日刊サイゾー トップ > 社会  > 光GENJI・赤坂よ! シミケンが語る「シャブの恐ろしさ」を聞け!!

光GENJI・赤坂よ! シミケンが語る「シャブの恐ろしさ」を聞け!!

20071102_shimizu.jpg現在は麻薬撲滅運動や老人ホームへの慰問を行っているシミケン

 元「光GENJI」の赤坂晃が、豊島区の路上で覚せい剤を所持していたとして28日に現行犯逮捕された。ジャニーズ事務所は翌29日に赤坂容疑者を解雇し、ワイドショーや、スポーツ紙は一面で赤坂逮捕のニュースを報じた。

 大麻や覚せい剤所持で過去に4度の逮捕歴がある俳優の清水健太郎は、覚せい剤についてこう語る。

「覚せい剤は一度依存してしまうと、世間が思っているほど簡単に止められるものではない。自分が弱っていたり、精神的な迷いがある時ほど危ない」


拭えぬ世間の目

 赤坂容疑者同様、清水氏も初めての逮捕後(83年)、すぐに事務所を解雇された。94年には覚せい剤所持で再び逮捕され、懲役一年の実刑判決が下された。

「覚せい剤を止めるのに必要なのは、『絶対に止める』という自分の精神力。でもそれ以上に、周りに自分のことを思ってくれる家族や友人の存在があるかどうか。自分のことを叱ってくれる人間が絶対に必要」

 赤坂容疑者が覚せい剤を始めたと供述している今年の春頃といえば、夫人と離婚した直後。清水氏の言う通り、「自分のことを思ってくれる家族」をなくしたあとだ。

「今でも『まだ(覚せい剤を)やってるんじゃねえか』と言われることもある。でも、世間がそういう目で見る気持ちはわかる。『どうせまたやる』っていうイメージはそう簡単には拭えない。だからこそ一皮むけないといけないんですよ」

 初犯といえども、覚せい剤所持となれば、実刑判決は免れない。赤坂容疑者に芸能界復帰の意思があるのかはわからないが、茨の道であることには間違いなさそうだ。
(編集部)

【関連記事】 元光GENJI逮捕は、ジャニーズ“大物”後輩のスケープゴート!?
【関連記事】 ジャニタレが広告塔に!? 赤西仁“御用達”の魅力
【関連記事】 KAT-TUN赤西・ヤラセ留学から帰国、復帰までの空虚な6カ月
【関連記事】 タブーなきデヴィ夫人!! “中居・倖田”から拉致問題まで!(前編)
【関連記事】 一体なんのための賞? 謎多き「ベストジーニスト」の経済効果
【関連記事】 “ジャニコン”必携のうちわで担当の投げCHUをゲットせよ!!
【関連記事】 SMAP争奪戦で激化!ジャニーズ帝国の内部対立
【関連記事】 エイベックスはSMAP頼み!? 人形映画に秘められた思惑

最終更新:2008/06/11 17:18

光GENJI・赤坂よ! シミケンが語る「シャブの恐ろしさ」を聞け!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

本性としての暴力と協力(後編)

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真