日刊サイゾー トップ > 芸能  > 一体なんのための賞? 謎多き「ベストジーニスト」の経済効果

一体なんのための賞? 謎多き「ベストジーニスト」の経済効果

kimutaku.jpg受賞は殿堂入りの木村を筆頭にジャニタレばかり
<サイゾー11月号より>

「べストドレッサー賞」「セレブリティ・オブ・ザ・イヤー」「COTTON USA アワード」……など、何を基準に人選しているのか、またその目的が「?」な「ベスト○○賞」「△△大使」が多く存在する。この9月にも、「万年筆大使」に任命された沢尻エリカ様が会見で、「大使って何をすればいいの?」と本音を漏らし、関係者を苦笑させる場面があった。

 それらの中で最も有名なのが、「ベストジーニスト」だ。これは日本ジーンズ協議会が84年から開催している、「最もジーンズが似合う有名人」を選ぶイベント。毎年、「一般選出部門」「協議会選出部門」、そして今年度から「特別貢献賞」の計3部門のベストジーニストが誕生している。こうした賞を設けることで、ジーンズ業界に経済波及効果はあるのか? 東レ経営研究所客員研究員の坂口昌章氏は、こう語る。

森進一や島倉千代子が選ばれるワケ

「ほとんどないでしょうね。誰が受賞しても、ジーンズの売り上げが変わるとは思えません。『キムタクが選ばれたから、ジーンズをもっと買おう』という人はいないでしょうし。しかし、仮にジーンズがほとんど売れていない状況ならば、業界の需要開拓につながると思います。『ベストジーニスト』は、主催団体、広告代理店、タレント事務所の利害が一致したイベントであり、それ以上の意味はありません」

 また芸能リポーターの梨元勝氏も同様に、「知名度のある賞なので、選ぶ側にも選ばれる側にも話題性があり、それなりのメリットがある。僕なんか毎日ジーパン穿いてるんだから、選ばれてもいいのに!(笑)」と語る。

 確かに、「協議会選出部門」の歴代受賞者だけを振り返ってみても、森進一(85年)、橋本龍太郎(同年)、田中眞紀子(98年)、島倉千代子(99年)……と、「え、なぜに?」と思うような顔がチラホラ。どうにもジーンズそっちのけで、その年の「時の人」を選んでいるだけのように思えなくもない。

 そして今年、「一般選出部門」でKAT-TUN亀梨和也と倖田來未が2年連続で選ばれた時も、「倖田は、テレビやPVでもほとんどジーパンを穿いてないのに、なぜ?」「大手芸能事務所が、票を操作しているのでは?」という疑問の声が一部で上がったのである。


エイベックス、ジャニーズの独壇場

 ここ最近の「一般選出部門」受賞者の顔ぶれを見てみると、男子は94年のSMAP木村拓哉を境に、05年の氷川きよし以外は、すべてジャニタレ。今年も、ベスト10のうち7人がジャニタレだった。木村と草彅剛に至っては、殿堂入りしている。また女子も00年以降、02年の米倉涼子を除き、05年まで浜崎あゆみ(殿堂入り)が、06年からは倖田が受賞。まさに、ジャニーズとエイベックスの独占状態なのだ。これでは、芸能界の力関係が影響しているのではと疑いたくもなる。だが、日本ジーンズ協議会はその疑惑をこう否定する。

「そういう意見があることは知っています。でも『一般選出部門』には、毎年、ネットやハガキで13万人強の票が集まって、そこから集計された純粋な結果です。所属事務所の力関係なんて関係ないですよ(苦笑)」

 業界の経済効果については「ない」(同)が、継続する意味としては、「今後はもっと日本のジーンズを世界に普及させるために、海外で開催するなどして業界に貢献していきたい」という。

 とはいえ、疑問の残る選考結果では、消費者を疑心暗鬼にさせるだけでしかない。おまけに、増え続ける妙な賞のせいで、「ベスト○○賞」の存在価値も変わっていきそうだ。
(小石川光希)

「ベストジーニスト」
「最もジーンズが似合う」として、その年に話題の人が受賞することが多い。ちなみに、受賞者には盾と賞状は贈呈されるが、賞金はないそうだ。

【関連記事】 タブーなきデヴィ夫人!! “中居・倖田”から拉致問題まで!
【関連記事】 “ジャニコン”必携のうちわで担当の投げCHUをゲットせよ!!
【関連記事】 SMAP争奪戦で激化!ジャニーズ帝国の内部対立
【関連記事】 エイベックスはSMAP頼み!? 人形映画に秘められた思惑
【関連記事】 KAT-TUN赤西・ヤラセ留学から帰国、復帰までの空虚な6カ月

最終更新:2008/06/09 20:20
こんな記事も読まれています

一体なんのための賞? 謎多き「ベストジーニスト」の経済効果のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

最近急増中の“こじらせ男子”とは?

最近、なんか面倒臭い男が増えているな――みたいな実感、ありませんか?  そんなモヤモヤを...
写真