日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > Ya-Ya-yahが消滅へ……ジャニーズJr. の“捨てられ方”

Ya-Ya-yahが消滅へ……ジャニーズJr. の“捨てられ方”

20080307_ya-ya-yah.jpgYa-Ya-yah「勇気100%/世界がひとつになるま
で」(ポニーキャニオン)。このときは5人だった

 ジャニー喜多川社長のお気に入りメンバーを集めて01年に結成、翌年5月にはシングルCDを発売し、冠番組『Ya-Ya-yah』(テレビ東京)を持つなど、猛プッシュを受けていたJr.内ユニット・Ya-Ya-yah。

 KAT-TUNなきあとのJr.を支え、次期デビュー候補として期待された彼らだが、4人のメンバーのうち薮宏太、八乙女光だけが昨年11月、Hey! Say! JUMPとしてデビューしてしまった。

「Ya-Ya-yahファンの間では、残された2人のメンバーとグループ自体の今後を心配する声も上がっていました。そんな中、メンバーのひとりである鮎川太陽が事務所を退所したようです。正式に発表がなかったが、11月末日で、携帯公式サイト『ジャニーズウェブ』上にあった鮎川の着信ボイスが消滅。
雑誌やテレビ番組の収録にも参加しなくなり、それと同時に、同サイトからグループ名も削除されました」(ジャニーズに詳しいライター)

 これは、Jr.が消えていくときの典型的なパターン。ちなみに、もうひとりのメンバーである山下翔央は、Jr.として活動を続けていく模様。彼の場合は弟もJr.であり、兄弟ユニットの結成を期待するファンもいるが、「今回デビューを逃したとなると、年齢的にも次は厳しい」(同)と見られている。

 同じようにメンバーの半分がHey! Say! JUMPとしてデビューしてしまったJ.J.Expressも、雑誌などからグループ名が消え、事実上の解散となった。

「Jr.にとって、参加ユニットの消失は死活問題。03年にNEWSがデビューした際も、メンバー供給源となったFOUR TOPS、K.K.Kityという2つのJr.内ユニットが解散に追い込まれ、残されたメンバーの仕事量も激減しました。そのまま飼い殺しにされることを考えれば、鮎川のようにキッパリ進路を変えるのも、英断かもしれませんね」(同)

 一時は栄華を極めたグループも、消えゆくときはなんとも儚いもの。これも、使い捨てが当然なJr.の宿命なのだろうか?
(竹辻倫子・平松優子/「サイゾー」3月号より)

【関連記事】 映画『クロサギ』は、あびるとの愛を貫く山P最後の晴れ舞台 !?
【関連記事】 ジャニーズ、ネットで画像解禁! クライアント様には敵わない?
【関連記事】 グダグダ剛にガンバル嵐 ジャニーズ番組などいらない!?
【関連記事】 謝罪が番宣 !? ドラマ主演で復帰の内博貴への期待

最終更新:2013/02/04 19:36

Ya-Ya-yahが消滅へ……ジャニーズJr. の“捨てられ方”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

フライデー&文春で硬派スクープ続く

今週の注目記事・第1位「当選無効の恐れも…...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真