonをチェックしてみたら、僕が最初に買い、「死んでもいい」のシナリオと画コンテに驚愕し、ファルモグラフィーを読んでまだ見ぬ石井隆作品に憧れた名著「名美 Returns」が定価の一割程度の値段だった。

 やはり「いけない」と思う。
(文=松江哲明)

松江哲明(まつえ・てつあき)
1977年、東京都立川市出身。99年、在日コリアンである自身の家族の肖像を綴ったドキュメンタリー『あんにょんキムチ』を発表。同作は国内外の映画祭に参加し、山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波特別賞、平成12年度文化庁優秀映画賞などを受賞。また、07年に公開した『童貞。をプロデュース』が大きな話題を呼ぶ。新作『あんにょん由美香』がポレポレ東中野、名古屋シネマスコーレなど各地で公開中。『ライブテープ』が近日公開予定。ブログ<http://d.hatena.ne.jp/matsue/>

天使のはらわた

震えて。

amazon_associate_logo.jpg

●連載ドキュメンタリー監督・松江哲明の「こんなマンガで徹夜したい!」
【Vol.09】天才いましろたかしが描いた「せつねぇ」子ども向け漫画『化け猫あんずちゃん』
【Vol.08】非モテもイケメンもごちゃごちゃ言わずに『モテキ』を読め!
【Vol.07】『湯けむりスナイパー』の変わらない繰り返しこそが人生の豊かさだ!
【Vol.06】『バクマン。』が示す「友情・努力・勝利」の変化とは?
【Vol.05】『AV烈伝』がエグる、AVに生きる人たちのセキララな姿
【Vol.04】AV女優さんが読んで感じてほしいセクシー漫画『ユビキタス大和』
【Vol.03】山本直樹が描く、セックスの「気持ち良さ」と「淋しさ」
【Vol.02】覚えてますか? 教室の隅で漫画を描いていた「大橋裕之くん」のことを
【Vol.01】この世でもっとも”熱い”マンガ、『宮本から君へ』を君は読んだか?


こんな記事も読まれています

[ 関連リンク ]

『天使のはらわた』マンガ家・石井隆が描き出す、女の”性”と”業”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

99.9刑事専門弁護士II

TBS/日曜21:00~

型破りな刑事専門弁護士が帰ってきた!  

99.9刑事専門弁護士II

トドメの接吻

日本テレビ/日曜22:30~

山崎賢人が“クズ男”に挑む新境地!

トドメの接吻

海月姫

フジテレビ/月曜21:00~

今期月9は芳根京子が“オタク女子”に!

海月姫

FINAL CUT

フジテレビ/火曜21:00~

復讐を誓う亀梨和也が、禁断の恋に…

FINAL CUT

きみが心に棲みついた

TBS/火曜22:00~

『あなそれ』脚本家で吉岡里帆が“三角関係”に!

きみが心に棲みついた

anone

日本テレビ/水曜22:00~

広瀬すず×坂元裕二の“最強タッグ”結成!

anone

BG~身辺警護人~

テレビ朝日/木曜21時~

キムタクがすご腕ボディガードに!?

BG~身辺警護人~

隣の家族は青く見える

フジテレビ/木曜22:00~

深田恭子&松ケンが描く新しい家族のかたち

隣の家族は青く見える

アンナチュラル

TBS/金曜22:00~

解剖医・石原さとみが“死の謎”暴く!

アンナチュラル

もみ消して冬

日本テレビ/土曜21:00~

山田涼介が“どコメディ”に挑戦!

もみ消して冬

悩殺グラビアすべて見る

温泉ロケで人気の秦瑞穂、2年半ぶりの新作はまるで“峰不二子”!? セクシーな入浴シーンも
あのCMに出演中のモデル・松尾ケイリンがグラビアデビュー! セクシーシーンは「キャラじゃなくて恥ずかしかった」
「衣装も水着もポーズもかなり攻めてる」Gカップグラドル北内みさと、新作はOバックで美尻丸見え
白田まや、改名後初のDVDは清純系にイメチェン! ハイレグ水着は「過去最大に過激」!?
小悪魔系グラドル・夏目みきが極小ビキニで1st DVDをPR! 変形水着は「自分でもエロい」