日刊サイゾー トップ > 社会  > ジブリに新社長誕生! そのとき前社長・鈴木Pは……

ジブリに新社長誕生! そのとき前社長・鈴木Pは……

20080201_jiburi.jpg鈴木敏夫プロデューサー(左)と星野康二新社長(右)

 2月1日、スタジオジブリの前社長である鈴木敏夫プロデューサーに代わり、ウォルト・ディズニー・ジャパン前会長の星野康二氏(1月31日付けでディズニー社を退職)が新たに就任。ついにあの鈴木Pも隠居か、もう59歳だし、最近は腰痛に悩まされてると聞くしネ……と、これまでさんざん鈴木Pを怒らせてきた本誌としては、一抹の寂しさ(?)を覚えながら記者会見に赴くも、ところがどっこい、鈴木Pは新たに“代表取締役プロデューサー”というナゾの肩書きとなり、今後はプロデューサー業に専念していくのだという。

 今回のバトンタッチは、社長とプロデューサーという二足のわらじ状態に疲れた鈴木Pが、ディズニー時代にジブリ作品のビデオ販売や、『もののけ姫』の全米公開などにかかわってきた「ジブリをよく知る」星野氏に、白羽の矢を立てたという格好だ。

 共にアニメ市場で大成功を収めるディズニーとジブリが親密度を増すかのような図式に、ふと「ジブリが事業拡大を視野に入れているのかしらん?」と思ってしまったが、鈴木Pはこう話す。

「ジブリはあくまでアニメーション映画を作る会社。今後、会社を大きくしていくのではなく、社員も増えた今、星野氏には現状をどう維持していくのかを期待したい」

 これに対して星野新社長も、「これまでのジブリのように、監督たちがのびのびと作品を作れるような環境を優先していきたい」と、その考えに賛同する姿勢を見せた。ちなみに宮崎駿監督も、新社長誕生に大賛成だという。

 社長職を解かれたことで“自由”を手にし、ガゼンやる気に燃えてる(よーに会見では見えた)鈴木P、そして宮崎駿、高畑勲というジブリの最強オヤジたちを、星野新社長がどううまく転がすか、その手腕に注目だ。
(編集部)

【関連記事】 原作モノ続きの映画業界 「ヤッターマン」の前評判は?
【関連記事】 『墓場鬼太郎』で、鬼太郎の“二重人格”ぶりはもう見た?
【関連記事】 映画版「ヱヴァ」、早くも流出! 犯人は内部関係者?

最終更新:2008/02/03 12:04
こんな記事も読まれています

ジブリに新社長誕生! そのとき前社長・鈴木Pは……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

剛力・前澤、明暗を分けたもの

 いま世間を騒がす剛力彩芽(25)とZOZOTOWN運営会社スタートトゥデイ社長・...
写真