日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大久保麻梨子とセックスする方法

大久保麻梨子とセックスする方法

0710megante.jpg細身にFカップ♪ナイスバディの麻梨子ちゃん <サイゾー10月号より>

これは、ドラゴンクエストの呪文「メガンテ」(自爆することで相手に大ダメージを与える)のごとく、愛也が自爆しながらも、アイドルたちの芸能生命を危うくさせるほどの赤裸々な情報を入手。こうして得られた恋愛極秘情報をサイゾー読者たちに開示し、その結果、読者がアイドルを落としやすくすることを目的とした恋愛塾である。

【今月のターゲット】大久保麻梨子

「私、『めっちゃ』って言葉が好きなんです。すぐ『めっちゃ』って言っちゃうんですよね」(いつかの「FLASH」より)

 大久保麻梨子に関するこのインタビュー記事を読んで以来、俺はできる限り日常生活に「めっちゃ」を取り入れるようにした。しかし、その影響で俺と同居している幼馴染み、山本までも「めっちゃ」を連発するようになり(「最近、めっちゃ暑くね?」など)その行為が俺の大久保麻梨子に対する想いを凌辱しているような気がしたので、「金輪際、俺の目の前で『めっちゃ』を使うな」と言ったところマジゲンカに発展したことがある、くらい俺は大久保麻梨子が「めっちゃ」好きなのである。

 そして俺がめっちゃ好きな大久保麻梨子が、いま目の前に、いる。

 恵比寿ガーデンプレイスで大久保麻梨子の対面に座りながら、俺は少し吐きそうだった。うつむいたまま、猛烈に緊張する俺の右手には――「大久保麻梨子様へ」と書かれた茶封筒が握りしめられている。今回のメガンテ恋愛塾の講義は「ファンレター」である。一般人がアイドルとの接点を図る上で唯一のツール、ファンレター。大久保麻梨子のハートにはどんなファンレターが突き刺さるのか、それを徹底調査する。

 しかし、俺が渡そうとしているのはただの手紙ではない。「メガンテ・レター」である。しかし、嫌われても蔑まれても、「愛也、キモすぎ」と言われても、読者にとっての珠玉の情報を得なければならぬ。なぜなら、それがプロだからだ。そして、今の俺のこんな感じを、NHKの『プロフェッショナル~仕事の流儀~』は取材すべきなのだ。NHKが密着すべきは宮崎駿の新作『崖の上のポニョ』ではなく、水野愛也の「メガンテ恋愛塾」である。そう考えると俺の中でメラメラとライバル心が燃え上がってきた。

「駿に、勝つ!」

 プルプルと震える手で手紙を差し出した。内容は次の通りである。

 拝啓 大久保麻梨子様

 初めまして。水野愛也と申します。麻梨子さんの好きな男性のタイプは「ぐいぐい引っ張ってくれる人」とのことですが、結論から申しますと、それ、僕です。仲間内でも「お前、引っ張り過ぎ」ということはよく言われますし、僕の飼い犬を一切立ち止まらせずに引っ張っていく「ノンストップ散歩」は町内でもちょっとした評判です。というわけで今度よろしければお食事でもどうですか? というか、今度飯行くぞ、この巨乳野郎!
↑ここにも「ぐいぐい引っ張る」が出ちゃってますネ

                            敬具

「ど、どうだ!?」俺は顔面を覆っていた両手の指の隙間から、大久保の表情をうかがい見た。大久保は――笑っていた。天使のような笑顔で笑っていた。

「面白いですねぇ~。『それ、僕です』とかウケました。こういう自信のある人って好きです。こんなファンレターもらったらご飯食べに行っちゃうかもです」

【大久保麻梨子攻略法】
ファンレターは、客観性を失うほどの自信で書くべし

 大久保の反応を見て、俺は少し泣いていたかもしれなかった。大久保とわかり合えた気がした俺は、イッキにまくし立てた。

「あ、あの、ここ、どうスか!? 最後の『巨乳野郎!』のくだりなんスけど、最近オラオラ系とかはやって……」

 その瞬間である。

「あ……」

 俺は、このときの彼女の表情を一生忘れることはできないだろう。彼女は、実は、手紙の最後まで目を通していなかったのである。そして「巨乳野郎」の4文字を見た瞬間、一瞬表情をゆがめ、しかし、「これも、仕事だから。麻梨子、ファイト」、心でそう自分に言い聞かせたのだろう、微笑んで言った。

「この台詞はいりません。ダメですよぉ、こういうのは(笑)」

 大久保麻梨子の(笑)が痛かった。こんな無礼な文言に対しても、あくまで彼女はマザー・テレサだったのである。――もう、だめだ。こんないい子を俺はこれ以上傷つけられない。すみません編集長、まだ連載2回目ですけど、俺、もうメガンテ唱えられません――。

 しかし、心折れかけた、まさにその瞬間の出来事だった。最初、それは幻に見えた。しかし、俺の眼前にはっきりと「彼」は、その姿を現したのだった。

 駿だった。

 真っ白な鬚を蓬々とたくわえた宮崎駿が、俺の肩に手を置いて言った。

「飛べない愛也は、ただの豚也だ」

 次の瞬間、俺は大久保の目の前で土下座していた。

「セックスさせてください!」

 唖然とする大久保麻梨子。関係ない。俺はすかさず、あらかじめ仕込んでおいた彼女の大好物「イチゴ」を鞄から取り出し、土下座をしたまま差し出した。これが大久保麻梨子攻略のために開発した「土下座2・0」である!

Mermaid Line

名前を「大久保麻理子」にあらため、再発進!

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

おおくぼ・まりこ
1984年9月7日、長崎県生まれ。身長163cm、B87W55H82。03年、三洋グループ主催の「Sea Story Audition 2003 マリンちゃんを探せ!!」でグランプリに選ばれ、1年にわたりパチンコ「CR新海物語」のイメージキャラクターを務める。初主演映画『官能小説』のDVDが好評発売中。入会無料のファンクラブは絶賛会員募集中! http://www.e-neverland.jp/okubo_mariko/index.html

みずの・あいや
「義務教育に、恋愛を!」をモットーに、恋愛に悩める老若男女を正しい恋愛へと導く熱血体育教師。過去に読破した恋愛マニュアル本は200冊以上。その膨大な知識と数少ない経験から独自の恋愛理論を提唱する。書籍『LOVE理論』(大和書房)、講演DVD『スパルタ恋愛塾[ソフト編・ディープ編]』(ポニーキャニオン)は必見。

最終更新:2014/03/03 15:59
こんな記事も読まれています

大久保麻梨子とセックスする方法のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真