日刊サイゾー トップ > 社会  > 久保田智子トイレ盗撮騒動で揺れたTBSの“防止対策”とは?

久保田智子トイレ盗撮騒動で揺れたTBSの“防止対策”とは?

20071130_tbs.jpgTBS局内に仕掛けられた秘密兵器とは!?

 10月8日、亀田騒動や不二家捏造報道など、ことあるごとに話題を提供してくれるTBS局内で、女子アナへの盗撮騒動が起こった。盗撮目的で女子トイレに進入したとして、建造物進入の容疑で逮捕されたのは、同局朝の看板番組『みのもんたの朝ズバッ!』制作スタッフ。「週刊文春」(10月25日号)によると、被害に遭ったのは同局の人気アナのひとり、久保田智子だという。


今回の盗撮は“未遂”に終わったが、事件を受けてTBSは「メールで社員に騒ぎを伝え、注意を呼びかけるとともに、女子トイレに不審者が入らないような対策を検討する」(スポーツ報知/10月18日付)という。

 事件から3週間以上たった現在、“話題の多い”TBSでは、いかなる対策がとられたのだろうか? 同局局員の話。

「女子アナが席を置くTBSのアナウンサールームは社屋の11階にあり、盗撮騒動は同階の女子トイレで起こりましたが、事件後、女子トイレに警報機と黄色いパトランプが装備されたんです。警報機はともかく、パトランプとは大げさだと思われるかもしれませんが、11階は局内でも比較的人通りが少なく、終日ひっそりとした場所。さらに番組記者やフリーの制作スタッフなど、人の出入りが多いテレビ局では一人ひとりの身元を完全にチェックするのは不可能。そこで、もし不審者が進入し、問題が起こったとしても“音と光”で危険を知らせるというワケです」

 だが、こうした処置に対し、同局の女子アナたちは、「疑心暗鬼になっているかと思いましたが、若手アナはあっけらかんとして、あまり気にしていないみたいですね」(前出・局員)という。まあ近年起こったTBSの不手際や不祥事を見る限り、こうした局アナの“我関せず”な態度も当然か?

【お知らせ】 日刊サイゾーお年玉プレゼント企画

【関連記事】 興毅謝罪会見も焼け石に水? TBS局内で起こった不協和音
【関連記事】 『ニュース23』新キャスター決定の裏に、共同通信の内部対立!
【関連記事】 『恋から』出身アナの輝かしいチャイドル時代
【関連記事】 香川3人行方不明事件で、みのもんたがズバッと問題発言!?

最終更新:2008/06/27 21:19
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真