日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 絶好調!な「ジャンプスクエア」の盲点

絶好調!な「ジャンプスクエア」の盲点

20071217_jumpsquare.jpg「ジャンプスクエア」1月号/集英社

 6月に休刊した「月刊少年ジャンプ」の後継誌として、鳴りもの入りで創刊された「ジャンプスクエア」(共に集英社)。

「月刊誌としては異例の50万部発行ながら、発売数日で東京都内の大型書店やマンガ専門書店などで完売が相次ぎ、書店では『予想以上の反応』と対応に追われている」(毎日新聞11月6日付)など、その好調ぶりは各メディアで紹介された。


 さて、本サイトでは、10万部も増刷された同誌に対し、「創刊号は売れて当たり前」「記念購読した人が多かった」などと(辛口に)報じさせて頂いたが、12月4日に発売された2号目の売り上げはどうだろうか?

「創刊号同様、50万部の刷り部数で、早くも6万部の増刷を決定したようです」(集英社関係者)

 ……こちらの読みが甘かったと言わざるを得ないが(涙)、同誌において懸念されていることがあるという。前出・集英社関係者の話。

「業界では好調ぶりに注目が集まっていますが、実は地方での売れ行きがイマイチのようです。創刊号はパブライン(紀伊国屋書店全店での雑誌・書籍の売れ行きから算出した売り上げ予想データ)9割、実売は7割後半から8割程度と予測されますが、今号の実売は多少下がると見られており、3号目以降は、都心部を中心とした配本に変えるようです。まあ、同誌の執筆陣による絵柄は都会向けなんでしょう」

 今年は、青年向けコミック誌「コミックチャージ」(角川書店)が創刊され、無料コミック誌「コミックガンボ」(デジマ)と吉本興業が手がけた「コミックヨシモト」(ワニブックス)の両誌が創刊するも休刊に至るなど、群雄割拠のマンガ業界。「実は、『ジャンプスクエア』以上にマンガ編集者が動向を気にしているのが、週刊マガジンの人気マンガ家が筆を振るう『少年マガジンドラゴン増刊』」(12月12日発売/講談社)」(前出・関係者)との声もある。果たして、『ジャンプスクエア』の快進撃はいつまで続くのだろうか?

【関連記事】 『さよなら絶望先生』作者が「ジャンプスクエア」にラブコール!?
【関連記事】 ギャラは“●●代”相当? 元編集が語るコミックガンボ休刊の内幕
【関連記事】 「ジャンプスクエア」に名を連ねる予定だったアノ大物マンガ家
【関連記事】 再開を喜ぶべき? 『HUNTER×2』富樫とジャンプの罪
【関連記事】 現役編集者が怒りの提言「権利ビジネスに頼るな!!」(前編)
【関連記事】 『20世紀少年』は駄作?“天才”浦沢直樹はホントに面白いか
【関連記事】 『ジョジョ』荒木飛呂彦先生は永遠に美しいッッッ!?
【関連記事】 新ドラマ『働きマン』にあの創価学会が撮影協力!?
【関連記事】 週刊誌女性記者が提言! もっとしっかり働け『働きマン』
【関連記事】 10年連続でマイナス成長!!お先真っ暗!?なマンガ産業研究
【関連記事】 ミスリードされる少女マンガのエロ規制

最終更新:2008/06/27 21:46

絶好調!な「ジャンプスクエア」の盲点のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

“バズる学生芸人”に聞く

 今、お笑い第7世代といわれる人たちを中心にお笑いブームが盛り上がる中、それに伴い「...
写真