日刊サイゾー トップ > カルチャー  > “ハチクロ”イタい低視聴率スタート 理由は「原作破壊」?

“ハチクロ”イタい低視聴率スタート 理由は「原作破壊」?

20080111_hachikuro.jpg映画版も、賛否両論の評価となった

ネット上で今話題になっているキーワードを、サイゾー独自の視点で鋭くぶった斬り! 気になるあのニュースの、“ちょっとした裏側”お見せします。(キーワードの選出には、はてなダイアリーキーワードのキーワードランキングを参考にしています)

※今週の注目キーワード 【ハチミツとクローバー


 1月8日、人気マンガ「ハチミツとクローバー」のドラマ放送が始まった。原作者の羽海野チカ氏は自身のブログで大絶賛だが、初回の視聴率は12.9%と、スタートはやや苦しめの模様だ。同番組に関しては「あからさまなジャニーズのプロモの場」などと、キャスティングを疑問視する声も多かった。

 ところで、ドラマや映画、アニメ等で原作モノが公開されると、決まって巻き起こるのが、原作を破壊するな、という声。設定や脚本、キャスティングで裏切られた怒りから、「原作クラッシュ」などの批判を繰り返す一部の原作ファンは、時に「原作原理主義」などと揶揄されることもある。

 筆者は混じりっけなしの原作原理主義者。マンガには出てこない美人顧問が登場した実写版『キャプテン』(07年)には心底ガッカリさせられたし、ハリウッド版『ドラゴンボール』(今年公開予定)の詳細が明らかになるにつれて、不安は募るばかり。

公式にその名を冠しているが故に、「別物として勝手にどうぞ」と割り切ることもできず、つい文句を言いたくなってしまうのだ。なぜこうも原作がぶち壊しにされるのだろうか?実写とアニメで畑は違うものの、作り手側の言い分はこうだ。

「作る側からすると、やる以上は原作を超えたいと思いますからね。良く言えば、作り手は『原作の本質をアニメとしてえぐり出す』つもりで作っていますよ。それが原作破壊と映るということは、作り手の技術不足ということですが」(アニメ業界関係者)

 あんまり冒険しないで、いっそ原作を忠実に再現してもらいたいのですが……。

「原作に忠実なのがいいか、というと必ずしもそういうわけではないんですよ。例えば『鉄コン筋クリート』(07年)は、原作のマンガにかなり忠実だったのですが、業界内ではあまり評判が良くなかった。マンガが動いたというだけで、マンガ独特の味が無くなった分、作品として小さくなった、という評価です。これと対極的なのが『時をかける少女』(07年)で、原作の本質を捉えたまま、現代風にアレンジして別の作品として描いてみせたことで、高い評価を受けています。あれは理想形の一つでしょう」(同)

 原作原理主義者のみなさん、納得できました? 筆者は、チョウ・ユンファ扮する逞しい亀仙人や、なぜか学校に通うパッとしない悟空の姿がモヤモヤと頭の中に浮かんできて、納得できませんでした!
(逸見信介)

【チェック!】オモシロ新語@はてなダイアリーキーワード

・シャドー握手 アイドル等の握手会の前にどんなことを相手と喋るか考えつつ脳内で仮想握手を行う行為。自分の言葉に対する相手の反応のパターンを考えたりすることでより楽しい握手となると思われる?類義語⇒素握手

・幕の内メール 幕の内弁当のように内容がたくさんあるメール」の意味で、「あの人のメールはいつも幕の内だ」のように使われるという。これが転じて、「校長先生の話は幕の内だね」というように、最終的に何を言いたいのかわからな

・意味貧 ある言葉についての内容が乏しく、伝えたい内容が十分に伝わらない様子。「意味貧な説明では何が言いたいのかよくわからない」◆「意味深」(「意味深長」の略)の対義語。

・うろわかる 明確にはわからないが、何となくわかる。わかるような、わからないような微妙なわかりかたを指す。「その気持ち、うろわかるよ」◆「わかる」は判る・解る・分かるのどれでも良い。[類]うろ覚え。

・半瞬 一瞬よりも、さらに短い時間。一瞬の半分。「半瞬の間に、勝負がついた」「半瞬後、彼らは相対した」

※はてなの山田聖裕氏協力のもと、はてなダイアリーキーワードの中から「まだ生まれたばかりで注目度は低いけれど、今後ネット上で話題になりそうなキーワード」をピックアップしています。

【関連記事】 現役編集者が怒りの提言「権利ビジネスに頼るな!!」
【関連記事】 『メガバカ』復帰もある? “スラダン”パクリ作家復活の謎
【関連記事】 ギャラは“●●代”相当? 元編集が語るコミックガンボ休刊の内幕
【関連記事】 『20世紀少年』は駄作?“天才”浦沢直樹はホントに面白いか
【関連記事】 10年連続でマイナス成長!!お先真っ暗!?なマンガ産業研究

最終更新:2008/01/16 20:53
こんな記事も読まれています

“ハチクロ”イタい低視聴率スタート 理由は「原作破壊」?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真