日刊サイゾー トップ > 芸能  > 声優業界の“パワハラ”事情(後編)

声優業界の“パワハラ”事情(後編)

水樹奈々や平野綾など、オリコントップ10 常連のアイドル声優も多く、声優人気はいまだ高い。しかし、業界大手アーツビジョン社長の淫行事件をきっかけに、ファンの間で声優業界に対する不信感が強まっている。謎多き、この業界の実態とは?(後編)


今も相変わらず厳しい労働環境

 通常、声優は地道にオーディションを受けたり、同じ事務所の人気声優とのバーター出演などで仕事を得ているという。だが、ほとんどの声優事務所が出来高払いなので、そのような仕事の取り方では、生活が安定しないのだ。

「そこそこ名の知れた声優でも、アルバイトをしていますよ。声優のギャランティは、『ランク制』で決まっていて、たとえば、最低ランクの新人が30分のテレビアニメにレギュラー出演する場合、1回のアフレコの基本出演料は1万5000円程度。これに目的別使用料、テレビであれば放映料80%が加算されますが、そこから事務所にマネージメント料などを引かれ、最終的に貰えるのは2万円を切るくらい。アフレコは、あったとしても月4回くらいなので、当然声優としての収入だけじゃ生活できません」(元声優)

 ランク制とは、日本俳優連合(以下、日俳連)と日本音声製作者連盟との間で決められた出演料規定のこと。日俳連に加入する声優事務所の所属声優のランクは、経験実績などで決定し、ランクが高くなるほど出演料も上がる。

 ただ、声優の待遇は、これでも良くなったほうだという。アニメの制作現場は今も昔も予算が少なく、そのしわ寄せが声優に来ていた。そのため、日俳連と声優らが、過去にストライキやデモ行進を行い、ギャランティアップを勝ち取ってきたのである。

「近年はアニメのタイトル数が増え、ゲームなどの仕事も増えてきました。でも、いまだ予算の厳しい現場では、ギャラの高いベテランは使われにくい状況にあります。そのため、自分のランクを下げて仕事しているベテラン声優もたくさんいる」(前出・元声優)

 さらに、こんな声もある。

「下手なアイドル声優より、ベテランのほうが厳しい。アイドル声優はCDなどの物販で稼げますから。60年代前半から70年代に活躍したベテラン声優で、最後は貧しさにあえぎ、餓死同然に病死された方もいます」(前出・B氏)

 声優を取り巻くこうした厳しい状況を見るにつけ、今回、業界の〝ドン〟が起こした事件が、ひたむきに頑張っている声優たちをいかに裏切り、傷つける愚行であったかがわかるだろう。

「この件で、業界にいる者すべてがそうだと見られがちですが、信念を持って真面目に取り組んでいる人も大勢います。非常に悔しい」(前出・A氏)

 アニメDVDビジネスも行き詰まり、また、90年代に盛り上がりを見せた声優ブーム時ほどの勢いはないにもかかわらず、志願者だけは飽和状態という、決して明るくない声優業界の現在。職権を乱用し、のんきに女のコの下半身を触っている場合ではないのである。この罪は重い。(小石川光希/「サイゾー」8月号より)

最終更新:2008/06/06 15:55
こんな記事も読まれています

声優業界の“パワハラ”事情(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真